動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

スムーズな動画制作に必須なのは目的への共感。アデコ社が動画制作にあたり注力したポイントとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が様々な課題解決のために、動画を活用するシーンが増加しています。
しかし、動画を制作するにあたり社内外の調整が想定通りにいかず苦労したことがある方も多いのではないでしょうか。
今回は、アデコ社が動画制作で注力したポイントを、インタビューを通じご紹介します。


 

アデコ社は、「キャリア開発があたり前の世の中をつくる。」というビジョンを掲げ、企業へ人財に関する多様なソリューションを提供し、働く人へはその人が描くキャリアビジョン実現への支援を行う総合人事・人財サービスを展開する企業です。
今回、アデコグループで柔軟な働き方を推進する「Future WOW!」というプロジェクトを通じて生き生きと働いている社員の姿を社内外に発信し、アデコで働く価値、エンプロイー・エクスペリエンスを伝えるための動画制作を実施されました。

動画を制作するにあたり、関わってくる社内部署は多数発生します。
採用活動で使用するインタビュー動画を制作するのであれば人事部が主導となりプロジェクトを進行することが多いですが、その他にも出演者の所属部署・広報部・採用される部署・費用を管理する経理部などたくさんの部署との調整が必要です。

そんな中でアデコ社が事前に行ったポイントは2つあります。

①あらかじめ動画の目的やターゲットを決めておく
②社内の関係部署をプロジェクトに巻き込む

この2点について、詳細をお聞きしました。

①あらかじめ動画の目的やターゲットを決めておく

動画制作のトレンドもあり、一度動画を制作したらバズに繋がり、何かしらの効果があると考えている企業が多いのが現状です。しかし、動画はあくまでも課題を解決する手段であるため、あらかじめどういった目的で誰に視聴してもらいたいのか、どのような反応をもらいたいのかなどを決めておかないと、「せっかく動画を視聴してもらえたのに特になんの効果もなかった」という印象で終わってしまいます。
今回アデコ社は、動画のターゲットを社内外どちらにも設定し、動画を2本制作しました。
1本目は実写動画。こちらはアデコ社で働く社員にインタビューを行い、社員が何に価値を感じて働いているのかを伝えることによってアデコ社が掲げている「Future WOW!」の考え方に共感する社員を増やし、働く意義を改めて認識し、かつ採用活動に活用することを目的としています。

2本目はアニメーション動画。人物ではなくアニメーションで伝えることによって、まだアデコ社を知らない方々にも分かりやすく情報を伝達することができますし、社内にも改めて自分らしく働くことができるという点を訴求することが可能です。

②社内の関係部署をプロジェクトに巻き込む

続いて必要なのが、このポイントです。
せっかく目的やターゲットを定めても、ここが制作段階で共有をできていなければスムーズな動画制作ができない可能性があります。
アデコ社は、社内での理解もあらかじめできていたことがスムーズな動画制作につながりました。担当部署だけで全てを進めるのではなく、広報などの関係部署には前もって内容を伝え、プロジェクトの目的、ターゲットを共有した上で、実際に商談にも同席をしてもらっていました。
そうすることで、全員が同じベクトルに向かっていたため、動画の確認段階で無駄なコミュニケーションロスが発生せず、イメージ以上の動画が完成したのです。

また、制作側にも理解が必要です。
動画制作期間に余裕があるのであればもちろん良い動画が出来上がりますが、納期が決まっているものに関しては、その期間でどれだけ発注側の意図を汲み取り動画構成に落とし込めるかが重要となります。そのため、制作側とのコミュニケーションのとり易さや理解力などもあらかじめ制作パートナーを選ぶ際の重要事項として捉えておくべきです。

 


 

今回、動画を2本制作したアデコ社は、今後自社ウェブサイトやSNSで展開予定とのこと。
これから動画制作を実施される方は、アデコ社が取り組んだ2つのポイントをぜひ実践してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ