動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

ストーリーテリング動画とは?消費者から共感を得るためのプロモーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年企業や商品・サービスのプロモーションをする上でストーリーテリングの手法が注目されてきています。ストーリーテリング自体は元々ある手法ですが、消費者がSNSを常に使うようになったことで、今まで以上にプロモーション手法としてストーリーテリングの効果があることが明らかになってきている点が理由として挙げられます。

今回はこのストーリーテリングの手法が注目されている理由と活用する上でのポイントを解説していきます。新たにプロモーションを検討している方は是非参考にしてください。

ストーリーテリングとは?

そもそもストーリーテリングとはどのような意味で、どのようなときに利用されるのでしょうか?こちらでは、そもそもストーリーテリングとは何のことなのかを解説していきます。

ストーリーテリングの概要

ストーリーテリングとは、企業や商品・サービスを紹介するときに単にデータや事実を積み重ねた内容を伝えるのではなく、ストーリーや実際にあったエピソードを交えて紹介するような手法を指します。

例えば、ある自動車を紹介するときにその車の機能や価格などを紹介するのではなく、その車を購入した家族のエピソードを伝えるような形にすることで視聴者に内容に感情移入をしてもらうこと狙った訴求や、企業のミッションやビジョンなどを社外に伝えるときに、創りたい世界観をストーリーにすることでより共感を得る効果を期待しているケースなどがあります。

ストーリーテリングと動画

ここまで説明したストーリーテリングは動画という手段を用いて訴求するケースが増えてきています。もちろん近年動画プロモーションが成長していることも挙げられますが、ストーリーを伝える上で一番視聴者に伝わりやすい方法が動画である点が一番の理由と考えられます。

動画であれば、文字などの情報が少なくても、伝えたいストーリーをわかりやすく伝えることが可能です。実際にテレビCMなどでも多くのストーリーテリングな内容が使われてきているのです。

ストーリーテリング動画が注目されている理由は?


出典元:BRANDED MOVIE LAB

消費者のモノに対する価値が変化してきている

元々消費者は商品を購入するときはその商品の機能性や価格などで判断することが基本でした。もちろん今でもその点は重要なポイントであることは変わりないのですが、一方で多くの商品やサービスが出てきたことでそれぞれの差別化するポイントも以前と比べると少なくなってきている現状もあります。そして、インターネットが発達したことで消費者は多くの情報を収集ができる環境で何かを購入するときに迷ってしまうような状態になってきているのです。

上記のような流れから消費者は購入するときに「感情」という要素も判断指標に含まれてくるようになりました。ある商品を購入することでどのようなストーリーがあるのかであったり、その商品が作られた背景などを知ることだったりで、よりその商品に対して興味を持ち、最終的に購入まで至るというケースが近年増えてきているのです。このように「感情」に対しての訴求としてストーリーテリングは重要な役割を担ってきています。

SNSの普及で企業と消費者のインタラクティブ性が加速している

近年SNSの普及により、今までは企業から消費者という情報の流れから、企業から消費者もあれば、消費者から消費者、消費者から企業という様々な情報の流れが登場してきています。

このことにより、企業が伝える内容がSNS上で拡散され、より多くの人に企業や商品、サービスに対しての共感・ファンを得ることが期待できます。そして、そこで共感した消費者と企業が一緒になってその世界観を創り上げて行くことができるのです。

ストーリーテリング動画を出す上でのポイントは?

ターゲットがイメージできる内容にする

ストーリーテリング動画を作る上で、重要となることは、いかに視聴者からの共感を得られるかという点になります。その時に視聴者が普段生活する中でなかなかイメージつきにくい内容だと共感が得られにくい傾向があります。極力視聴者が感情移入できるようなシチュエーション・構成にすることを心がけましょう。

また、もしメッセージ内容的に上記のようなことが難しい場合は、描写を視聴者から見てもわかりやすくすることで対応することも手段の一つです。

リアルな内容を訴求する

一つのストーリーテリングの作り方として、ノンフィクションなメッセージを伝える形があります。商品を利用したユーザーがどのような背景で使い始め、使ったことでどのような世界になったのかをストーリー仕立てで伝えたり、訴求したい商品がどのような想いで完成したのかを伝えたりする形です。

「実話に勝るものなし」と言われることもあるように、消費者の共感を得る一つの方法としてリアルなストーリーを伝える方法もあります。


まとめ

今回はストーリーテリング動画に関して解説しました。ストーリーテリング動画において一番重要なポイントは消費者からの共感を得ることです。多くの商品が流通し、情報過多化してきているこの世の中では、消費者に共感し、ファンになってもらうことがプロモーションする上で大切になってきています。その方法として、是非ストーリーテリング動画を用いてみてはいかがでしょうか?

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ