動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

オウンドメディアで動画を活用!能動的な情報発信を動画で行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはトリプルメディアを理解する

オウンドメディアというワードが先行して理解されがちではありますが、大元である「トリプルメディア」の考え方をまずは理解をしましょう。

まず、トリプルメディアは以下3つのメディアのことです。

  • オウンドメディア
  • ペイドメディア
  • アーンドメディア

そもそも「メディアとは何か」ということなのですが、メディアは「媒体」と理解して差し支えないでしょう。具体的なイメージとしては、企業とユーザーが両端にいて、間で双方を結びつけているものが「媒体」です。

以前であれば、メディアは「マスメディア」と呼ばれるTVや新聞に代表される4マスがメジャーでした。しかし、時代の変容に伴って、主にインターネットの普及により「マスメディア」だけではなく、個人がメディアとして情報を発信できるようになりました。

そのため、以前よりもメディアが増え、複雑性が増す現代において、1つのフレームワークとしてメディアの見方を整理したものがトリプルメディアです。

 

ペイドメディア

名前の通り「お金を払うメディア」、したがって広告と捉えてしまって問題ありません。以前は広告といえばTVCMや交通広告などのリアルがメインでしたが、今ではリスティング広告やアフィリエイトなどネット広告にも様々なバラエティがあります。

 

アーンドメディア

「アーンド」は「獲得」という意味で、何を獲得するのかというと、「外部からの評判」です。これは、いわゆるソーシャルメディアと捉えてしまってもんだいありません。

 

オウンドメディア

最後にオウンドメディアは「自分の媒体」なので、自社で管理している媒体のことです。例えば、自社のホームページも場合によっては自社媒体になり得ます。しかし、「自社で管理している=オウンドメディア」ということではなく、メディアなので、何かしらの媒体となり、コミュニケーションを促進していないといけません。

 

オウンドメディアの役割は「能動的な情報発信」

トリプルメディアの解説を行いましたが、オウンドメディアは単体で存在するのでは無く、他のメディアとのバランスで存在をしています。

例えば、「ユーザーの刈り取り」であればペイドメディアに任せれば良いですし、「友人のような直接的なコミュニケーション」であればアーンドメディアに任せれば良いです。

その上で、オウンドメディアの役割としては、「自社のことを能動的に情報発信すること」です。ただ黙っていても誰も自社のことを話題にはしてくれません。そのため、「自分たちで自分たちのことをネタにして情報を対外的に発信していくこと」がオウンドメディアの重要な役割となります。

 

動画を用いて運営しているオウンドメディア

オウンドメディアの役割は「自社のことを能動的に情報発信すること」であると解説しましたが、その情報発信を「動画」というフォーマットで行なっている企業があります。その具体的な事例を見ていきたいと思います。

 

ニッポンハム・食物アレルギーねっと

ニッポンハムが運営しているメディアが食物アレルギーねっとでは、メディアの名前の通り「食物アレルギー」をテーマにして各種コンテンツを更新しています。

「レシピ」のページでは、料理レシピを動画で解説しています。
今月のレシピ | 食物アレルギーねっと ~アレルギー、アレルゲン情報サイト~

 

ライオン・Lidea

Lideaでは日用品メーカのライオンらしく生活に関わる事柄を広くテーマとして扱っています。

それぞれのコンテンツでは「生活マイスター」と呼ばれる各分野のマイスターが提供をしており、非常に質が高いです。

例えば、以下の記事では画像での解説はもちろん、動画での解説まで備えられています。
汚れやニオイをさっぱりキレイに!傘を長持ちさせるための洗い方 | Lidea(リディア)

 

レッドブル・レッドブル

「レッドブル、翼を授ける」のCMでも有名なエナジードリンク大手のレッドブル。レッドブルのオウンドメディアはコーポレートサイトと一体になっているもので、珍しいタイプとなっています。
レッドブル・オフィシャル・ウェブサイト :: エナジードリンク :: レッドブル・ジャパン

レッドブル自体は言ってしまえば「ただのエナジードリンク」に過ぎないのですが、様々なスポーツイベントに協賛等をしており、「なんとなくかっこいい!」と認知している方も多いのではないでしょうか。

その認知の通り、オウンドメディアでもそのような情報発信を徹底しているように感じます。

 

以上、オウンドメディアに動画を活用しているメディアの紹介でした。振り返ってみると、動画の使い方にも「やり方の説明」と「ブランディング」があるように感じます。

オウンドメディアの目的によっては「どのように動画を使うのか」は異なってきます。ぜひ目的に沿った動画を企画してください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ