動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

飲食店紹介の動画はこう作る!メニューや店舗撮影のやり方とは



このエントリーをはてなブックマークに追加
飲食店紹介動画の撮影方法とは

飲食店の集客を増やすには、チラシや新聞、看板、SNSやホームページで宣伝するなど、たくさんの方法があります。お店の魅力を伝えてお客様に来店していただくために、これらの媒体やメディアを活用している飲食店は多いでしょう。

キレイで美味しそうに見える料理の写真や、それを説明する文章を掲載したり、看板やホームページは目を引くような凝ったデザインにしてみたりと、さまざまな手法で集客UPに取り組まれていることと思います。

今回は、数ある集客方法の中でも、とくに効果的な飲食店の紹介動画に関して、動画のメリットや基本構成や制作方法のポイント、紹介動画の事例までご紹介します。

飲食店紹介動画のメリット

紹介動画には動画ならではのメリットがあり、そのメリットがもたらす集客効果は私達が思っている以上に大きいものです。

飲食店紹介動画を制作する予定なら、メラビアンの3Vの法則というものを理解しておきましょう。3Vとは「言語(Verbal)」「聴覚(Vocal)」「視覚(Visual)」という3つの情報を指します。3Vは人の記憶への影響があり、それぞれの割合は以下の通りです。

 

・言語(Verbal)・・・7%

・聴覚(Vocal)・・・38%

・視覚(Visual)・・・55%

数字が大きいものほど、記憶に大きな影響を与えます。ほとんどの動画には、3Vが全て含まれていますよね。さらに細かくメリットを解説します。

 

情報量が多い

動画は、伝えられる情報が圧倒的に多いことが特徴です。文字だけや写真だけの場合に比べて、その情報量は5,000倍、または1分の動画で約180万字に相当する情報量とも言われています。動画は制作に費用がかかる場合もありますが、情報を伝えるということにおいては圧倒的にコストパフォーマンスが高いと言えます。

 

覚えやすく、忘れにくい

お店の存在を覚えていない、または思い出せないと、お店に行くことは絶対にありません。

動画はチラシやホームページに比べて、こちらが伝えたいイメージが短い時間でダイレクトに伝わりやすいため、記憶に残りやすく忘れにくいこともメリットのひとつです

 

コストがかからない場合もある

最近では、スマートフォンのカメラ機能も向上していて編集も可能なアプリもあり、撮影→編集→公開まで、あまり労力や時間・費用をかけずに制作することも可能です。もちろん、プロが制作した動画には劣るかもしれませんが、サッと動画を作れるのはとても魅力的はないでしょうか。

飲食店紹介動画を制作する前に

しっかりとした集客効果を得られる飲食店紹介動画を制作するためには、制作前の準備段階で、ターゲットと構成をどれだけ考えられているかが重要なポイントになります。

 

ターゲットを明確にする

飲食店の紹介動画を制作するにあたり、一番重要だとも言えるのがターゲットを明確にすることです。

あらかじめターゲットを決めておくことで、そのお客様に「このお店に行きたい!」と思ってもらえる動画を制作しやすくなり、結果として集客に繋がります。反対に、ここを疎かにしてしまうとあまり印象に残らない紹介動画になってしまうため、ターゲットに魅力的だと思ってもらえず集客に繋がらない可能性があります。

動画を制作しながら考えるのでは余計な時間がかかってしまうため、必ず制作前に最低でも以下のポイントを考慮して、ターゲットを明確に決めましょう。

 

・お店のジャンル

・お店の特徴

・周辺環境

集客に繋がるターゲットとして適切なのは、お店に行きたいと思っている人や、関心をもっている人です。お店がオフィス街にあるならビジネスマンやOL、住宅街にあるならファミリーなど、お店の特徴や周辺環境も考慮してターゲットを決めましょう。

 

わかりやすさを重視した構成にする

お店の特徴や魅力など紹介したいことはたくさんあると思いますが、あまりに尺が長いと、最後まで見てもらえない可能性があります。

動画は写真や文章に比べて、短い時間でも伝わる情報が多いため、構成がしっかりしていれば尺がそれほど長くなくても伝わります。集客UPを目指すなら、短すぎず長すぎず、シンプルでわかりやすい構成にしましょう。

紹介動画を見て初めてお店の存在を知った方でも「このお店に行きたい」と思わせる、かつお店までの行き方がわかる構成が理想的です。

飲食店紹介動画の基本要素

集客UPを目的とした紹介動画に必要な基本要素を、簡単にご紹介します。

 

お店の特徴

飲食店紹介動画を見て、お店に興味をもってもらうために必要な要素です。

・こだわり

・魅力

・雰囲気

・おすすめ料理

 

スタッフ紹介

初めて行くお店なら、どんなところだろうと不安に思う方もいらっしゃいます。スタッフ紹介で人柄を伝え、お店の雰囲気を伝えることで、不安を解消できます。

・店長

・料理人

・店員

スタッフだけを撮るというよりは、料理風景や店内の雰囲気などとあわせて撮影すると、より来店したときのイメージがしやすい動画に仕上がります。

 

お店の基本情報

紹介動画を見た後、来店いただくために絶対に外せない要素です。

・店名

・ジャンル

・営業時間

・電話番号

・場所(アクセス)

集客UPのために、これらの要素がわかりやすく伝わるような構成を考えてみましょう。

飲食店紹介動画の制作方法とポイント

ここでは一例として、初めての方でも来店しやすい飲食店紹介動画の制作方法と、ポイントをご紹介します。

 

1.アクセス

交通が便利な立地なら、最寄り駅からお店までの道のりが徒歩何分かかるかもあわせて紹介しましょう。道のりが長い場合は早送りに見えるようにしたり、少し複雑な場合は、目立つ建物がはっきり見える静止画を挟んだりするなどの工夫をすると、わかりやすくなります。また、駐車場があるならこのタイミングで紹介しておきましょう。

 

2.料理

料理を撮影するときは、「美味しそう」「食べたい」と思わせるための工夫が大事です。でき上がりの料理を見せるのはもちろんですが、でき上がりの少し前から、実際の料理シーンを撮るといいでしょう。

例えば、華麗な包丁さばきや盛りつけ、豪快で迫力のあるフライパンで炒めるシーンや冷えたドリンクを注ぐシーンなど、臨場感のあるシーンを撮影しましょう。この段階で、料理人・店員のスタッフ紹介や、おすすめメニューと価格などを紹介するとより効果的です。

 

3.店内の雰囲気

お店の内装や雰囲気がうまく伝わるように撮影しましょう。

カフェなら日差しがあってゆっくりと過ごせる雰囲気や、居酒屋ならたくさんの人で賑わっている様子、高級レストランなら昼夜で景色や内装が違って見えるところなど、お店のスタイルにあわせて撮ると良いでしょう。

 

4.スタッフ紹介

動画の基本要素でも解説しましたが、初めて来店される方の不安を解消するためにも、スタッフ紹介を動画に取り入れると良いでしょう。

スタッフ1人ずつ撮影すると尺が長くなってしまうため、数名に絞っても問題ありません。ただし、スタッフが元気に明るく見えるように工夫して、良い印象を与えられるように撮影することが大切です。なお、料理シーンでうまく撮影できている場合は、スタッフ紹介を割愛しても問題ありません。

 

5.基本情報

最後に、お店の基本情報である店名・営業時間・電話番号を紹介しましょう。シンプルにこの3つを見やすくまとめた静止画でも大丈夫ですが、お店のスタイルにあわせて動画にするか静止画にするか、さらにナレーションをつけるかなどの点を検討しましょう。

思わず脚を運びたくなる!飲食店紹介動画3選

いきなり!ステーキ六本木店

いきなり!ステーキ六本木店CM – YouTube

 

いきなり!ステーキのこの動画は、わずか15秒の中に外観や料理シーン、スタイル・魅力、内装・雰囲気、アクセス方法、スタッフ紹介と、たくさんの要素が入っているにもかかわらず、とてもわかりやすい構成になっています。食欲をそそる上に記憶に残る、まさにお手本のような動画です。

焼き鳥もつ鍋「えんや」

焼き鳥もつ鍋「えんや」CM【リニューアルオープン】 | 福岡 高宮 居酒屋 – YouTube

 

見るだけで、福岡とお店の雰囲気が伝わってくるような、焼き鳥もつ鍋「えんや」の紹介動画。おすすめ料理や価格、スタッフやお店の魅力など、特徴がわかりやすい構成になっています。最後に基本情報があるのもすごくわかりやすいですね。

餃子の王将

TVCM |餃子の王将「美味しい音」篇 – YouTube

 

最後は、餃子の王将です。「ワンパン食い」篇や「国産」篇などさまざまな紹介動画がありますが、こちらの「美味しい音」篇は、料理の音に注目した動画になっています。とても食欲をそそられる料理シーンと、それを食べるお客様の笑顔が印象的です。

行きたい!と思わせる紹介動画を作ろう

飲食店の紹介動画の制作は決して単純ではありませんが、今回ご紹介したポイントをしっかり押さえることで、集客に繋がる紹介動画を作ることができます。動画制作後はホームページやSNSなどのメディアを活用し、動画を多くの人に見てもらえるように発信していきましょう。

最近ではチラシにQRコードを載せて、そこから紹介動画を見てもらうという方法もあるようです。集客向上のためにも、ぜひ紹介動画を制作してみてはいかがでしょうか。

自分たちでは撮影や編集が思うようにできないが、動画のメリットを活かした集客をしたいという場合は、多少コストはかかりますが、プロである動画制作会社へ依頼することも検討してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ