動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

360度動画をマーケティングに活用!必要なものや作り方、ポイント



このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのネットユーザーから注目を集める動画コンテンツのひとつに、360度動画があります。企業のプロモーションに有効なコンテンツといわれていますが、「自社で作るのは難しそう」「機材を揃えるのに高額な費用が必要なのでは?」と導入にはハードルが高いと感じている企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、360度動画の魅力をあらためて伝えると共に、制作に必要なものや作り方、失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

普通の動画撮影とは違う?360度動画の魅力

360度動画はVRコンテンツのひとつで、手軽に撮影・編集できるコンテンツとして多くの企業はもちろん、一般人の方にも人気があります。専用カメラを使用して360度を同時に撮影するため、臨場感のある動画に仕上がるという点が最大の魅力です。

例えば、観光スポットのプロモーションとして使えばユーザーに疑似体験をしてもらうことができますし、不動産の内覧として使えば物件の魅力を丁寧にアピールすることができます。

ユーザーは360度自由にチェックできるため、見逃した箇所を別の角度から見ようと繰り返し視聴する方も少なくありません。そのため、360度動画は通常の動画に比べて再生回数アップを狙いやすいといえます。自社サイトにアップする他、YouTubeやFacebookにアップすることもできるため、より多くのユーザーに企業の魅力をアピールできるのです。

 

初心者の方必見!360度動画の制作に必要なもの

企業で導入すれば高いマーケティング効果が期待できる360度動画ですが、通常の動画に比べて難易度が高いと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、360度動画は作り方を覚えれば手軽に挑戦できるコンテンツです。まずは動画制作を始めるにあたり必要なものを揃えていきましょう。

360度動画の制作に必要不可欠なものが専用のカメラです。360度カメラには複数のレンズが設けられており、複数の視点から同時に撮影し、それぞれをつなぎ合わせること(スティッチ)で360度動画が完成します。スティッチは編集作業のひとつで、カメラによっては撮影時に内部で自動的に編集されます。

編集機能がないカメラを使用する場合は、別途で編集ソフトが必要です。編集ソフトではスティッチの他、明るさの調整や画面の揺れの補正、さらに画面に映り込んだカメラマンや自撮り棒などをレタッチで消すことができます。編集ソフトが付属しているカメラも販売されていますが、品質や扱いやすさを意識するなら別途で編集ソフトを購入するのがおすすめです。必ずしも360度動画専用の編集ソフトを選ぶのではなく、大手ソフトウェア会社などの編集ソフトのなかには360度動画に対応できるものもあるため、そちらを検討してみてもよいでしょう。

 

どれを選ぶべき?おすすめの360度カメラ3選

360度カメラは種類が多く、初めての方だと悩んでしまうこともあるかもしれません。そこで、おすすめのカメラを3つピックアップしてご紹介します。

 

RICOH THETA

RICOH THETA

引用元:THETA

片手で操作できるコンパクトサイズの360度カメラで、撮影から編集まで1台で済ませることができます。シリーズのなかでも最新機種となる「RICOH THETA V」は、従来品に比べて高画質での撮影が可能です。さらにVR対応の空間音声技術が採用されており、360度全方位の音を鮮明に取り込めるのも魅力のひとつ。高精度な手ブレ補正や世界初のリモート再生など、機能性に優れています。

 

Insta360 ONE

Insta360 ONE

引用元: Insta360

約82gとコンパクトかつ軽量タイプの360度カメラで、高精彩な動画を撮ることができます。スローモーション撮影機能やオブジェクト・トラッキング機能など、搭載されている機能も多彩です。オブジェクト・トラッキング機能を使えば、指定した対象物を自動追跡して通常の動画として保存することも可能です。加えて、別途で専用自撮り棒も販売されています。自撮り棒は自動的にカットされるため、動画に映り込む心配はありません。

 

Kodak PixPro SP360

Kodak PixPro SP360

引用元:Kodak

耐衝撃性や防水性(生活防水レベル)、防塵性、耐低温性などに優れた世界初の360度アクションカメラです。解像度が高く、画面をズームしても被写体がぼやける心配がほとんどありません。Wi-Fiを利用すればスマートデバイスとパソコンに接続することもでき、専用アプリやソフトウェアをインストールすれば遠隔操作を行うこともできます。

 

上記の他にも多くの種類があり、一つひとつ搭載されている機能やスペックが異なります。性能やスペック、扱いやすさ、価格などで比較しながら、用途に合ったものを選びましょう。

ちなみに、編集ソフトは「Adobe Premiere Pro CC」が人気です。業界最先端の映像編集ツールで、映画制作者やデザイナー、ビデオグラファーなどにも活用されています。色調補正やオーディオ調整なども容易で、初心者の方でも高品質な360度動画を制作できます。

 

360度動画の作り方~YouTubeにアップする場合~

360度動画の作り方は使用するカメラにより異なります。撮影から編集まで一括で対応できるカメラなら、撮影するだけで360度動画の出来上がりです。撮影のみに対応できるカメラの場合も、編集ソフトを使用すれば初心者の方でも簡単に360度動画を作成できます。

さらに、撮影した動画をYouTubeにアップすることも可能です。YouTubeにアップする際は、あらかじめ動画のエンコードを行います。YouTubeが推奨するエンコード設定があるので、確認しておきましょう。コンテナや動画コーデック、ビットレートなどをYouTubeに適した表示に設定することで、高画質の動画に仕上がります。

さらに、完成した360度動画をYouTubeにアップするには、メタデータを挿入する必要があります。メタデータを挿入しないと360度動画と認識されず、平面の動画としてアップされてしまうので注意してください。手順は以下のとおりです。

1.YouTube提供の専用アプリ「360 Video Metadata(MacまたはWindows)」をダウンロード

2.ファイルを展開してアプリを起動させる

3.動画ファイルを開き、「Spherical」のチェックボックスをオンにして「Save as」をクリック

4.ファイル名を入力して保存

 

保存したら通常どおりYouTubeに動画をアップすれば完了です。

「360 Video Metadata」はこちらの「ステップ 2: アップロードの準備」からダウンロードできます。:https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja

 

360度動画を制作するうえで注意すべきポイント

今や多くの企業で導入されている360度動画ですが、なかには効果をほとんど発揮できていないケースもあります。流行っているとはいえ、ユーザーに視聴してもらえなければ企業の認知度アップやサービスへの流入につなげるのは難しいといえます。

例えば、容量が重すぎる360度動画はユーザーを離脱させる原因のひとつです。画質を意識することは重要ですが、これにより再生開始までに時間がかかってしまうと視聴を中止される恐れがあります。また、再生途中で動画が一時停止されることでユーザーのストレスとなり、企業の印象を悪化させる恐れもあるので要注意です。

再生するのにアプリのダウンロードが必須となる動画も、ユーザーの離脱を招く原因といわれています。今や多くの企業がアプリを導入しており、SNSやゲームなどのアプリを加えると、スマートフォン1台に数十個のアプリを入れている方も少なくありません。そのため、よほどコアなユーザーではない限り、アプリをダウンロードしてまで視聴する方は少ないと考えられます。

360度動画を制作してアップする際は、上記のポイントに留意しましょう。

 

360度動画で企業の魅力をアピールしよう!

今回は、360度動画の魅力や制作に必要なもの、作り方、注意すべきポイントなどをご紹介しました。360度動画はビジネスシーンではもちろん、プライベートシーンでも多くの方に活用されているVRコンテンツです。

必要なものと作り方を押さえておけば、初心者の方でも高品質な360度動画を制作することができます。プロモーションのひとつに取り入れようと検討されている企業の担当者の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ