動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

採用動画の効果とは?費用対効果などメリット・デメリットを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用動画でイメージアップ

採用動画を上手く活用することで、今までよりも多くの求職者を集められるようになった企業が増加しています。それほど採用動画の重要性が高いということです。動画は、文章や口頭では表現できないというデメリットを改善し、より深い情報提供が実現できるので、求職者にインパクトを与えられます。

現在、採用動画の使用を検討している企業は、動画によってどんな効果が得られるのか、制作費用の目安はどれくらいなのかが気になっているでしょう。動画制作にかかる費用の仕組みや相場、採用動画を制作するにあたって、費用対効果のある作品に仕上げるためのポイントをご紹介します。

採用動画の重要性とは

多くの求職者に企業や業務内容を知ってもらい、そこで魅力を感じてもらうためにも「採用動画」は欠かせません。現場のリアルな姿を紹介するには、動画が一番効果的です。企業がここまで採用動画の制作にこだわる理由は、「エントリー数を増やしたい」という目的にあります。

求人募集に関する企業の悩み

毎年、各企業が採用情報や企業説明を行っている中で、多く悩まされているのが「求職者の人数と質の向上」です。

採用するなら質の高い人材を採用したいと考えるのですが、それを満たすための人数が集められなければ意味がありません。そのため、求人数と質の向上を求めている企業で溢れているのが現状です。

そういった企業たちが、近年から取り入れているのが「採用動画」です。この取り組みを始めてから、例年の倍以上もする求職者を集めることに成功した企業が増えたという事例があることがきっかけとされています。

採用動画は使い方次第で、多くの求職者に発信できます。公式サイトやSNSなどのツールでも使用できるので、求職者は説明会の会場に足を運ばなくても、好きな時間にいつでもチェックできます。

また、企業説明会の会場確保・設置や職員の作業負担などが不要となるので、企業のコスト削減にも繋がります。

このようなことから、多くの企業が採用動画を積極的に導入しています。

採用動画を取り入れることで得られる効果

近年、「採用動画」を使った企業が増えているということをご存知でしょうか。これは、就職経験のない方を対象とした、企業の魅力をより深く知ってもらうための動画です。

今では、YouTubeを中心に個人で動画を楽しむという環境が当たり前のようにできる時代の波に上手く乗って、企業の採用情報を提供したのが「採用動画」です。

就職経験のある方ならまだしも、そんな経験がない学生にとって、会社で働くイメージが湧かないということもあるでしょう。そんな社会経験のない学生にとっては、文章や口頭で企業説明をされるよりも、動画の方がもっと身近に感じられるのです。さらに、採用動画なら会社説明や仕事内容など難しい内容を短時間でシンプルに説明できるので、相手の興味を惹くこともできます。

それに加えて、BGM、演出者、メッセージなどの編集次第でよりインパクトのある内容にできるので、企業が求めている求職者が集まりやすくなるのです。

実際に配信されている採用動画

採用動画の多くは、企業のイメージやコンセプトを軸に制作しているものが多く感じられました。

CyberAgent Recruit Movie 2018/サイバーエージェント新卒採用動画2018 – YouTube

 

企業のイメージを動画で全面的に表現している作品となっています。常に新しいことにチャレンジし、最先端の企業を目指している印象がとてもインパクトに残ります。

明光義塾 合格ドキュメンタリームービー「ありがとう」フルバージョン – YouTube

 

受講生の生活を中心にした動画にすることで、講師と生徒の絆を伝えたストーリーに仕上げています。映像の中に隠された感動のひとつひとつが、塾の講師になる夢を持っている方にとっても仕事のやりがいとして伝わってきます。

Yahoo! JAPAN採用ムービー – YouTube

 

実際に勤務している職員にインタビューをすることで、職場環境や業務内容などを知ることができます。また、リアルな職場の雰囲気がつかめるので、実際に働いている自分を想像しやすくしている部分が、求職者の心を動かすポイントになっていると考えられます。

採用動画の制作にかかる費用

採用動画の制作を専門業者に依頼する場合、プランによって費用も様々で、安くて10万円、高くて100万円を超えることもあります。高額費用になる原因は、やっぱり内容にこだわってしまうことにあるようです。複雑な依頼をすれば、それなりに技術も必要となってくるので、費用も高額になる傾向があります。

費用の仕組み

動画を見る方にとって伝わりやすい内容に仕上げるには、構成や画質、クオリティが求められます。これをすべて実行するには、プロの制作業者に依頼をするのが一番です。では、実際に動画制作を依頼する場合、どういった点に注意すればいいのかをまとめてみました。

人材費

動画作成には、どうしても人材費用が発生します。例えばプロデューサー、ディレクター、構成作家、カメラマン、編集スタッフなどです。ストーリー動画を制作する場合、ナレーター、モデル、スタイリストなども必要となります。ひとつの動画を制作するだけでもかなりの人材がかかわるのです。

機材費

制作業者がどんな機材を使用するかによって費用も変わってきます。使用する機材のグレードが高ければ、その分費用も高くなります。カメラひとつでも、いろんな種類のタイプや機能があるので、事前にチェックしておきましょう。

費用を最小限に抑えるには

動画制作で最も費用がかかってしまうのが、人材費と機材費です。この2つをいかに抑えられるかによって、制作費用が変わってきます。

その方法とは、「事前に撮影データを準備しておく」ことです。
前もって撮影しておいたデータを制作会社に持っていくことで、制作費を抑えることができます。

例えば、インタビュー映像だと社内の明るい場所で撮影したら、それを追加・編集作業するだけです。そうすることによって、必要以上に機材を使用することもありませんし、最小限の機材だけで十分に採用動画の制作ができます。
場合によっては、もっと費用を削減できる可能性もあります。

採用動画の費用対効果

企業にとって一番気になるのは、採用動画を制作することで費用対効果があるのかどうかという点でしょう。せっかく採用したとしても、直ぐに辞めてしまわれると、せっかくの費用が無駄になってしまいます。

仮に、月給18万円で採用期間が3か月あるとします。その間に辞めてしまう人がいたら、1人当たり広告費用+3か月分の給料を無駄にしてしまったという計算になります。このリスクは、大手になれば倍以上の費用を無駄にしてしまっている可能性もあるのです。

これを考えると、採用動画の制作に熱心に取り組んだ場合、その費用と手間を考えれば、十分な価値があると考えられます。なぜなら、その採用動画を見た求職者のほとんどが、企業や業務内容に興味を持った方だけがエントリーしてくるからです。

企業が求めている人材をターゲットにした動画作成に力を入れることで、魅力的なコンテンツを作成することができます。よって、理想の人材を1人採用することで採用動画の費用は回収できるでしょう。

制作した動画の効果を確かめる方法

制作した採用動画にどれくらいの効果があるのかを確かめる方法は、以下の3つです。

・動画の再生数

・動画の拡散数

・視聴者の声

この3つの成果が良好であれば、採用動画として大きな結果を出してくれるはずです。近年では、スマートフォンやパソコンを使って簡単に動画再生・投稿ができるようになり、ますます動画への関心が高まっています。

しかし、動画のパターンは似たようなものばかりが溢れてしまい、よりインパクトのある動画を制作しない限り、注目を集めることが難しくなりました。

素人の動画ではあまりインパクトのある動画を制作することが難しく、思ったような結果が出せないというのが現状です。多くの方の注目を集めるためにも、やはり、プロの制作業者に依頼することが大切です。

利用次第で求める人材が集まる

採用の本来の目的は、「企業に合った人材を見つけて、長く勤めてもらうこと」です。企業が求める人材を採用したいと考えるなら、企業に関する情報を動画に盛り込んだ採用動画を使って、求職者に全面的にアピールしましょう。

まだ採用動画を制作していない企業は、「採用動画の効果」「動画制作にかかる費用」「費用対効果」の3つを考慮して取り組んでみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ