動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画広告とは?種類と効果を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
徹底解説!動画広告の種類と効果

近年、動画広告は成長市場のひとつといわれています。そのため、マーケティングの一環として動画の活用を検討している企業も増えてきています。

今回は動画広告に興味がある方へ向けて、動画広告の中でも特に市場シェアが高い種類をご紹介します。動画広告のメリットや効果、制作時の注意点、YouTubeの動画広告の市場についてもあわせてご紹介しますので、ご検討の際には参考にしてみてください。

 

主な動画広告はこの3種類

動画広告を効果的に配信するためには、ブランディングや商品購入などの導入目的によって適切な動画広告を選択する必要があります。動画広告は主に3つに分かれますので、それぞれの特徴を知り自社に効果的な導入方法を選びましょう。

インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTubeなどの動画を開いた際にコンテンツと同じ画面に表示される広告です。映像や文字、音声などが用いられるため、視覚に加えて聴覚へのアプローチが可能です。

バナー広告と比べ大画面での配信できるため、企業やサービスの魅力を細部まで伝えやすく、ブランディングを高める効果も得られます。

インストリーム広告はさらに数種類に分かれており、動画コンテンツの前に再生が始まる「プリロール(プレロール)動画広告」、広告表示の数秒後にユーザーが動画をスキップすることができる「スキッパブル広告」、スキップすることができない「ノンスキッパブル広告」などがあります。ノンスキッパブル広告は比較的短いものが多く、スキッパブル広告では1分半を超える動画も増えています。

インリード広告

インリード広告は、ニュースサイトなどの記事内に挿入されていて、スクロールしていくと表示・再生される動画広告です。画面内に動画が表示されることにより再生が始まり、スクロールで画面外へと流れることにより再生されなくなります。

そのためユーザーは、興味関心に合わせて再生・スキップを選択することができます。コンテンツを読み進めることで表示されるため視認性が高いですが、動画広告枠が正しく画面内に表示されなければ再生が始まらないため広告の配置には注意が必要です。

インバナー広告

ウェブサイト内に表示される従来のバナー広告が動画に代わったものが、インバナー広告です。動画ですがデフォルトの音声はOFFとなっていることが多く、インストリーム広告と異なりユーザーがスキップすることはできません。

インバナー広告の特徴はユーザーをセグメント化し、それぞれのニーズに合った配信ができる点です。動画視聴時に表示されるインストリーム広告と異なり、動画を普段視聴しないユーザーにも的確な内容の動画広告を配信することができます。

 

動画広告のメリット・効果や注意点

動画広告のメリット・効果や注意点

では、前述した3種類の動画広告を取り入れるメリットはどのようなものなのでしょうか? 自社に導入のメリットが大きいかどうかを検討する際には、取り入れる際の注意点も比較要素として念頭に置いて考えましょう。

メリット・効果

動画広告には「拡散されやすい」という特徴があります。ストーリー性やキャラクター性などで動画を印象づけることで、ユーザーが感想とあわせてSNSなどに拡散しやすくなるため、文字での広告と比べて広告そのものや商品が口コミによって大勢の消費者に伝わるという点が大きなメリットとなります。

動画広告には、「印象づけやすい」というメリットもあります。静止画や文字での広告に比べて文字が並ぶサイト上での差別化ができるため、ユーザーの目にとまりやすくなります。

動画を利用することにより商品やサービスの情報を短時間にわかりやすくまとめられるので、ユーザーにとっても情報が得やすく、興味関心を高める効果もあります。

導入時の注意点

動画広告は、印象づけやすいとはいえユーザーの興味を惹く内容でなければコンバージョンや口コミの拡散には繋がりません。そのため、動画がスキップされないように初めの数秒やオープニングでユーザーの心を掴むための動画制作のノウハウが必要となります。

ただし、動画広告の専門知識があるクリエイターに依頼したり動画のクオリティを高めたりするためには程度に応じた費用も必要になります。費やした金額で動画の品質が大きく左右される場合もあるため、求めるクオリティと予算とのバランスをよく検討しなければなりません。

 

YouTubeの動画広告の市場

2016年11月から2017年12月の間で行われたアンケート調査では、動画広告においてもっとも多く利用された媒体は「YouTube」だということがわかりました。

YouTubeの動画広告の市場

マクロミル×デジタルインファクト共同調査

YouTubeユーザーの増加と共に動画広告市場も広がっており、特にYouTubeで多くみられるインストリーム広告は動画広告の中でも主流な配信方法となりつつあります。

1日1,000円以下など低予算から始めることができるため、YouTube動画広告の導入を検討したい方は「Youtubeの動画広告について」で詳しい料金のしくみや動画の種類についてご覧ください。

 

まとめ

ブランディングや商品購入などのコンバージョンを重視した目的決定とともに、拡散力を重視するならインストリーム広告、視認性を高めるにはインリード広告、ターゲティング配信をしたい場合はインバナー広告などの配信における方向性を考えて導入するとよいでしょう。

プルークスに動画広告の制作を依頼して頂ければ、約束されたクオリティの動画を適切な価格でお作りいたします。予算内で最大限の動画制作を検討している方は是非ご利用ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ