動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

企業サイトで動画を配信する方法と気を付けるべきポイントとは?



このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の施行を受けた業務効率化の一環として、社内コミュニケーションに動画を採用する企業が増えてきました。

動画は、視覚だけでなく聴覚からも情報を得ることができるため、テキスト形式の書類などと比べると印象に残りやすいことが特徴です。そのほかにも、動画を利用することには情報共有の正確性の向上など、多くの導入メリットがあります。社内研修用ビデオや会社代表のメッセージ、社内イベントの紹介など、活用方法もさまざまです。

動画制作を検討する上で、構成やテーマなど動画の内容に力を入れることはとても重要です。しかし用途別に共有方法を変えることでさらに効果的な社内展開が可能になります。そこでこの記事では、完成した社内動画を配信する上で注意すべき点を解説し、おすすめの動画配信方法についてもご紹介します。

 

動画配信で気を付けるべきポイント

動画配信で気を付けるべきポイント

「動画が完成すれば、あとは配信するだけ」と思うかもしれませんが、配信においても気を付けるべきポイントがいくつかあります。

動画配信の規模

動画共有サービスの多くが、ファイルのストレージ容量や利用人数に応じた料金プランを用意しています。
そのため、はじめに決めておきたいのは、動画配信の規模です。配信の規模感で、どれぐらいのコストが必要なのか把握しておく必要があるからです。

動画の配信本数や再生時間、配信ペースや動画ファイルのサイズはどれくらいなのか、どの程度の人数が視聴するのかも把握しておきましょう。

セキュリティ要件

次に、配信する動画の内容の機密性について把握しておきましょう。技能研修動画といった会社のノウハウが多くを占める動画や、公開前の新製品についての動画などの社外秘の情報が含まれる場合には特に注意して把握しておく必要があります。

また、コンプライアンスの観点から、社員のプライバシーに関わる内容が記載されるのならば、それぞれの社員に事前に確認をとる必要があります。
その他に社内のセキュリティ要件がないかも確認をしておきましょう。セキュリティ要件の確認を動画の企画段階から行っておけば、スムーズに動画が配信できます。

シングルサインオン

シングルサインオンとは、ひとつのIDとパスワードで、複数のWebサービスやアプリケーションにログインすることができる仕組みです。

動画共有サービスや社内チャット、会計システムなどと業務上で多くのアプリケーションを利用している方が多いでしょう。これらすべてが別々のID、パスワードで設定されている場合、覚えることが大変で入力も面倒になります。また、覚書としてメモなどで残しておくと、紛失してしまった際に情報漏洩の恐れも出てきます。

シングルサインオンならパスワードを覚える煩わしさから解放されると同時に、社内としてもシステム管理者の業務量が軽減され、生産性の向上につながります。

社内動画を配信するときにもシングルサインオンがあると便利です。しかし企業規模や社内ネットワークの仕様で設定方法が異なります。社内の要件に適した方式でシングルサインオンを導入するようにしてください。

 

企業ニーズ別・おすすめ動画配信方法

企業ニーズ別・おすすめ動画配信方法

ここでは、4つの動画共有サービスをニーズ別に紹介します。

社外でも配信したい → YouTube

社内共有はもちろん、企業サイトなどで社外にも動画を配信したいという企業には、YouTubeがおすすめです。
YouTuberなど個人による動画投稿が主ですが、最近では企業がYouTubeでプロモーションを行うことも多くなってきました。近年では動画共有サービスのなかでも定番化したサービスといえます。

動画本数が少なく、無料で始めてみたい → Google Drive

まずは無料で始めてみたいという企業は、Google Driveがおすすめです。
正確にはGoogle Driveは動画共有サービスではなくファイル全般を保存するファイルストレージサービスですが、動画共有の用途としても使用できます。はじめて動画を共有する場合や、お試しで配信したい場合に便利です。

動画数が多く、セキュリティ面を重視したい → 企業向け動画共有サービス

動画数も多く、何よりセキュリティ面が心配という企業は企業向けの動画共有サービスを利用しましょう。
有料にはなりますが社内広報や研修に特化したものもありますので、コスト面に問題がなければ、こちらを利用するのも得策といえます。

予算とリソースがあり、機能やデザインに力を入れたい → フルスクラッチ

開発リソースや予算があるのならば、ゼロから動画共有サービスを作ってしまうのも手です。
フルスクラッチで作ってしまえば、システム構成や機能、デザインまでほぼ思い通りのものが作成できます。

 

4つの動画共有方法のメリットとデメリット

ここでは、各動画共有方法のメリットとデメリットをご紹介します。

YouTube

YouTubeでは無料で動画チャンネルを配信できる他、ストリーミング配信も可能です。
プライバシー設定で「URLを知っているユーザーのみに動画を公開する」といった設定にすれば、社内共有の用途としても利用できます。

しかし、YouTubeのプライバシー設定はURLを知っていれば誰でも閲覧することができる仕様のため、社外秘の動画を共有すると情報漏洩する可能性があります。加えて、YouTubeは特定のアプリケーションを使用すれば簡単に動画のコピーができるため、さらに危険性は高まります。

あわせて、YouTubeには投稿者側から見ることができる視聴履歴分析機能がありません。確認できるのは総視聴回数のみで、誰がいつ動画を視聴したのかといった情報は得ることができないのです。

さらに、利用規約に同意する必要があるので、基本的にはそれに合致した動画しか共有できません。例えば、動画作成時に著作権に触れないように、使用する音源や画像について細かく選定する手間が発生します。利用規約に目を通して、投稿する動画が規約違反になっていないか確認しておきましょう。

Google Drive

Google Driveで個人のアカウントを作成した場合は、15GBまで無料で利用可能です。
コンテンツごとにプライバシー設定をかけることができるので、YouTubeと比べると細かい視聴設定ができます。無料で使用できる点もポイントですし、サーバーの保守や運用は不要なため、エンジニアの業務が増えることもありません。

しかしGoogle Driveでシステム障害が起きた場合は、復旧する動画ファイル自体にアクセスできなくなるため、注意が必要です。あくまでファイルストレージサービスなので動画サムネイルが表示されず、別途で動画を整理しなければなりません。それに加えて、誰がどれだけ動画にアクセスしたのか把握することはできません。

企業向け動画共有サービス

はじめから企業向けとして開発されていることもあって、企業向けの動画共有サービスには企業にとって便利な機能が搭載されています。例えばYouTubeやGoogle Driveとは異なり、視聴分析の機能を持つサービスもあり、アフターサービスも充実しています。

しかし有料のサービスですので、コストについては事前に考えておかなければなりません。導入効果が明確でない限りは、慎重に考えることをおすすめします。

フルスクラッチ

フルスクラッチならば、開発リソースと時間、予算の許す限りは、理想に近い動画共有サービスを作ることができます。また、完成品は自社の商材としても利用できる可能性があります。

デメリットとしては、開発期間や開発費用が膨大にかかってしまう可能性もあるということが挙げられます。また、仮に完成した場合、サービスの点検保守についても自社で行っていく必要があります。

 

まとめ

まとめ

社内向けに動画を配信する場合は、はじめに動画配信の規模について考えてみましょう。内容次第ではセキュリティ要件についても注意することが必要です。YouTubeやGoogle Driveといった無料の共有サービスは気軽に始めることができますが、本格的な配信をしたいなら企業向けの動画共有サービスを利用するか、フルスクラッチで一から構築することも視野に入れておきましょう。

動画作成のプロが集まっているプルークスでは、社内動画の作成から配信作業まですべて丁寧にサポートいたします。動画作成や配信をお考えの方は、ぜひご検討ください。

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ