動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

ECサイト運営者必見!ECサイトには絶対に動画広告を活用すべき6つの理由とは



このエントリーをはてなブックマークに追加

動画広告は、ユーザーに多くの情報を届けられるだけではなく、配信後には効果測定も正確に行うことができます。そのため、動画広告を活用することで、マーケティング活動においてさまざまなメリットを得られます。この記事では、ECサイトで動画広告を活用すべき理由やターゲティング手法の方法などを詳しく解説します。

 

動画広告がECサイトにおすすめの理由とは?

まず、動画広告がおすすめである理由を2点紹介します。

短時間で多くの情報を訴求できる

動画広告は、ビジュアルで訴求できるため、テキストといった文字情報に比べて短時間で多くの情報を伝えられます。また、ターゲットを定めたり、嗜好に合わせた広告を配信したりすることができるため、不特定多数を対象に情報を届けるテレビ広告より効果的かつ効率的に情報を届けられます。

動画広告の戦略を考えるうえでは、ターゲット層がどのようなメディアとどのように接しているのかを見極めることが重要です。例えば、ターゲットがタブレットやパソコンを1日でどのくらい使用しているのかなどをリサーチする必要があります。

市場が拡大している

スマートフォンなどの普及により、テレビ以外のタブレットやパソコンで動画を視聴する人は増えています。実際にアメリカでは、インターネット視聴者の約85%が動画をオンラインで視聴しています。

また、ネット動画サービスにおいてはアメリカの消費者の約半数が加入しています。マーケターにとっても、オンライン動画は最も市場が拡大しているメディアであるため、自社商品を宣伝していくための戦略の1つとして動画広告を活用することが大切です。

 

ECサイトに動画広告を活用すべき6つの理由とは?

ECサイトに動画広告を活用すべき6つの理由とは?

ECサイトに動画を活用すべき理由は6つあります。

1 . コストが高額になりがちなテレビ広告と比較して、オンラインの動画広告はコストが低くコスパが良い点です。

2 . 動画広告は、テレビ広告ではできないターゲティングとトラッキングができることです。ターゲットを設定することで、「誰に向けての情報なのか」が明確になり、動画を視聴してくれる可能性が高まります。

また、動画の配信後に視聴者をトラッキングして、どのようなアクションを行なったのかも分析できることもメリットです。

3 . 他のデジタル広告との親和性が高いことです。広告主の全体のデジタル戦略に追加することが容易であるため、他の施策との相乗効果も期待できます。

4  . 動画は情報伝達力が高いため、視聴者は商品に対する理解を深められやすいことです。実際に商品を使用するメージが沸きにくい文字情報とは反対に、動画ではわかりやすく商品の特徴を伝えられます。

5 . SEO効果を期待できることです。ECサイトに動画を掲載することで、検索エンジンで価値のあるサイトであると評価される可能性も高まります。

サイトのSEOが強化されると、広告を利用せずに自然流入でアクセスアップを狙えます。

SEO

6 . 動画コンテンツのニーズが高まっている点です。ミレニアル世代の85%がECサイトを利用する際に商品紹介動画を参考にしています。また、約7割が運営企業に関する動画の視聴に好意的であるため、動画を視聴してくれる可能性が高いです。

 

ECサイトにおける動画広告のポイントとターゲティング手法とは?

ECサイトにおける動画広告においては、視聴者の購入プロセスに応じたメッセージの内容を考える必要があります。例えば、認知獲得を目的とするなら視聴者の印象に残りやすい内容を考えます。また、どんな人に届けたいのかといったターゲットを明確にすることも重要です。

ターゲティングにおいては、「ファーストパーティデータ」「サードパーティデータ」「ルックアライクモデリング」「リターゲティング」の4つの手法を活用できます。ファーストパーティデータは、すでに商品のことを知っている購入意向が高そうな消費者を集めることが可能です。サードパーティデータは、年齢や性別など興味の対象によってターゲットを選別します。ルックアライクモデリングは、ECで過去の購入者に似た消費者のリストを作成し、広告を配信します。リターゲティングは、ECサイトを一度訪問した消費者に再度アプローチする手法です。

動画広告においては、ソニー銀行のソニーバンクウォレット紹介映像が参考になります。「海外でお得に使えるデビットカード」という明確なコンセプトで映像制作をしており、短時間でポイントとなる情報を伝えていることが特徴です。

ソニー銀行様_ソニーバンクウォレット紹介映像

 

さらに効果を拡大させる方法とは?

さらに効果を拡大させる方法とは?

動画の効果をさらに拡大させる方法において、集客が目的の場合はYouTubeやFacebook、動画広告を活用することが挙げられます。自社でYouTubeチャンネルを作成し、動画を公開することでより多くの人に視聴してもらえる可能性が高まります。また、ECサイトに確実に誘導するために、説明文に商品ページのURLの記載しておきましょう。

Facebookにおいては、「いいね!」「シェア」機能があるため、動画をアップロードすることで拡散を期待できます。動画広告を活用する場合は、効果を高めるためにある程度のクオリティが求められるため工夫が必要です。

リピーターをより多く獲得することが目的の場合は、メールマガジンの配信がおすすめです。メールの文面上にYouTube動画などのリンクを記載してみましょう。動画の内容は新商品やおすすめの商品の紹介など、読者が興味のありそうなコンテンツを盛り込みます。メールマガジンの配信においては、有料の動画メール配信サービスを使用すれば、機能面で優れているため効率的なメール配信ができます。

 

ECサイトに動画広告を活用して集客力を拡大させよう

ECサイトに動画広告を活用して集客力を拡大させよう

ECサイトに動画広告を活用することで、広告費を削減できたりなどさまざまなメリットがあります。しかし、商品の購入につなげるためには、視聴者の印象に残るような動画を制作する必要があります。クオリティの高い動画を制作したいと考えている担当者は、多くの実績を持つプルークスに是非ご相談ください。

プルークスのサービス紹介動画の事例は以下のバナーからご覧いただけます。他にもWEB動画、バズ動画、商品紹介動画など幅広く掲載しておりますのでご参照ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ