動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

デジタルサイネージの面白い事例10選!

このエントリーをはてなブックマークに追加
実際に活用された面白いデジタルサイネージ集!

デジタルサイネージ(電子看板)は、ディスプレイやプロジェクターなどの電子的な表示機器を活用し、文字や画像、映像などで情報を発信する広告媒体です。

街頭やショッピングモール、交通機関、病院など多くの場所に設置されており、見る人の興味関心を引きやすいことから高い宣伝効果が期待できます。また自立型や壁掛け、タッチパネル式、大型電子看板など種類や機能も充実しており、用途に適した宣伝広告ができるのも魅力です。

今回は、デジタルサイネージ市場の現状と、実際に設置・活用された面白いデジタルサイネージを10選ご紹介します。

 

デジタルサイネージの広告市場は右肩上がり

デジタルサイネージを活用した広告市場は、2015年から右肩上がりに拡大しています。ディスプレイの低価格化などの影響から分野や用途を問わず需要が高まっており、デジタルサイネージの新設や追加、アナログ媒体からの切り替えなどが進むことで今後も市場が拡大すると予測されているのです。

実際に、株式会社富士キメラ総研が実施した「デジタルサイネージ市場層調査2017」では、デジタルサイネージ全体の広告市場は2016年が446億円であるのに対し、2025年予測は2,250億円と約5倍に拡大するとの見込みが発表されています。

参考:『デジタルサイネージ市場総調査 2017』まとまる(2017/8/1発表 第17071号)

 

デジタルサイネージの面白い事例10選

デジタルサイネージでは文字や画像はもちろん、音声や映像も広告要素として活用できます。表現の幅が広がるため、ポスターや看板などのアナログ媒体では実現できないクリエイティブでの訴求にも挑戦できます。

すでにデジタルサイネージの特長を利用した事例がいくつかあり、人工知能(AI)と組み合わせたものや、実物と映像を織り交ぜたアート感覚で楽しめるものなど、面白い事例も数多く登場しています。

以下では、デジタルサイネージの特長を活かした面白い事例を10例ご紹介します。

 

1.デジタルサイネージと人工知能(AI)の融合

株式会社資生堂が展開するコスメブランド「マキアージュ」のデジタルサイネージ広告です。AIを搭載した交通広告としては日本初の事例で、都営地下鉄の六本木駅ホームに設置されました。

こちらのデジタルサイネージでは、歩行者の視線を追って広告を表示する機能が利用されていました。この機能は、視線の他にも高度なカメラによる認識機能で性別や年齢を判断して、広告を見た人のデータを算出できます。

加えて、映像の最後にQRコードを表示し、スマートフォンや携帯電話からのアクセスを促すように設計されているため、その場でインパクトを与えるだけでなく購買を検討する段階までつなげることが可能です。

MAQuillAGE 「Lady Present Box」

 

2.メディアで話題!広告賞を受賞した人情味あふれる広告

サントリーコミュニケーションズ株式会社と、東京メトロのコラボレーション企画によって実現した企画で、第56回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクールでデジタル部門グランプリを受賞しました。

東京メトロの主要駅に設置されているデジタルサイネージを利用し、長年勤務し定年退職を迎える駅長へサプライズを敢行。駅長が業務終了後に駅構内を点検するタイミングに合わせて、デジタルサイネージに同僚からのメッセージが流れます。

この動画は、Webや東京メトロ駅内のデジタルサイネージ、車内ビジョンで公開され、テレビやネットのニュースにも取り上げられ大きな反響を呼びました。


働くって、いいもんだ。THE LAST TRAIN|春に退職する駅員へ、終電後の駅で仕掛けたサプライズ。

 

3.各駅周辺の主要花見スポットの情報提供で認知率を獲得

東京メトロの主要13駅のコンコースに設置されたデジタルサイネージです。サントリービール株式会社が製造している「金麦」と、季節の風情を感じられる花見をより身近に、気軽に楽しんでもらうことを目的として、花見に関する有益な情報をデジタルサイネージで発信する企画が実施されました。

デジタルサイネージには、各駅周辺にある花見スポットの開花情報だけでなく、時間や天候、開花予想日などのデータも掲出したため、多くの人の注目を集めることに成功しました。加えて、定期実施された効果測定調査では、過去に行った同規模の企画の2~3倍高い認知率を獲得する結果に。次世代の交通広告として認知されています。

金麦花見サイネージ

 

4.大型ディスプレイと面白いアイデアが合わさった広告

福岡空港の国内線出発口に設置された、博多名物のお菓子「博多通りもん」のデジタルサイネージ広告です。出発保安検査場の上部、フライトインフォメーションディスプレイを挟んで左右2面に取り付けられた大型のディスプレイを連動させて映像化しています。

スケルトンの手荷物が横にスライドしていく映像は、まるでX線手荷物検査機のモニターを見ているよう。「博多通りもん」の入っていない手荷物を検出し、買い忘れないように呼び掛けるユニークな演出が思わず笑いを誘います。


「博多通りもん」 | Works オリコムの仕事 | 株式会社オリコム ORICOM CO.LTD.

 

5.デジタルサイネージによる空間演出で世界観を表現

空間演出と得意とするデジタルサイネージソリューションブランド「AcroSign」と、世界30か国・60都市以上で500万人以上の観客を動員する体験型エンターテインメント集団「フエルサ ブルータ」とのコラボレーションによって実現したデジタルサイネージです。

カメラで撮影した画像をコンピューターで認識し、周囲の停滞状況に応じてグッズや公演情報などをリアルタイムで提供。また、ディスプレイやプロジェクター、音響機器にこだわり、公演内容とマッチした空間演出を行うことで見る人の心を引きつけました。


パナソニックの空間演出ソリューション~「フエルサ ブルータ」製作委員会に参加

 

6.35面のデジタルサイネージを連動させた立体的な広告

株式会社資生堂が展開するコスメブランド「マジョリカ マジョルカ」のデジタルサイネージ広告です。

東京メトロ新宿駅構内にある9本の柱の側面に設置されている、合計35面のデジタルサイネージをショーケースに見立てて空間を演出。隣り合う画面に斜視の技法を用いた映像を流すことで、映された商品を立体的に見せています。

映像は全て連動しており、その中をブランドを象徴する鳥「マジョリカバード」が縦横無尽に飛び回ります。マジョリカバードが落とした手紙のQRコードから特設サイトにアクセスすると、占いができるという仕掛けつき。その場にいないと体験できない、印象的なデジタルサイネージ広告です。


【Majolica Museum】マジョリカ マジョルカのミュージアム!? 不思議な体験を、新宿駅で!

 

7.迫力ある映像と噴水 がシンクロする巨大なデジタルサイネージ

池袋サンシャインシティの噴水広場を彩る、大型のデジタルサイネージです。開放感のある吹き抜けの広場の正面には、大画面の高精細LEDモニターを設置。噴水の動きとシンクロするように映像が流れます。

音楽にもこだわっており、作曲家「澤野弘之」氏のオリジナル楽曲を使用している他、3D音響を用いて臨場感のある空間を演出しています。思わず立ち止まって見入ってしまう、子どもから大人まで楽しめるデジタルサイネージです。


サンシャインシティ噴水広場演出

 

8.リアルタイムデータと連動したデジタルサイネージ広告

天気、気温、時間、位置情報などのリアルタイムデータに応じて広告の出し分けができる、デジタルサイネージの常時配信サービスです。

例えば気温と連動した場合、事前に設定した気温よりも外気温が高くなると冷たい商品の広告、逆に設定した気温よりも外気温が低くなったら温かい商品の広告というように、現在の状況に合った適切な広告を表示できます。

加えて、位置情報と連動すれば、イベントがあるエリア周辺に絞って広告を配信することも可能です。


電通、リアルタイムデータ連動型デジタルサイネージの常時配信サービスを開始 ― 天気・気温・時間・位置情報に応じてコンテンツを出し分け ― – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通

 

9.競馬場を再現したデジタルサイネージ

東京メトロ丸ノ内線新宿駅「メトロプロムナード」に設置された、全長14m、高さ2mの巨大なデジタルサイネージです。

ディスプレイ付近に人工芝を敷いたり、ハロン棒デザインの柱巻広告を用いたりして、本格的な競馬場の雰囲気が再現されました。競走馬が横長のディスプレイを駆けぬける躍動感のある映像は、若年層にも興味を持ってもらえるようにクールかつポップな仕上りです。

競馬の魅力を訴求した斬新な広告は、多くのメディアやSNSで拡散されて話題に。さらに、その年のJAPAN CUPの入場者数は前年比113.4%増と大幅に増加したそうです。


ジャパンカップ競走記念 ステーションケイバ サイネージ映像

 

10.実像と映像が作り出す不思議なビジュアル

安川電機みらい館に設置されているデジタルサイネージです。高さ4.5m、幅4mの壁面には 128個のキューブが並んでおり、小型モーターによって前後の位置移動と回転動作を高速で行います。その動きに合わせてプロジェクションマッピング映像を投影し、キューブの動きをダイナミックかつ幻想的に見せています。シンプルながら、個性の光る空間演出です。


【製品設計知識】安川電機みらい館「メカトロニクス・ウォール」

 

面白いデジタルサイネージでインパクトを与えよう

デジタルサイネージ市場は、今後も科学技術の進歩とともに拡大し続けます。ポスターや看板広告のようなアナログ媒体ではできない斬新な表現が可能で、見る人にとって有益な情報や関心の高い情報を効果的に発信できるため、インパクトの強い広告を打ち出すことで高い宣伝効果が期待できます。

趣向を凝らした面白いデジタルサイネージを作成したいという方は、ご紹介した事例をぜひ参考にしてみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ