動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

インタビュー動画に必須?テロップを使いこなして動画の効果を上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビュー動画にテロップを活用しよう

インタビュー動画は、マーケティングに大きな効果をもたらします。そのため、テロップを上手く活用したマーケティングに力を入れている企業も少なくありません。しかし、ただのインタビュー動画を撮影するだけでは、視聴者を引きつけることはできないし、マーケティング効果も薄れてしまいます。

そこで注目されているのが、テレビでもよく利用されている「テロップ」です。テロップを最大限に活用することで、想像を大きく上回るマーケティング効果を発揮してくれます。しっかりテロップの重要性についておさえておけば、インタビュー動画だけではなく、様々な動画制作にも活用することができます。

ここでは、テロップの重要性やテロップの作り方と編集のコツ、種類などを紹介していきます。他のインタビュー動画と差をつけるためにも、テロップの知識を身につけましょう。

テロップを上手く活用してマーケティング効果を狙う

「テロップ」を動画に加えることで、視聴者に内容をわかりやすく伝えることができ、使い方によっては視聴者のニーズに応えられるポイントにも繋がります。

テロップを上手く利用している参考例として、「ビジネス用の動画」が挙げられます。ビジネスを成功させるためにインタビュー動画を多く利用し、顧客の注目を集める方法をとっています。そして、そのインタビュー動画がたくさんの人の目に留まりやすいように、テロップを有効活用しているのです。

それほど、テロップには人の注目を引きつけるインパクトがあります。

テロップの役目と目的を明確にする

テロップを上手く活用した動画制作をする場合、以下の2つを目的として使用すると良いでしょう。

強調させたい部分だけに使用する

インタビュー動画の中で一番相手に伝えたい部分やポイントなどがある場合、テロップを使用することで「何を伝えたいのか」がはっきりと視聴者に伝わります。

逆にテロップを使用しすぎると、かえって何を伝えようとしているのかがわからなくなってしまうため、注意が必要です。映像自体が見づらくなると、マーケティングにも失敗してしまう可能性がありますので、適度に活用しましょう。

テロップを読むだけでも内容がわかるようにする

テロップは、映像の中で話している会話内容を伝える方法として使用することもできます。特に、インタビュー動画には欠かせない方法です。

一般的に動画は映像と音声の双方で視聴するものですが、場合によってはそれができず、満足に動画を視聴することができない可能性も考えられます。無音状態でも、映像とテロップさえあれば視聴できるようにすることで、動画内容が伝わりやすくなります。

テロップを活かす3つのポイント

テロップを最大限に活用することで、視聴者にインパクトを与えることができます。そこで、上手くテロップを使用する方法として、以下3つのポイントをおさえておくと良いでしょう。

 

1.本当に伝えたいメッセージを文字で伝える

インタビュー動画に出演している方が話している内容をテロップで伝える場合、内容すべてをテロップで伝えるのではなく、内容の一部だけを文字にする、話の内容でポイントとなる部分だけを強調する、といった使い方をしてみましょう。また、出演者が考えていそうなことも文字で伝えてみると、より個性的なインタビュー動画へと変わります。

 

2.テロップのデザインでインパクトを与える

テロップは、華やかな映像の中でも目立つようにアレンジすることも大切です。背景に溶け込んでしまうようなデザインや色使いにすると、視聴者に気づいてもらえない可能性があります。文字の大きさやテロップを表示するタイミングなどにも注意しながら、映像内でアピールしましょう。
テロップに注目してもらうためにも、視聴者がつい目で追ってしまうような、インパクトのあるデザインにしてみてください。

 

3.映像内容によってテイストが変わる

インタビュー動画の内容や雰囲気によっても、使用するテロップに気をつける必要があります。例えばニュース番組などのような、真剣にキャスターが話をしている映像にポップなデザインのテロップを使うと、ニュース番組が和やかな印象に変わってしまいます。

どんなに素晴らしい動画でも、テロップひとつで全体像が大きく変わりますので、内容に合わせてテイストを変える必要があります。

テロップの作り方と編集のコツ

テロップを作る場合、動画制作のプロに依頼をする、またはフリー素材を使用するかのどちらかになります。クオリティーを重視するなら、プロに依頼をした方が当然仕上がりも綺麗です。

フリー素材を使用する場合、テロップの装飾や縁取り(背景と文字の境界線)の工夫、光彩(文字のぼかし)、ドロップシャドウ(文字に影を作る)、高度な装飾など、いろんなパターンのテロップデザインを熟知しておく必要があります。

テロップ作成のコツ

テロップは、ただ映像内に文字を配置すればいいというわけではありません。映像に合ったデザインや、編集を行う必要があります。もしテロップの品質が悪いと、インタビュー動画全体のイメージや品質が落ちてしまうのです。

誰が見ても素晴らしいと思えるような動画制作がしたいのであれば、テロップも手を抜かずに作成しましょう。

 

テロップを作成するときのポイントは、以下の3つです。

 

・文字と背景の差をつける

・文字と背景の間に境界線をつける

・文字と境界線の色にメリハリをつけて読みやすい文字のロジックにする

 

このポイントは、視聴者に向けてテロップを見やすくするために行う工夫です。色や明るさをバランス良く組み合わせて、メリハリをつけてあげると制作が格段に楽になります。

 

テロップの活用次第で良い動画に仕上がる

ターゲットに合わせてテロップを工夫するだけでも、動画を見た視聴者の感じ方は変わります。映像に合わせて文字の特質を生かせば、動画での情報伝達や訴求力の向上に繋ぐことができるため、テロップを使ったマーケティング効果が期待できます。また、映像+文字の組み合わせは、良い動画に仕上げるために必要不可欠な編集作業です。

テロップの種類

テロップにも様々な種類があり、映像に合わせて使い分けると全体の見栄えも良くなるので、どの動画でもテロップのデザインにこだわっている企業は少なくありません。ここでは、動画で最も使用されているテロップを4種類紹介します。

 

タイトルテロップ

映像全体のタイトルを表示するために使用されるテロップです。話が始まる前に使用されています。

 

コメントテロップ

インタビュー映像でよく使われるテロップで、相手が話している内容も文字にしています。周囲の音や声が聞こえにくいときにも使用されます。

 

説明テロップ

出演者が話をしている内容で、ポイントとなる言葉を表示するものです。話の内容を全部聞かなくても、ここをチェックしておけば、内容全体を把握できます。

 

名前テロップ

出演者のプロフィール紹介に使用されます。これがあると、どんな人が話をしているのかがすぐにわかります。

 

それぞれのテロップを映像内で上手く使いこなせるようになると、全体的にまとまりのある映像となります。

しかも見栄えも良くなるので、話の内容がもっとわかりやすくなります。映像にテロップを使用するときは、各テロップの特徴と役目を理解して、どこにどのテロップを使用するのかを決めておくようにしましょう。

注目を集めるインタビュー動画にはテロップが必要

作成した動画を多くの方に視聴してもらうためには、映像にも工夫が必要です。テロップも工夫のひとつで、動画を視聴しやすくするために上手く使いこなす必要があります。

テロップは、動画だけでは伝えられない情報を補足するときや、映像をより面白くするためにも使用できますので、使い方次第でいろんな表現ができるのがわかります。

インタビュー動画を編集中の方やこれから動画制作しようとしている方は、是非テロップを活用してインパクトのあるものを作りましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ