動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

やっぱり動画広告が印象的で効果抜群!画像広告との違いとそれぞれのメリットをご紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加
動画広告は印象的で効果抜群!画像広告との違いとそれぞれのメリット

リスティング広告やディスプレイ広告、YouTube広告やSNS広告など、インターネット上に出稿する広告にはさまざまな種類が存在します。配信されるクリエイティブの形式も、テキストや画像、動画などさまざまです。


用途や出稿形態などによる違いがあるものの、特にスマートフォンの普及以降は短時間で多くの情報を組み込むことができる動画を利用した広告に大きな注目が集まっています。


今回はWeb広告媒体の中でも動画を用いた広告と静止画を用いた広告にフォーカスし、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

動画広告の4つのメリット

動画広告の4つのメリット


動画広告の配信には、以下のような4つのメリットがあります。

情報量の多さによる購買意欲訴求

動画広告最大の特徴といえるのが、クリエイティブの保有する情報量の多さです。静止画やテキストに比べて多くの情報を伝えることができるため、より強くユーザーの購買意欲を訴求することが可能です。


また、演出にバリエーションをもたせて情報にインパクトを与えることもできるため、静止画やテキストよりも幅広い企画を立てることもできます。

視聴覚に訴え、情報をより印象的に伝えられる

静止画やテキストによる広告は視覚のみに訴えかけるものですが、動画広告では視覚に加えて聴覚からも情報を伝達することができ、ユーザーの記憶に残りやすいです。


音楽や映像そのものが印象に残りやすくなることで、視聴したユーザーが商品やサービス、企業のことを知らなくても興味を持ちやすくなります。

雰囲気やイメージなど、言語化しづらい情報を伝達できる

動画広告の情報量や自由度の高さを活かして、テキストや画像よりも「雰囲気」や「イメージ」などの言語化しづらい情報をより正確に伝達することも可能です。


例えば、製品がどんなものか伝えるための広告を作成する場合、画像広告では製品写真とキャッチコピーによる簡易的な説明に留まりますが、動画広告の場合は製品の具体的な使用方法やどんなシーンで利用するかなどがイメージできるため、言語化が難しい製品魅力も伝えられます。

CMとは異なる動画広告ならではのメリットも

Web広告以外で動画広告と比較対象とされるのが、テレビCMです。CMは古くから存在する映像を用いた広告媒体で、今もなお広告の代表的な形態とされています。


しかし現在、スマートフォンなどのモバイル端末が普及するにつれて、CMの配信から動画広告の配信へと切り替える企業も増えてきています。理由は大きく分けて3つあり、コストの安価さ・成果の把握しやすさ・配信チャネルの豊富さです


まず、テレビCMに比べて制作や配信にかかるコストが安価な点が、多くの企業に注目されています。つぎに、動画がどのようにビジネスへ寄与しているかを定量的に評価しやすい点もテレビCMにないメリットとして見られています。動画の再生完了率やコンバージョン率など、複数の指標から広告ごとの成果を測ることができます。Web上だけでなく実店舗のポップやデジタルサイネージ、展示会の案内などさまざまな場所へ転用できることも企業からのニーズが高まっている理由です。


 

動画広告の課題やデメリット

動画広告の課題やデメリット

たくさんのメリットがある動画広告ですが、以下のような課題があるとも考えられています。

広告の振り返りがしづらい

一般的に、動画広告の出稿はディスプレイ広告やターゲティング広告に近く、特定のターゲット層に向けてランダムで広告を配信する形態が採用されます。そのため、ユーザーが同じ広告をもう一度見返す、という行動を取りづらいことがデメリットとされています。

広告の出稿量を増やしたり、広告枠以外に動画を掲載したりすることで、この問題はある程度解消することができます。

通信環境やクリエイティブの質に結果が左右される

動画の受信には、一定以上の通信環境が必要となります。そのため、ユーザーの環境によっては広告がうまく働かないこともあり、動画広告の配信における課題と目されています。

また、動画のクリエイティブ内容が単に静止画に音声をつけただけのような質がよくないものであると、配信が逆効果となってしまうことも懸念され、広告ごとのクオリティが他のフォーマットよりも求められる傾向にあることも課題であるといえます。

 

動画広告と画像広告の違いは情報量

動画広告の大きな特徴である情報量の豊富さですが、画像広告とはどれほどの差があるのでしょうか。

一説によると、動画は文章や静止画の数十倍から数千倍にも及ぶ情報を伝達することが可能であるとされています。

また、画像を用いたバナー広告を配信する場合、情報を掲載できるのが出稿枠の大きさに限られますが、動画広告ではサイズだけでなく「再生時間」という他の広告媒体にない性質が含まれるため、同じ枠内でもより多くの情報を配信できるといえます。

ただし、動画広告の再生を続けるかどうかはあくまでもユーザーに左右されるため、いかにユーザーを惹きつけ、つぎの行動を喚起できるかといった要素にも注力する必要があります。このことから、既存の広告とは異なる視点から制作を行うことが求められます。

 

計測できるアクションの違い

計測できるアクションの違い

動画広告では、配信したユーザーごとの動きをさまざまな指標から推察できます。

例えば、動画内容に興味をもってもらえたかどうかを「再生完了率」で評価し、動画広告が商品のPRに寄与したかどうかを「クリック率」で推し量るとします。再生完了率が低かった場合は動画内容をよりインパクトが強いものに変更する、クリック率が低かった場合は訴求力向上に必要な要素を検討し改善する、などが考えられます。

この他にも視聴に関するさまざまなアクションを計測し、常に内容の改善を目指していけることも動画広告の強みであるといえます。

 

スマートフォンとの相性

動画広告は、ここ数年で爆発的に普及が進んだスマートフォンと相性がよいことが特徴です。

株式会社サイバーエージェントが2018年に行った市場調査では、動画広告の市場規模は2018年度に1843億円へ達し、中でもスマートフォン動画広告が昨対比143%の成長を遂げ、市場全体の85%を占めるという結果が報告されています。

これは、スマートフォンアプリやSNSで動画を視聴したりシェアしたりする文化が一般的になったことの表れです。特に「Instagramストーリーズ」や「Tiktok」などは動画をメインとした新たなSNSサービスとして、ここ数年で大きくシェアを伸ばしています。

無料のゲームアプリやコミックアプリでは、動画広告の視聴によりアプリ内の報酬が獲得できる仕組みが一般的になりつつあり、今後もさまざまな形で動画広告がモバイル領域にて普及していくと見られています。

 

まとめ

今回は動画広告のメリットや特徴について、静止画などの他のフォーマットと比較しつつご紹介しました。

自社内のリソースのみで効果的な動画制作を行うのは、簡単なことではないでしょう。動画コンテンツ制作を専門に営むプルークスでは、多数の動画広告を制作している実績があります。高品質な動画を利用したPRや効果的な動画マーケティングの実施を行いたい方は、ぜひお問い合わせください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ