動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画マーケティングビジネスとは? 導入理由から動向まで解説



このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまなマーケティングの手法の中でも、近年特に注目を集めているのが動画マーケティングビジネスです。高速ネット回線やスマホ、タブレットといったデジタル端末が普及したこともあり、動画コンテンツはますます生活に密着したものとなりました。このような背景から、マーケティングツールとしての価値も高まり続けています。

しかし、まだ動画マーケティングビジネスについて詳しくは知らない方も多いようです。そこで今回は、動画マーケティングビジネスの概要や導入のメリット、そして今後の動向の予測などをご紹介します。

 

動画マーケティングビジネスとは?

動画マーケティングビジネスとは?

そもそも、動画マーケティングビジネスとは「動画コンテンツを使って商品やサービスなどのマーケティングを行うこと」を指します。
近年、ネット環境の整備や動画を気軽に観ることができるデバイスの普及が進んだことから、動画マーケティングビジネスの効果がより期待できるようになりました。

動画マーケティングビジネスの価値が高まった背景とは?

昨今、動画マーケティングビジネスの価値はますます高まっています。そこにはいくつかの背景があります。

視聴環境が整った

最初のポイントは動画の視聴環境の整備が整ったことです。現代ではモバイル環境でも高速データ通信が可能な環境が整えられ、通信料金についても定額制が当たり前となりました。
そのため、データ量を気にすることなく動画コンテンツを気軽に楽しめるようになっています。

動画を気軽に視聴できる、デジタル端末の普及も大きなポイントです。かつて、Web上の動画コンテンツを楽しむにはパソコンが必須でした。しかし、現在ではスマホやタブレットなども選択肢に加わったことで、急速に動画の普及率が増えました。

加えて、2020年春には5Gのサービス開始も予定されています。5Gとは「第五世代移動通信システム」のことで、スマートフォンをはじめとしたさまざまな端末の通信速度が向上し、大容量の通信が可能になります。このことから、動画コンテンツはますます身近なものになると想定できます。5Gについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

動画配信プラットフォームの登場

このように動画を視聴しやすい環境が整った上に、YouTubeをはじめとする動画配信プラットフォームが登場したことも大きなポイントです。動画を視聴できるのみでなく誰でも気軽にアップロードできるようになったこともあり、動画コンテンツの市場規模は急速に拡大しました。

さらに、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでも動画コンテンツが拡散されるようになり、動画の影響力は高まり続けています。
市場規模が大きくなり、影響力も強くなれば当然マーケティングツールとしての価値も高くなります。このような背景から、動画マーケティングビジネスが求められるようになったのです。

動画マーケティングビジネスが選ばれる理由とは?

前述の通り動画マーケティングビジネスの市場規模は拡大し続けています。
「サイバーエージェントオンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ」によると2018年の動画広告市場は1843億円にも到達しており、さらに2020年には2900億円、さらに2024年には4957億円に達するという予測が立てられています。つまり、今後も動画マーケティング市場は成長し続ける見通しと言えます。

今やWeb上の動画コンテンツは、従来のテレビCMや新聞、雑誌などの紙媒体の広告と並ぶ大きなマーケティングの選択肢となりました。

→市場動向について詳しく知りたい方はこちらをクリック
動画マーケティングとは?最新事例に学ぶポイントと効果についてご紹介

 

動画マーケティングビジネスのメリットとデメリット

動画マーケティングビジネスのメリットとデメリット

動画マーケティングビジネスの導入を検討する上で重要なのがメリットとデメリットの比較です。そこで、ここでは動画マーケティングビジネスのメリットとデメリットをご紹介します。

動画マーケティングビジネスのメリット

動画を使ったマーケティングの最大のメリットは、多くの情報を視聴者に伝えることができるという点です。わずか1分間の動画で伝えることができる情報量は180万語、そして3,600ものWebページ分にも匹敵するとも言われています。

多くの情報を短時間で的確に伝えることができれば、十分に商品やサービスをアピールできます。これこそが動画マーケティングビジネスの最大のメリットです。

動画マーケティングビジネスのデメリット

動画マーケティングビジネスのデメリットは、動画制作のハードルが高いという点です。一般企業の場合、マーケティングに則した動画制作のノウハウがまったくないというケースがほとんどです。そのため外注するケースが多いのですが、そのやりとりに工数を取られ、さらにコストがかかるという点もデメリットとして挙げられます。自社内で動画制作をする場合も、通常のWebサイト制作以上に時間やコストがかかります。

 

動画マーケティングビジネスの今後の動向

前述の通り、動画マーケティング市場は今後さらに成長する見込みです。ここでは、具体的に今後どのように市場が成長していくのかをご紹介します。

もっとも注目すべきなのは動画制作がより広く一般的になるという点です。かつて、動画制作には専門的な知識や高価な機材が必要でした。しかし近年では、高性能かつ簡単に操作できる動画編集ソフトや、安価で高性能なデジタルカメラなどが登場しています。これらを使用することで誰でも簡単に動画を制作し、すでに普及しているYouTubeなどのプラットフォームを通じて全世界に向けて公開できるのです。

さらにTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSと動画の関係性もより深くなり、動画の拡散方法、集客の手法も変化することが予想されます。
動画の市場は常に変化しながら成長していきます。そのため、単に動画を制作して公開するのみでなく、ビジネスとして戦略的に展開することが重要となります。

技術の面では5G回線が実用化されれば、さらに大容量のデータ送受信が可能となります。さらにVRやARといった新しい技術を用いたコンテンツも、今後の動画マーケティングのカギとなっていきます。

→5Gについて詳しく知りたい方はこちらをクリック
動画マーケティングとは?最新事例に学ぶポイントと効果についてご紹介

 

動画マーケティングの実例

動画マーケティングの実例

最後に、動画コンテンツを効果的に使ったマーケティングの実例をいくつかご紹介します。導入を検討している方は参考にしてみてください。

日本航空によるサービス紹介動画

日本航空様JALマイレージモール紹介映像

動画は多くの情報を視聴者に直感的に伝えることができるため、サービス内容の紹介にも適しています。
こちらは日本航空のサービス紹介動画ですが、アニメを取り入れてサービスの内容のみでなく魅力もわかりやすく伝えることを目指しました。

NTTコムチェオによる会社・事業紹介動画

NTTコムチェオ様事業紹介映像

会社や事業を紹介する場合、テキストのみではどうしても堅苦しくなってしまいます。そこで動画を導入することで、イメージをわかりやすく視聴者に伝えながら同時に親しみを持ってもらいやすくなります。

NTTコムチェオの事例では、動画に実際のオフィスの映像などを取り入れることによって、どのような事業を行っているのかを視覚的にわかりやすく紹介することを目指しました。

→業界や目的別の事例を詳しく知りたい方はこちらをクリック
絶対動画にすべき!マーケティング効果が高まる業種・目的別ベスト5!!

 

まとめ

近年高い注目を集めている動画マーケティングビジネスは、今後さらに成長することが予測されています。
とはいえ、戦略的な動画マーケティングビジネスはハードルが高いこともあり悩んでいる企業も多いようです。プルークスでは動画制作はもちろんのこと、戦略面でもサポートいたします。動画マーケティングビジネスの導入を検討しているのであれば一度ご相談ください。

動画マーケティングについて詳しく知りたい方はこちらから資料をご覧ください。

関連記事

以下の記事もあわせてご覧ください。

絶対動画にすべき!マーケティング効果が高まる業種・目的別ベスト5!!

動画マーケティングとは?最新事例に学ぶポイントと効果についてご紹介

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ