動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

コンテンツストラテジーとは?動画制作においても重要な戦略設計の鍵をご紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加
動画制作においても重要な戦略設計コンテンツストラテジー

現在、CMSツールの発展や広告媒体の多様化により、Web上でさまざまなコンテンツを発信できるようになりました。多くの企業で、コンテンツ制作をマーケティングの軸に据えた戦略を打ち立てているのではないでしょうか。

企業がコンテンツを作成する目的は、あくまでもサービスやブランドの魅力を発信し、成果につなげることです。

しかしながら、いざ実際に成果の出るコンテンツを制作するとなると難しく、「コンテンツを作ること」が目的と化してしまうこともしばしばあります。コンテンツの完成をゴールにしてしまうと、本来のコンテンツ制作の目的を達成できない可能性があります。そのうえ、余分なコストや作業工程がが発生する恐れもあります。

今回は、そのような状況の解決につながる「コンテンツストラテジー」という手法についてご紹介します。

コンテンツストラテジーとは?

コンテンツストラテジーとは、ビジネス上の成果に寄与する戦略をもとにコンテンツ制作を実行していく考え方です。

コンテンツが面白いかどうか、など主観的な視点ではなく、「コンテンツをどのように組み立てれば、成果へと貢献するのか」といった俯瞰的な視点から制作を行い、コンテンツの持つ目的やターゲットを固めることで、方向性や内容にブレが出にくい強固な土台を形成することができます。

 

コンテンツマーケティングとの違い

コンテンツストラテジーという語句は、一見するとコンテンツマーケティングの類語にも思えますが、両者はまったく異なる手法です。

コンテンツストラテジーは、前述の通り「コンテンツを含めたマーケティング施策全体を俯瞰的な視点から企画し、定量的な評価によって成果を求めていく」という考え方です。

一方、コンテンツマーケティングは「ユーザーが求める情報をわかりやすくまとめ、コンテンツとして配信・提供することでユーザーをWebサイトへ呼び込み、商品購入などへ導く施策」のことを指します。

コンテンツストラテジーが「戦略をもとに、成果へとつながるコンテンツを作成する」というマーケティング全体をみた考え方で、コンテンツマーケティングは「購買の見込みがあるユーザーへ向け、わかりやすく魅力のあるコンテンツを作成する」というある程度粒度が細かいものとなります。

 

コンテンツストラテジーはなぜ生まれた?

コンテンツストラテジーはなぜ生まれた?

データベースのクラウド化や検索アルゴリズムの度重なるアップデート、開発要件の高度化やCMSツールの高機能化など、ITやWebの領域は日進月歩の勢いで進化を続けています。
そんな中、企業がデジタルマーケティングを行うことはもはや必要不可欠とされていますが、この際重要となるのが「変化への対応力」です。

既存のコンテンツをよりよくするためには、運用と効果検証、改善を並行して行わなければなりません。そこで重要となるのが、コンテンツ構築の土台となる「企画」です。

企画の段階から、「誰に向けて、どんなことを、どのように伝えるのか」ということをしっかりと構築しておくことで、コンテンツを効果的にビジネスに取り入れつつ、絶え間ない変化への対応力を培うことができます。

こういった背景から、コンテンツ制作やマーケティング戦略全体を設計するにあたって必要な企画を生み出すために、コンテンツストラテジーという概念が誕生しました。

成果へと寄与するコンテンツを構築し、常にブラッシュアップを続けることが企業のプロモーションやマーケティングの核となっているのです。

 

コンテンツストラテジーを生み出すポイント

コンテンツストラテジーを生み出すポイント

実際にコンテンツストラテジーを生み出すには、どのような方法を実践すればよいのでしょうか。ここでは、「5W1H」に即したコンテンツストラテジー設計のポイントについてご紹介します。

What:何を伝えるか検討する

まず第一に、何を伝えるためにコンテンツを企画・制作するのかを検討します。

顧客情報やサービス内容といった既に蓄積されているデータや、競合他社の動向や社会のトレンドといった新たに調べるべきデータを複合的にとらえ、伝えるべき内容を定量的に組み立てることが重要です。

Why:なぜコンテンツを提供するか考える

つぎに、なぜコンテンツを提供するか、ということについて考えます。

コンテンツを新規顧客獲得のために配信するのか、既存顧客育成のために配信するのか、企業ブランディングのために配信するのか、といったことで、配信すべきコンテンツの方向性は大きく変わります。

そのため、この段階でKPIやKGIを明確にし、コンテンツ配信の目的と企画の方向性がブレないようにしておくべきです。

Who:ターゲットを想定する

伝える内容と目的・方向性を定めたら、ターゲットの想定を行います。ここでは、具体的なユーザー層のペルソナを設計し、ターゲットの行動パターンに沿った企画を行っていくことで各コンテンツの有効性を高めます。

How:どうやってコンテンツを提供するか計画する

一口にコンテンツと言っても、そのフォーマットはさまざまです。記事の配信を主とするのか、動画配信を主とするのか、キャラクターをベースとしたSNS運用を行うのかなど、さまざまな選択肢があります。

それらを複合的に展開していくことも可能ですが、企画を円滑に進行させるためには、まずはある程度フォーマットを絞った戦略を立てることをおすすめします。

特に近年では、スマートフォンの普及や通信インフラの進化から、より情報量の多い動画コンテンツを利用したマーケティングに注目が集まっているようです。

Where:コンテンツの配信先を検討する

コンテンツの企画内容が定まってきたところで、続いて実際の配信先を検討します。

自社メディアによるコンテンツ配信をイメージする方が多いかもしれませんが、外部メディアとの連携によってパフォーマンスを高められる場合が多いため、両者を組み合わせて展開していくことをおすすめします。

When:スケジュールを設定する

さいごに、コンテンツ企画全体のスケジュールを設定します。この際重要なのが、「なるべく短いスパンで」「細かすぎない」スケジュールを組み立てることです。

長期の計画を立てた場合、成果が出なかったり思わぬアクシデントに見舞われたりするリスクが付いてまわります。また、あまりにも細かなスケジュールのもと制作進行を行うと、破綻した場合のリカバリーが困難になってしまうので注意が必要です。

上記はあくまでも一例になりますが、このような「5W1H」に基づくコンテンツストラテジーを組み立てることで、コンテンツを確かな成果へと結びつけることが可能になるはずです。

 

まとめ

まとめ

今回は企業のマーケティング戦略に重要な「コンテンツストラテジー」について、概要や設計のポイントについて解説しました。最初に述べたように、企業におけるPRコンテンツ制作では「ビジネスに寄与するか」という視点が欠かせません。

動画マーケティングにおいてもそれは共通しています。動画の制作には必ず「何を」「誰に」「なぜ」「どうやって」「どこに」「いつ」配信するのかを念頭におくことをおすすめします。

プルークスでは、各企業に合わせたコンテンツストラテジーに基づく動画コンテンツの制作を専門に行っています。動画コンテンツによるPRやマーケティングを検討中の方はぜひお問い合わせください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ