動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

絵コンテが動画作成を左右する!役割と具体的な作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
絵コンテで良質な動画作成を!

個人ではなく複数人で動画作成をする場合、動画のイメージを固めるために役に立つのが「絵コンテ」です。絵コンテには、動画作成の土台になるだけでなく、その他にも様々な役割があります。今回は、絵コンテの動画作成における役割や、具体的な作り方についてご紹介します。

 

動画作成には必須?絵コンテの役割について

絵コンテは動画作成の設計図となる重要なものであり、その役割を理解することでスムーズな動画作成ができます。

 

絵コンテの役割

絵コンテの基本的な形は、用紙の左側に四角の枠をいくつか作ってイメージ図を描き、右側にセリフや指示文などを書いたものです。絵コンテを見ることで、撮影時にどんな映像が必要なのか、セリフやBGMはどのタイミングで入るのか、どのようなテロップ演出やエフェクトを使うのか、などの情報がわかります。

絵コンテはイラストを描く際の下描きのようなもので、なければ動画が作れないというものではありません。しかし、下描きを描くことでイラストの完成図が想像しやすくなるように、絵コンテを作ることで動画の仕上がりをイメージできるようになります。撮影や編集の段階で「この映像を撮るのは難しい」「必要な映像が撮れていなかった」などのトラブルが起きないためにも、絵コンテは重要と言えます。

 

絵コンテが必要なシーン

絵コンテが特に必要となるのは、複数人で動画作成をする場合です。動画作成に関わる全員が同じ仕上がりのイメージを共有し、方向性がブレないようにするために、絵コンテが必要となります。

他社のスタッフとも協力して動画作成をするなら、絵コンテの必要性はさらに高くなります。例えば、動画作成を主導するディレクターを社内に置いて撮影や編集を動画プロダクションに依頼する場合、絵コンテを作らなければ仕上がりのイメージを伝えることは困難です。

それに対し、1人で動画を作成する場合は絵コンテが必須というわけではありません。また、密に連携の取れる少数で作業する場合や、予算、時間の都合がある場合には、絵コンテがスキップされることもあります。絵コンテを作らないのであれば、その前段階である企画書や台本をもとに、動画を作成することになります。

 

絵コンテの前段階

動画作成は、いきなり絵コンテから作るわけではありません。先に企画書や構成台本などがあり、それをもとに絵コンテを作ることになります。

動画の方向性を決めるものとして、企画書は重要です。「商品をPRしたい」「ユーザーの関心を引くコンテンツを作ってブランディングがしたい」などの目的を定めて企画書上に明記し、動画の内容に落とし込んでいきます。

本格的な動画を作る場合は、企画書の次に構成台本を作成します。構成台本は動画の流れを文章のみでまとめたもので、役者の動きや画面の切り替わりなども、できるだけ詳細に書き記します。構成台本の情報をもとに、視覚的にわかりやすく作ったものが絵コンテです。現場によっては、構成台本のほうが重要視されることもあります。

 

絵コンテの具体的な作り方

絵コンテの作り方に厳密なルールはありませんが、初めて作成する場合は以下の流れを参考にしてください。

 

1.用紙を用意する

絵コンテには専用のフォーマットがあり、無料配布しているサイトからダウンロードして使うこともできます。白紙に自分で枠を描くことでも作れますが、フォーマットには必要な情報がそろっているので、まず一度使用することをおすすめします。

 

2.左側に絵を描く

用紙の左側に、動画の流れがイメージできるように絵を描きます。絵はそのシーンでどんな映像が繰り広げられるのかがわかればいいので、上手く描く必要はありません。例えば、人物を棒人間で描くようなシンプルなものでも絵コンテとして成り立ちます。その人物がどこを向いているのかが見た人にわかるよう、矢印を描くなどの工夫をしましょう。

 

3.右側に指示文を書く

左側に絵を描いたら、関連する指示文を右側に書きます。指示文の内容は、セリフやカメラワーク、役者の動き、動画編集時につけて欲しいエフェクトなど様々です。作りたい動画の内容に合わせて、必要だと思った情報は全て右側に書きましょう。ただし、紙面が煩雑になるようならば別紙でまとめるなどの工夫が必要です。左側の絵の部分に指示文を書き込むこともあります。

 

4.シーン、カット、秒数などを入れる

多くの絵コンテのフォーマットでは、一番左側にシーンとカット、一番右側に秒数を入れる欄があります。

シーンとカットは、番号を入れておくことで内容を整理しやすくなります。シーンは撮影の場所が変わるタイミングのことで、例えば、会社にいる映像から家にいる映像に切り替わったなら「シーンが変わった」ことになります。つまりカットは、カメラ位置が切り替わるタイミングのことです。リビング全体を映した後にくつろいでいる人物の顔のアップが映されたら、「カットが変わった」ことになります。

より内容を整理しやすくするために、シーンが切り替わるタイミングで用紙を切り替える方法があります。シーンごとに用紙の束を分けておけば、後から見返す際にも内容を理解しやすくなります。

秒数は、ストップウォッチを使ってできるだけ正確に記入するのがおすすめです。動画にセリフがある場合、頭の中で秒数を測ると実際より短く測ってしまう可能性があるので、実際に口に出しながら測りましょう。

 

絵コンテを作るときに押さえたい3つのポイント

絵コンテをよりスムーズに、よりわかりやすく作るには、以下でご紹介する3つのポイントをぜひ参考にしてください。

 

1.複数の構図を駆使する

同じ構図で撮り続けた映像は、全体的に盛り上がりに欠け、平坦な出来になります。そうならないためには、いくつかの構図を使い分けることが大切です。

 

引き

ズームアウトのことです。カメラを引いて全体を広く写すことで、動画が今どのシーンを舞台にしているのかがわかります。

 

寄り

ズームインのことです。カメラを対象に寄せて大きく映すことで、被写体を強調できます。動画の構図の組み合わせとしては、引きの映像でどんなシーンかを示した後、寄りの構図で被写体の具体的な動きを示すというパターンが基本です。

 

あおり・俯瞰

カメラの位置を下にして見上げるように撮るのがあおり、カメラの位置を上にして見下ろすように撮るのが俯瞰です。目線の高さの映像だけでなく、あおりや俯瞰を組み合わせることでメリハリのある映像が作れます。あおりは被写体の感情に迫りたいとき、俯瞰はシーン全体を客観的に見せたいときに効果的です。

 

 2. 表現が難しい場合は写真を使う

絵コンテでは、必要な情報が伝われば上手い絵を描く必要はありませんが、それでも絵が上手く描けない場合は写真で代用できます。インターネット上のフリー素材から場面に適した画像を探してダウンロードし、左側の絵の部分に貼りつければ、絵コンテとしての役割を十分に果たします。

 

3. カットやシーン、全体のバランスをチェックする

カット、シーン、全体のバランスが乱れていると、いい動画は作れません。例えば、あるシーンは多くのカットを用いて過剰なほど強調しているのに対し、別のシーンではカット数が少ないなど、出来上がった動画を見たときに「バランスが悪い」と感じる可能性があります。一度絵コンテを作ったら、第三者に見てもらうのがおすすめです。

 

わかりやすい絵コンテを作って動画作成に活かそう

絵コンテは動画作成において、土台となる部分です。しっかり作っておくことで、撮影や編集で混乱が起きる可能性を減らし、目的に沿った動画を作ることができます。この記事でご紹介した作成の流れやコツをぜひ参考に、満足のいく動画を作ってみてください。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ