動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画のライティングにこだわろう!意外と知らない「レフ板」のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
レフ板を活用して被写体を明るく照らす

光をコントロールしてきれいな映像を撮影するためには、ライティングにこだわることが大切です。例えば、被写体に光を当てて明るく照らせば、活き活きとした動画に仕上げることができます。

今回は、照明補助機材のひとつ「レフ板」にフォーカスし、概要や使い方、作り方についてご紹介します。動画撮影において、「光の調節が難しい」「どうしても被写体が暗くなる」といった点にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

主照明の光を補完する!レフ板とは

レフ板とは、主照明の光を反射させて被写体を明るく照らす機材のことを指します。ホワイトをはじめ、シルバーやゴールド、ブラックなどさまざまな種類があり、それぞれで被写体に与える影響は異なります。

例えば、ホワイトのレフ板は光の反射率が低いことに加え、光を拡散する効果もあることから、やわらかなライティングを実現します。シルバーのレフ板は反射率が高いため、ギラギラとした強いライティングが必要なシーンに最適です。

そんなレフ板のメリットは、光の明暗差を埋められることです。
屋外で動画を撮影する場合、順光(被写体の正面から光が当たっている状態)だと顎下に影ができ、全体的に暗い印象になってしまいます。そのため、屋外ではなるべく逆光(被写体の背面から光が当たっている状態)で撮影したほうが良いといわれています。

しかし、逆光だと背景が白くなりすぎたり、被写体が暗くなりすぎたりすることもあります。そんなときレフ板を使用して光を反射させれば、背景と被写体の明暗差を減らすことができ、結果としてきれいな映像を撮影できます。

レフ板は屋外で動画を撮影するときのみ必要な照明補助機材と思われがちですが、実際は屋内でも活躍します。
例えば、屋内でインタビュー動画を撮影する際、被写体の下に暗い色のテーブルや床があると、顎下に影ができ暗い印象になってしまいます。

レフ板があれば、室内の光を反射させて被写体を照らすことができるので、明るくハツラツとした映像を撮影することが可能です。
また、完成した料理のインサート映像を撮影する際にも、レフ板は役立ちます。主照明の補助として光をコントロールすることで、食材の照りやツヤ、みずみずしさをしっかりと映像に残すことができます。

 

押さえておこう!レフ板の正しい使い方

レフ板の使い方はカラーによって異なるため、動画を撮影する前に正しく理解することが大切です。

ホワイトやシルバー、ゴールド

被写体を照らす役目を持つホワイトやシルバー、ゴールドのレフ板は、主照明がある位置の対角線上に配置するのが基本です。例えば撮影者が被写体を見たときに、右方向に主照明がある場合は、レフ板を左方向に配置するのが適切です。

屋外で動画を撮影する場合は、主照明の役割を担う太陽の位置が時間帯によって変化するため、どこに太陽があるのか常に確認して、レフ板の位置を調整する必要があります。

また、ホワイトやシルバー、ゴールドのレフ板をポートレート撮影で使用する場合は、被写体の真下に配置しないよう注意が必要です。というのは、レフ板を被写体の下に配置して光を反射させると、不自然なコントラストになってしまうためです。

自然でやわらかな光を演出するためにも、ポートレート撮影を行う際はレフ板を被写体の横に配置し、そこから光を当てるようにしましょう。

ブラック

ブラックのレフ板には、被写体に影を落とす役割があります。落ち着いた印象の動画を撮影したいときや、被写体の立体感を強調したいときなどに最適です。
ブラックのレフ板を使用する際は、なるべく被写体に近づけることを意識しましょう。

距離が離れていると被写体に影を落とすことができず、ブラックのレフ板を使用していないときと大差のない映像になってしまいます。とはいえ、被写体に近づけすぎて映像に写り込んでしまうと動画のクオリティが下がってしまうので、微調整しながら最適な位置を決めることが大切です。

 

自作することも可能!レフ板の作り方

レフ板は、ホームセンターや100円ショップで購入できるアイテムを使って作ることができます。撮影機材が揃わない中、急遽動画を撮らなければならなくなったときは、ぜひ以下の作り方を参考にしてみてください。

材料

・カラーボード(発泡スチロール製)
・アルミホイルまたはアルミテープ
・両面テープ
・ビニールテープ

作成手順

1.アルミホイルを大きめにカットして、光が幅広く拡散するようぐしゃぐしゃに丸める
2.丸めたアルミホイルをゆっくり開き、裏面に両面テープを施したのちカラーボードの全面に貼りつける
(アルミテープを使用する場合は、カラーボードにそのままアルミテープを貼りつける)
3.カラーボードを縁取るようにビニールテープを貼って完成
〈完成図〉

自作したレフ板の完成品

引用:自作レフ板で写真クオリティを上げる!DIYでの作り方と小物撮影での使い方 | mysimasima

上記でご紹介したのは、シルバーのレフ板を作成する際の手順です。ホワイトのレフ板を使用したい場合は、アルミホイルまたはアルミテープではなく、ホワイトカラーの画用紙を貼りつけましょう。カラーボードがホワイトであれば装飾を施す必要はなく、そのままレフ板として活用できます。

 

レフ板以外にもある!被写体を照らす機材

被写体を明るく照らす照明補助機材は、レフ板の他にも複数あります。動画を撮影する頻度や理想とする完成イメージによって、適した照明補助機材は異なるため、自社に合ったものを選ぶことが大切です。

ビデオライト

ビデオライトとは、一般的にカメラに取りつけるライトのことを指します。動画を撮影しながら光をコントロールできるので、理想的なコントラストを実現しやすいのが特徴です。
そんなビデオライトにはさまざまな種類があり、例えばLEDライトを使用しているタイプがあります。高輝度に優れているだけでなく、長時間使用することもできるので、動画撮影に最適です。

この他、ホワイトとオレンジなど複数のフィルターを備えているタイプや、レンズに沿って取りつけられる円形型のタイプ、三脚やライトスタンドに装着できるタイプなどもあります。

スタンドライト

スタンドライトはその名のとおり、スタンドタイプのライトのことを指します。主に蛍光灯が使われており、白熱球やLEDに比べて光を照らせる範囲が広いので、被写体がひとつであればスタンドライト一台でも十分に対応できます。また発熱する心配もないので、安全面もばっちりです。

そんなスタンドライトには、光の強度を抑える「ソフトボックス」がついていることがあります。これを活用すれば自然光を使って撮影したときと同じような優しい雰囲気を演出できます。

 

レフ板を使用して動画を撮影しよう!

レフ板は被写体を際立たせることができる照明補助機材です。ホワイトをはじめ、シルバーやゴールド、ブラックなどの種類が揃っており、それぞれで被写体に与える光の影響は異なります。そのため、動画撮影で使用する際は、「どういうイメージの動画を撮影したいか」という点を明確にすることが大切です。

「動画のライティングにこだわりたい」「光のコントラストが秀逸な動画を制作したい」という方は、ぜひこの機会にレフ板を活用してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ