動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

採用動画の最適な構成は?目的を意識して動画をプランニングしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用動画の構成について

採用動画を活用している企業が増えてきている中で、いかに自社の動画をコンパクト、かつ応募者の目に留まりやすくなるよう制作できるかが重要視されています。スッキリとまとまった採用動画を制作するには、制作の目的や構成を明確にしておくことがポイントです。制作時にありがちなコンテンツは避けて、自社のイメージに当てはまる魅力的な内容に仕上げましょう。

 

目的に沿った動画の構成を練る

たくさんの求職者を集めるためには、採用動画の構成をしっかり練ることがポイントです。動画の目的に合わせて、どのように伝えたら相手にインパクトを与えられるかという判断基準にもなるため、構成の段階でしっかり考えておきます。採用動画をどういった位置づけで活用していくのかも決めておくと、その後の制作作業もスムーズになるでしょう。

また、採用動画を制作するための「目的」は、必ず明確にしておくことも大切です。企画する段階で目的を明確にすることで、求職者へ一番伝えたい内容がブレることなく伝わる動画を制作することができます。これは、どの採用活動にも共通していることです。

建築で例えるなら、基礎工事の部分が当てはまります。ここをしっかり組み立てないと家が安定しないように、採用動画も求めていた内容とは違う仕上がりになってしまいます。

 

主な採用動画の構成

採用動画の構成は、題材にしたい内容や求職者に伝えたいメッセージも、訴求ポイントによって変わります。業務のやりがいや社風などをダイレクトに伝えるには、相手が会社のイメージをしやすくするために、目的に合った動画構成を取り入れるようにしましょう。

主な構成として、インタビュー型、コメディ型、ドキュメンタリー型といった構成があります。それぞれの特徴や適したコンテンツについて、掘り下げていきましょう。

 

インタビュー型

社員一人ひとりがやりがいを持って仕事をしている姿は、とても魅力的です。その様子をインタビュー形式で撮影します。

 

【目的】

社風を伝えるメッセージ性を中心に、会社に対するやりがいや、各社員が入社を決めた理由を求職者に伝えることを目的としています。

【構成内容】

特定の社員をインタビューしていきながら、展開を進めていく構成の動画です。事業別に社員をピックアップして、それぞれが感じている会社への思いや、自分の仕事に対する思いを語っていきます。最後に、社長による社員へのコメントを載せるという内容です。

若手社員インタビュー ~やりたいことを実現する ソニーへの情熱~ 【ソニー公式】 – YouTube

 

コメディ型

インパクトのある内容に仕上げることができれば、興味や関心を惹きやすくなります。成功すればネット上に拡散されるかもしれません。

 

【目的】

「最後まで動画を見てもらいたい・会社を知ってもらいたい」という目的があります。この構成の強みは、まさに「伝播力」です。

【構成内容】

会社が掲げる指標をアニメーションや実写を上手く表現し、さらにテロップを取り入れる内容です。

【採用】レッドフォックス様 おしい!レッドフォックス – YouTube

 

ドキュメンタリー型

実際の社員を主人公に採用し、他の社員が主人公に対する印象や業務の取り組みを語らせることで、社風や仕事のイメージを読み取りやすくなります。

 

【目的】

この構成は、内定数よりも一人ひとりの質を求めている場合に使用すると効果的です。

【構成内容】

社員の1日の仕事風景を撮影し、リアルな業務風景をドキュメンタリーにする構成です。オープニングにシンプルなテロップを加えることで、印象に残りやすい採用動画に仕上げることができます。

-新入社員1日密着- 新卒採用 会社説明 企業紹介 (株式会社グッドライフOS) – YouTube

 

どんな構成にするのかを目的に合わせて設定することで、メッセージ性の強い採用動画が制作できます。さらに、自社のオリジナリティーを加えることでインパクト×意外性を強調できるためおすすめです。

 

動画制作でやってしまいがちなコンテンツ

「制作した動画を配信しても、思ったより募集人数が集まらなかった」という結果しか残らない企業は少なくありません。そういった企業のほとんどが、こだわりすぎてしまった採用動画を制作している傾向にあるそうです。

 

テクニカルなアニメーションやクイズ・ゲームを含んだ構成

企業の技術・実力を知ることはできますが、あまりにもこだわりすぎて、逆に何を伝えたいのかが読み取りにくくなってしまいます。かなりの高度なテクニックを盛り込まれると、「これくらいの技術を身につけていないと採用してもらえないのかな」と感じてしまう求職者も少なくありません。難易度を強調するような採用動画に仕上げるのは避けましょう。

 

キレイごとしか並べていない採用動画

あまりにもきれいごとの情報が多すぎると、「本当にそうなのかな」と疑問に思わせてしまいます。やりがいのある企業を求めて企業情報を集めているため、どんなにいい情報を配信しても相手に届きません。求職者が求めているのは、社員の日々の働き方や仕事場のリアルな情報です。相手が求めている情報を配信しない企業は、やっぱり避けられてしまいます。

 

道楽的なお遊びコンテンツやアパレルのような写真ばかりのカッコつけ採用動画

見栄えだけを重視した採用動画も、情報量やインパクト性に欠けてしまっています。確かに、企業側が欲しい人材のイメージさせるための表現方法、実際の企業イメージとマッチしていたら問題ありません。逆に、会社のイメージとマッチしていなければ、期待していた結果を残すのは難しいでしょう。

 

制作者の満足度で動画を制作しない

採用動画でやってはいけないのが、「制作側の目線で見た内容になっている」ということです。動画制作をしていると思わずやってしまいがちな行動ですが、常に誰に向けたメッセージなのかを考えてから制作するようにしましょう。採用動画を視聴するのは求職者になるため、相手に納得してもらえる内容なのかをチェックしながら制作していく流れを意識してみてください。

 

動画制作で求められるのは動画の質ではなく、企業の情報です。その点を忘れないためにも、企画段階で目的や構成をしっかり確認しておきましょう。

 

採用動画を制作する前に確認してほしいこと

動画を使った採用募集は効果的ですが、動画制作を始める前に、もう一度確認してほしい点があります。

 

動画にする必要があるかどうか

何でも動画にすればいいというわけではありません。内容によっては、動画よりも文章や写真の方が相手に伝わりやすい場合もあるからです。動画はよっぽどの動機がなければ再生してもらえないため、対象となる求職者が動画コンテンツを求めているのかどうかも、しっかり確認しましょう。

 

「どういう内容にすべきか」を重要視する

求職者がどのような内容を求めているのかを事前にリサーチする必要があります。箇条書きなど、わかりやすい方法でターゲットについて細かく洗い出してください。そうすることで、絵コンテなどにまとめて落とし込むときに、何を重要点にすればいいのかが見えてきます。

 

これを確認した上で、動画の方が伝えやすいと判断したら、制作に取り掛かるようにしましょう。その方が、余計な時間や費用を使わずにすみます。どんな求人広告が合っているのかわからない場合は、検証として動画を制作してみるのもいいでしょう。

 

動画を使って自社の魅力をアピールしよう!

動画を上手く活用することによって、想定外の結果が手に入ることもあります。そのためにも、ターゲットとなる求職者に向けて自社をアピールしなければなりません。社風や業務風景をダイレクトに伝えたいと考えている場合は、採用動画の制作をおすすめします。

これまでお伝えした「動画制作でやってしまいがちなコンテンツ」などを制作するのはなるべく避けつつ、採用動画を視聴するのは求職者であることを考えて構成を組んだ上で動画を制作することが大切です。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ