動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

PVとMVはどう違う? 2つの違いと動画制作で押さえておくべきポイントをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽の楽しみ方は時代によって変化し続けています。かつて、家庭で音楽を楽しむ方法としては「レコードやCDなどで鑑賞する」という形が一般的でした。しかし、今日ではネット回線やスマートフォンなどのデジタルツールが普及したことによって、動画コンテンツとして音楽を楽しむという方も増えています。

音楽の動画コンテンツといえば、多くの方がPVとMVを思い浮かべるでしょう。しかし、PVとMVの違いについてはあまり考えたことがないという方が大半です。そこで今回は、PVとMVの違いや、それぞれの動画制作で押さえておくべきポイントをご紹介します。

 

PVとMVの違いとは?

形式としてはどちらも「映像と音楽を組み合わせたもの」であることから、PVとMVは混同されてしまいがちです。実際にはMVであるにも関わらずPVと呼ばれていたり、逆にPVがMVと呼ばれたりしているケースも少なくありません。しかし、PVとMVには明確な違いがあります。ここでは、PVとMVの違いについてご紹介します。

PVとは?

PVとは「プロモーションビデオ」の略です。プロモーションは「宣伝」を意味することから、PVは「宣伝のための動画」に当たります。そのため、音楽番組やCMなどで放送することを目的に制作されています。実際に「テレビCMなどで流れるPVを観てCDを購入した」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

レコードやCDを購入して音楽を楽しむという形が主流だった時代は、その販促手段として頻繁にPVが制作されていました。そのため、「音楽に映像を組み合わせたもの=PV」というイメージが定着しました。なおプロモーションビデオという言葉は和製英語ですので、海外では使用されることはありません。英語では「トレーラー」と呼ぶのが一般的で、近年では日本でもこの呼び名が浸透しつつあります。

MVとは?

MVとは「ミュージックビデオ」の略です。PVと同様に楽曲と映像を組み合わせたものですが、制作の目的が異なります。前述の通りPVは楽曲を宣伝し、レコードやCDなどの購買意欲をかき立てることを目的としています。それに対してMVは「楽曲の世界観を映像化することによって、その内容を視覚的に伝えること」を目的として制作します。つまり、「楽曲とセットとなった映像作品」といえます。

近年ではMVとセットになってはじめて成立する楽曲なども増えており、より芸術性の高いMVが制作されています。MVは一般的にCDとセット、またはDVDとして単体で販売します。加えて、近年ではWeb動画として配信するケースも増えています。

PVとMVの違いを明確にするのは難しい?

上記の通り、PVとMVでは制作の目的が異なります。しかし、音楽業界ではその違いを明確にしているわけではありません。例えばMVが音楽番組で流れることもありますし、PVの役割を意図してMVの一部をテレビCMで使用するケースも少なくありません。そのため、受け取り側としてはPVとMVの違いを明確にするのは難しくなっています。

近年ではMVとして制作される動画が増えている? その背景は?

違いを明確にするのが難しい一面があるものの、近年でははじめからMVとして制作される動画が増えつつあります。その背景には動画配信サイトの普及があります。今日ではPCやスマートフォンなどで動画サイトにアクセスすれば、簡単にさまざまな動画を視聴できます。さまざまな動画が溢れているWeb上で存在感やインパクトを与えるために、より芸術性の高いMVを作ろうと工夫するケースが増えているようです。前述したように、PVという言葉は和製英語のため海外では通用しません。そのため単純にPVという言葉が使われなくなったという点も関係しているようです。

 

PVやMVを制作する際のポイント

PVやMVを制作する際のポイント

PVとMVの区別は難しいですが、制作時の意図は明確に異なります。ここでは、PVやMVを制作する際のポイントをご紹介します。

動画制作の目的を明確にする

まず、動画制作時にはその目的を明確にすることが重要です。PVであれば「楽曲の宣伝」が目的となります。一方で、MVの場合は「芸術性を高め、最後まで動画をしっかりと観てもらうこと」が目的となります。目的を明確にすることによって方向性がブレず、よりイメージに近く効果的な動画を制作できます。

制作会社と認識を擦り合わせる

PV・MV双方の違いについて、制作会社と認識を擦り合わせることも大切です。前述の通りPVとMVは混同されてしまいがちなこともあり、制作会社との認識が異なるケースも少なくありません。そのため事前にしっかりと打ち合わせをして認識を擦り合わせておくことで、意図した通りの動画制作が可能となります。

 

PVの活用事例

PVの活用事例

前述の通り、PVとはプロモーションビデオのことです。つまり、音楽に関する動画のみならず「企業のプロモーション」における動画もPVにあたります。実際、今日では多くの企業がPVを制作しており、さまざまな形で活用しています。ここでは、プルークスが制作した企業PVの活用事例をご紹介します。自社でプロモーションビデオの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

NTTコムチュオ様の事業紹介映像

NTTコムチュオ様 事業紹介映像

近未来的な雰囲気の映像の中に実際のオフィスの映像を組み合わせて企業のプロモーションを行った動画です。さまざまなグラフィックを組み合わせることでスタイリッシュな雰囲気を演出しつつも、わかりやすく事業内容を伝えることができるように工夫しました。細かい部分ではシンプルなインフォグラフィックを使用したという点もポイントです。

テクノアルファ様30周年記念会社紹介映像

テクノアルファ様 30周年記念会社紹介映像

こちらはテクノアルファ様の30周年を記念した企業PVです。会社の価値観や姿勢などを冒頭に入れた上で、これまでの歴史を振り返ることができる写真や動画素材、モーションフラフィックスなどを配置しました。周年記念映像というと、単に社史を振り返るだけのものになってしまいがちです。この動画ではシナリオにこだわり、社歴の短い若手社員や会社のことをほとんど知らない方であっても感情移入し共感できる動画を目指しました。

 

まとめ

まとめ

視聴者の立場ではPVとMVを明確に区別するのは難しいため、混同されてしまいがちです。しかし、制作段階ではそれぞれに異なった目的があります。動画を通じて本当に伝えたいメッセージを伝えるためには、目的を明確にして制作することが重要です。

同じテーマの動画であっても、目的やターゲットが異なればベストな表現や演出は異なります。その差によって視聴者に与える影響にも差が生じます。そのため、「PV制作」「MV制作」といった言葉にこだわるのではなく、動画制作の目的や軸を重視するようにしましょう。プルークスではPVやMVはもちろんのこと、目的に合わせた動画制作を行っています。動画の制作を検討している方は一度ご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ