動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

話題を集める販促の法則とは?成功のためのポイントと道筋を徹底分析



このエントリーをはてなブックマークに追加

販促は売上に直結することから、企業にとって重要な分野です。その手法の選択肢は多岐にわたることもあり、現在行っている販促活動が正しいのか判断できずに迷ってしまうケースも多いようです。

販促にはさまざまな要素がありますが、中でも重要なのは話題を集めることです。話題になって多くの人の目に留まらなければ十分な効果は得られません。そこで今回は、話題を集める販促の法則や成功のための道筋をご紹介します。

販促が果たす役割とは

時代とともにビジネスの形や手法も変化し続けています。販促手段も例外ではなく、世の中の変化にともなって多様化し、以前は考えられなかったような手法も生まれています。新しい手法に取り掛かろうとするあまり、本来の販促の目的が見失われてしまうケースも少なくありません。

そこで販促を成功させるには、改めて目的を明確にすることが重要です。まずは販促が果たす役割を整理しましょう。

もっとも大きな役割は売上の拡大です。販促のために行うキャンペーン施策などの多くが、売上を拡大することを目的として行われます。
続いて、新規顧客の獲得も重要な役割のひとつです。既存顧客以外にもアプローチすることで新たな顧客の獲得を目指します。

そして、新商品やブランドの認知度拡大も目的のひとつです。いずれも最終的には売上の拡大に繋がる要素ではありますが、役割や目的をより具体的にすることで成功への道筋がはっきりと見えてきます。

話題を集める販促のポイントとは

話題を集める販促のポイントとは

販促を成功させるために重要なのは話題を集めることです。話題性が高ければその分だけ多くの人の目に留まり、売上拡大のチャンスも広がります。とはいえ、どのような販促活動を行えば話題を集めることができるのか悩んでいる担当者の方も多いようです。

そこで、ここでは話題を集める販促のポイントをご紹介します。

コラボすること

近年のマーケティングのトレンドのひとつとしてコラボが挙げられます。あらゆる業種でコラボによる販促活動が行われており、注目を集めています。

コラボを行うことにはいくつものメリットがありますが、もっとも大きなポイントは「ブランドの活性化に繋がる」ことです。自社のブランドや製品と親和性の高い企業やキャラクターなどとコラボすることによって、従来の良い部分を壊すことなく、新しさを加えてブランドの持つイメージを若返りさせる効果も期待できます。

シンプルなメリットとしては、コラボ先の顧客を自社に誘導できるという点が挙げられます。うまくコラボできれば自社と提携先の両方が恩恵を受けることができます。

さらに、通常の商品発表や広告以上に話題を集める効果も期待できる上に、他社と協力することで開発や製造のコストを抑えることができるという点も、コラボによる販促のメリットです。

このようにコラボには話題を集めること以外のメリットも多いため、成功の可能性の高い販促活動のひとつです。

アイデアがユニークでインパクトがあること

当たり前の販促活動では話題を集めることはできません。そこでアイデアがユニークで、インパクトのある企画が求められます。
しかし、「ユニークなアイデア」といっても簡単に思いつくものではありません。そこで他業種の販促活動を参考にすると、同じ販促活動であっても業種が違えばユニークに感じられることがあります。

海外の事例を参考にするのも有効です。まだ日本国内であまり知られていない手法を見つけることができれば、話題性を高めることができます。

最新の技術をいち早く導入した販促活動もインパクトを与えることができます。VRやARといった最新技術を使った販促も普及しつつありますが、オフライン業界ではまだまだ一般的とはいえません。だからこそ、導入するだけでもインパクトは強く、話題性があります。

何もないところからユニークなアイデアを出すことは難しくても、視野を広げればさまざまなところにヒントがあるかもしれません。従来の手法や業界内の販促活動以外のところにも、目を向けることが大切です。

話題となった販促の事例

話題となった販促の事例

最後に、実際に話題となった販促の事例をご紹介します。すでに行われている事例ではありますが、自社のブランドや商材にフィットすれば大きな話題を集めることも可能です。

Coca-ColaとSpotifyのコラボ

前述の通り、コラボは有効な販促手段のひとつです。大きな話題を集めた事例としては大手清涼飲料水メーカーの「Coca-Cola Canada」と、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」とのコラボが挙げられます。

清涼飲料水とデジタルコンテンツサービスはまったく異なる業界ですが、いずれも若いユーザーが多いという共通点があり、それぞれのファンに強くアピールすることに成功しました。
日本のCoca-Colaでも音楽と組み合わせたキャンペーンはすでに行われていますが、音楽の部分をデジタルコンテンツとすることでさらにインパクトが強い販促となっています。

モバイル回線やスマホなどの端末も普及したことで、デジタルコンテンツを使用するユーザー数も増え続けています。今後のますます効果がのぞめるという点でも魅力的な手法のひとつです。

スウェーデンのグローナルンド遊園地の屋外看板による集客


The Haunted Poster – Gröna Lund Scare prank

ネットやスマホなどの普及によって、SNSによる情報の拡散力はますます高くなっています。今や、マーケティングの世界においてもSNSによる拡散は重要な要素のひとつです。

そんなネットによる拡散で大きな話題を集めたのがスウェーデンのグローナルンド遊園地の屋外看板です。多くの人が集まるストックホルム駅に設置された一見何の変哲もないホラー系アトラクションの告知看板が、YouTubeをはじめとするSNSを中心に大きな話題を呼びました。

看板の仕組みはとてもシンプルで、実は内部にスタッフが待機しており、興味を持った人が近づいてくると驚かすというものです。

野外看板や広告で話題を集めるというと、VFXなど高いコストのかかる設備を使用したものを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、ユニークなアイデアさえあれば話題を集めて高い集客効果をもたらすことができるともいえます。

特に近年では大規模なプロモーションを行わなくてもSNSを通じて爆発的に拡散されるケースが多いため、小規模な販促活動であってもアイデア次第では大きな成果が得られる可能性が十分にあります。

まとめ

まとめ

販促は企業活動の中で欠かすことができない要素です。しかし、インターネットが普及した現代ではますます販促活動の選択肢は多様化しており、効果的な方法を見つけることが難しくなっています。そんな中、販促を成功させるためには話題を集めることが重要です。今回ご紹介したポイントや実例を参考にして、ご自身のビジネスにフィットする販促方法を検討されてみてはいかがでしょうか。

プルークスでは話題を集めるための販促に活かせる動画の制作も行っています。商品やサービスに合わせた幅広い動画作成が可能ですので、動画を用いた販促を検討している方はぜひ一度ご相談ください。プルークスの商品紹介の実績は以下のバナーから閲覧することが可能ですのでご参照ください。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ