動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

実施企業数急増!バンパー広告で効果を出すクリエイティブとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年、利用ユーザー数が全世界で10億人を超えたという記事が、youtubeの公式ページで発表されました。この数字は、なんと全インターネットユーザー数の3分の1を占めるそうです。

それほど、多くのユーザーに利用され、また、企業の広告媒体としても高い価値を持ち、利用されるyoutubeですが、その中でも注目されるサービスがバンパー広告です。 最近では、大手企業を中心に利用企業が増加し、至る所でこの6秒動画を視聴します。 今回はそのバンパー広告では、その広告特徴を踏まえて、どのようなクリエイティブにすれば良いかをご紹介します。

 

バンパー広告とは?

2016年5月に開始したバンパー広告。YouTubeで動画の再生前に流れるインストリーム形式の新たな動画広告で、尺は6秒に限定されるのが最大の特徴です。このバンパー広告ですが、Googleの公式ページでは、バンパー広告を「動画の俳句」と表現しています。 “” これまでのtrueview広告では、インストリーム形式で、5秒以降にスキップができる仕組みでした。

しかし、このtrueview広告では、ますますユーザーがモバイル化していく中で、尺が15~30秒となると非常に煩わしく感じられ、結果スキップされ視聴してもらえないという課題がありました。 そこで、尺は短いですが、伝えるポイントを1メッセージに絞り込み、印象に残る動画で購買意欲を刺激するという発想から考えられたのがバンパー広告です。

 

バンパー広告はどのようなクリエイティブを企画すればよい?

バンパー広告は6秒という特徴柄、クリエイティブを企画する際に、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。

 

1.「伝える要素を絞りこむ」

企業のマーケティング担当者とお話しをさせていただく際に多いのが、商品やサービスの特徴を色々と入れたくなるということです。しかし、バンパー広告の尺は、6秒しかありません。6秒の中で、あれもこれもと伝えようとしてしまうと、結果伝わらない動画になってしまいます。そのため、まずは何をコンセプト、軸とするのかを企画しましょう。 絞り込む際には、次の点を意識することが重要です。

ターゲットがメリットと感じるメッセージか?

6秒の中で訴求するには、その言葉がターゲットのニーズとマッチしている必要があります。ターゲットに響かないメッセージでは何度刷り込みを行っても記憶には残りません。よりペルソナ作業には注力しましょう。

分かりやすく記憶に残る言葉表現か?

言葉には、長すぎると覚えられないという特徴があります。そこで、10文字以内の分かりやすいキャッチコピーになっていることで人の記憶に残りやすくなります。

「うまい 安い 早い」

「お口の恋人」

「あなたとコンビに」

今となっては日々聞いている言葉ですが、全て10文字以内です。

 

2.印象づけるために「伝える1メッセージ」は大げさに!

6秒の動画を通して、視聴者に印象に残ってもらうことが大きな目的になります。そこで、伝えたい1メッージは、あえて大げさに演出することで注目力を高めることができます。 下記の事例はその伝えたい1メッセージを大げさに演出している事例になります。

出典元:ドコモの大容量!ウルトラパック「速度制限の男」篇

こちらのドコモウルトラパックの広告ですが、ウルトラパックを強調するために、動画視聴でよくあるフリーズしてしまうことを広告の中で演出しています。

出典元:花王 ハミングファイン DEO EX 汗るオレ。~球場篇~ 動画広告

こちらの花王様の動画では、「汗るオレ」というキーワードを軸に、様々なシーンで焦る男性の気持ちを演出しています。

 

3.動画コンテンツは1本ではなく複数本企画

最後に重要なのがクリエイティブコンテンツの本数です。バンパー広告では、尺は短いため1メッセージに絞りこむ必要があると先ほどお伝えしました。しかし、伝え方が1パターンになってしまうと逆に悪印象を与える結果になります。そこで、1メッセージに絞り混むことを前提に、そのメッセージを違った角度、シーンで演出し、伝え方を変えていきます。 先ほどご紹介した花王様の「汗るオレ」シリーズでは、なんと10本の動画を展開されています。

出典元:花王 ハミングファイン DEO EX 汗るオレ。~フェス会場篇~ 動画広告

出典元:花王 ハミングファイン DEO EX 汗るオレ。~廊下篇~ 動画広告

出典元:花王 ハミングファイン DEO EX 汗るオレ。~仕事の打ち上げ篇~ 動画広告

 

このように1つの伝えたいメッセージを様々なシーンで伝えることで、より印象に残る動画にすることが可能になります。 バンパー広告は、モバイル化されている現代だからこそ誕生した広告手法です。 YouTubeでは、バンパー広告と通常のTrueView広告を連動させることで、より効果が見込めることを推奨しています。

そこで、バンパー広告を使い、まずユーザーにリーチし、次にtrueviewを含めた各WEBマーケティング施策をリターゲティングしていくことで、全体のコンバージョンを高めることにつながるかもしれません。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ