動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【集客成功間違いなし】展示会動画で集客を成功させる3つのポイントをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの企業ブースが立ち並ぶ展示会において、動画コンテンツは集客や商談に欠かせないものです。
しかし、同じように動画を流していても素通りされてしまうブースもあれば、多くの人が足を止めて動画を見ているブースもあります。この記事では、自社のブースに来場者を引きつける動画の活用方法などについて紹介していきます。

 

展示会で動画を用いるメリットと効果とは?

動画を用いるメリットの1つにあげられるのが「集客」です。具体的には、通路に面した壁などにディスプレイを設置し動画を流し続けます。
ここで流す動画は、通りかかった人が思わず足を止めるような、目を引くものでなくてはいけません。聴覚と視覚の両方に訴えかける、アイキャッチ効果の高いものを準備しましょう。

また、「短時間で多くの情報を伝達できる」ことも動画のメリットであり、商品説明などに役立ちます。スタッフによる口頭での説明と比較すると、内容やクオリティが統一された情報をピンポイントに伝えることが可能です。

 

展示会動画の種類

展示会で使われる動画は、目的別に3つに分けることができます。

1 商品紹介
情報の一部をあえて見せないティーザー動画で来場者の興味を引き、詳細を知りたいと思わせます。また、動画を活用することで、展示会で実物を見せられない大型の工作機械や現場風景、品質実験の結果などを詳しく紹介することが可能です。動画には紙のパンフレットや口頭での説明にはない説得力があります。

2 会社・事業紹介
自社の強みやセールスポイント、サービスや商品の具体的な導入事例、ユーザーの声などを紹介し、会社の知名度そのものを高めます。事業に参入したばかりで知名度が低い場合や、自社を知ってもらう必要がある中堅企業には特に重要です。

3 商談をスムーズにする
商談の前知識として伝えたいことを動画で流し、商品やサービスについての基礎知識を持ってもらったうえで理解を促します。説明に関するステップを省略できるため、商談をスムーズに進められます。

展示会動画の目的と種類を知りたい方はこちらもチェック

さらに詳しく展示会動画の目的と種類を知りたい方はこちらもチェック▶

 

展示会動画の3つのポイントとは?

展示会で流す動画は、出展する目的に合わせたものにする必要があります。
認知度を高めたいという目的で出展したのであれば、通路を行き交う来場者に向けて尺の短いティーザー動画やインパクトのあるアイキャッチ動画を繰り返し再生し、きっかけを作りましょう。

そのうえで、自社ブースの中では興味を持って足を止めてくれた来場者に向けてストーリー性のある長めの動画を見せます。

目的と施策の方向性を揃えることで高いコンバージョン率が期待できます。逆にいえば、業界最大手といわれるような企業が会社や事業紹介の動画を流しても効果は薄いといわざるを得ません。

 

②動画を十分に活用する

展示会に出展する企業の多くは、リード獲得や商品・サービスの認知度向上といった目標を持っているはずです。
ビジネスのきっかけを得るための場である以上、ブランドのイメージ動画を流すだけでは十分に動画を活用しているとはいえません。

営業ツールとして活用するのであれば、製品紹介を動画に任せ、スタッフはイレギュラーな質問に対応するといった役割分担も1つの方法です。動画は決まったことを繰り返し伝えるのに向いているのに加え、展示会では実演できない商品や持ち込めない大型商品の紹介も可能です。

③安心感を訴求しイメージアップを図る

商品やサービスが安全・安心なものかどうかは、取引にあたってもっとも重要視されることの1つです。
安心感を持ってもらうために、製造現場の様子を公開したり、セキュリティ対策について詳しく紹介したりすれば他社との差別化を図れます。

展示会では閲覧者が限られるため、ウェブ上では公開できない部分まで見せることが可能です。
展示会に足を運ぶ企業の購買担当者や決済者にそういった点をダイレクトにアピールすることで、大きなアドバンテージとなります。さらに展示会で有効的な動画や動画活用方法、事例などを基に、展示会動画のノウハウを知りたい方はこちらの資料がおすすめです。

 

展示会動画の注意点

展示会動画の注意点

展示会では、歩きながらあちこちのブースを見る人が少なくありません。
また、周囲の話し声などで動画の音声をうまく聞き取れないこともあります。離れた位置からでも内容や企業名を認知してもらえるよう、音声を補完する意味でも大きめの文字でテロップや字幕をつけましょう。

また、参加者は展示会に出展している膨大な企業を見て回っています。1つのブースにたくさんの時間を費やせないことを前提に、長すぎる動画は避けることが重要です。
立ち止まってもらうための動画は15秒から30秒程度、商品紹介なども5分から長くとも15分程度に収めます。展示会用の動画は長さよりも、多くの企業の中でも埋もれず印象に残ることを重視するといいでしょう。

展示会動画の注意点

展示会動画の注意点

実際に展示会で活用されている動画をご紹介します。
「OG Wellness」の展示会動画は、介護やリハビリ機器などのさまざまな製品を3分半にわたって3DCGで紹介するものです。
メーカーについて知らない人でも思わず足を止めるリアリティとスタイリッシュさがあり、加えて清潔さも感じさせます。

OGWellness展示会用_製品紹介CG映像

「東京海上アセットマネジメント」の動画は、会社紹介として働く人にスポットを当て、撮影場所や風景にこだわったインタビュー映像を軸に構成されています。
テロップを流すことでより内容を分かりやすくし、数値はグラフを使って表すことで視覚的に理解できる構成になっているのが特徴です。

東京海上アセットマネジメント様_東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン プロモーション映像

 

目的を明確にして展示会動画を効果的に活用しよう

目的を明確にして展示会動画を効果的に活用しよう

展示会では、認知度向上やリード獲得といった出展目的に沿う動画を上手に活用することで高い効果を上げることができます。
そのためには見て目を引くインパクトや、短時間で安心感を与える構成にすることが必要です。
展示会用の動画制作で迷ったときは、プルークスに是非ご相談ください。

展示会動画の制作実績は以下のバナーから閲覧することが可能です。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ