動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画マーケティングのために知っておくべき動画制作の工程 



このエントリーをはてなブックマークに追加

これから動画制作を検討される企業のマーケティング担当者の方にとって、どこから手をつければ良いのか、そもそも動画が完成するまでにどのような工程を踏むべきなのかについて気になっている方も多いのではないでしょうか。本記事では、動画制作を外注する場合を想定し、問い合わせから動画完成までの工程について解説します。 

 

動画制作の工程はクオリティに直結する 

そもそも動画制作にあたってどのような工程を踏むかは動画のクオリティに大きく影響するため、マーケティング担当者は必ず押さえておくべき項目です。動画アカデミーでも何度もご紹介している通り、動画制作をする上では、誰に、どのような目的で、何を伝えたいのか、という点を考慮して数多もの表現手法の中から最適なものを選択する必要があります。そのため、制作開始前に十分なイメージすり合わせの時間があるかなどは非常に重要です。また、どれだけすり合わせをしても、実際に完成物をみてみるとイメージと少しずれているということもありえますので、編集後のチェックや修正などの工程が適切なステップを踏まれているかも非常に重要です。このように、動画制作の工程が動画のクオリティを高める上でとても重要なのです。 

 

動画制作の工程 

ここでは、動画のクオリティを高める上で必要な動画制作の工程についてご紹介いたします(なお、企業によって必ずしもこの限りではありません)。 

 1. 問い合わせ 

まずは動画マーケティングや動画制作のサービスを提供している会社に問い合わせます。問い合わせをしたら、まずは電話やメールで問い合わせの背景(動画制作の目的)やクリエイティブのイメージ、尺、納期、予算感などの簡易ヒアリングが行われます。動画制作会社にとって、詳細の打ち合わせ前にこのような簡易ヒアリングを挟むことで、打ち合わせの場でよりイメージに合った提案ができるようになるためです。 

 2. 詳細打ち合わせ・提案 

簡易ヒアリングの内容をもとに、より詳細のヒアリングやどのような動画を制作するのが良いかについての詳細打ち合わせを行います。動画アカデミーでも何度かご紹介している通り、一言で動画といってもその表現手法は千差万別。企業が動画制作をする目的に応じて適切な表現手法を選択する必要があります。対面での打ち合わせで詳細のイメージすり合わせをしながら、アニメーションか実写か、尺はどれくらいにするのか、などどのような動画に仕上げていくのが良いのかプロも交えてディスカッションをします。完成イメージが湧かずに不安な場合は企画書などの絵コンテをもらう、実績に不安がある場合は過去の制作実績を見せてもらう、なども可能です 

 3. 見積もり・発注確定 

詳細打ち合わせの内容をもとに、動画制作会社から正式見積もりをもらいます。打ち合わせで話した動画のイメージや予算・納期などに合意をしたら、発注手続きを行います。なお、このタイミングで発注の意思決定ができない、不安点がある場合は、さらなる情報提供を求めることができる場合もあります。 

 4. 詳細のヒアリング 

正式に発注手続きが確定したら、実際に動画制作にあたって必要なより細かな情報をヒアリングされます。ここでは実際に動画を活用してどのような効果を得たいのか、クリエイティブの具体的なイメージ(実写か否か、どのような音楽を使うか、ナレーション形式か否か、など様々)、参考動画、など細かな情報まで記入します。 

 5. キックオフ 

詳細のヒアリングをもとに、動画制作にあたって必要なメンバーのアサインが行われます。この場で実際に動画制作を指揮するディレクターなども交えて、最終的な動画イメージのすり合わせを行います。この工程で制作スケジュールなども含めて動画制作を開始する前の準備を全て完了させます。 

 6. シナリオ作成 

キックオフで定めたスケジュールやステップに応じて実際に動画制作を開始します。まず動画の骨子となるシナリオを作成します。このシナリオ作成は動画の内容にもよりますが、1週間〜2週間程度で完了します。このシナリオを確認しながら、動画制作担当者とともに内容をブラッシュアップしていきます。 

 7. 映像編集開始 

シナリオが確定したら、実際に動画制作の要である映像編集に着手します。この工程になればプロの仕事です。キックオフでアサインされた動画制作チームが連携しながら、ナレーションや動画に登場するキャストのアサイン、撮影・編集などを行なっていきます。このまま完成品ができるのを待つこともありますが、制作過程の途中でもイメージに相違がないように発注主に途中確認を挟みながら制作を進行していきます。 

 8. 納品・アフターフォロ 

ようやく完成した動画が納品されます。発注内容にもよりますが、通常は納品後に最終の修正工程を挟むことも可能です。また、最近は納品して終わりではなく、効果を最大化するためにGoogle Analyticsでの分析環境の構築や、PDCAを回すためのアドバイス、オプションで動画広告の運用など様々なサポートを提供している企業が多いです。 

 

さいごに 

いかがでしたでしょうか。もちろん本記事で紹介した限りではありませんが、動画制作をする上で踏むべき重要な工程についてご紹介しました。プルークスでもこのようにお客様とともに動画のクオリティを高めるための工程を踏んでいますので、動画制作をご検討の方はぜひお気軽にお問い合わせください。 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ