動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マス広告・デジタル広告の違とは?各媒体の特徴と効果的な手法を解説



このエントリーをはてなブックマークに追加

どのようなチャネルで認知獲得から集客を行うことでどのようなチャネルが最適なのか悩んでいる企業のマーケティング担当者の方は多くいるかと思います。その中でもよく耳にするマス広告とデジタル広告の違いやどのタイミングでどちらを使うべきなのでしょうか。

今回は両者の違いやそれぞれの特徴を解説します。プロモーション施策で悩んでいる方は是非参考にしてください。

 

マス広告とデジタル広告の違い


出典元:電通報

マス広告とデジタル広告は集客する上でメインのチャネルですが、上記のグラフを見ると、マス広告は全体の41.4%、インターネット広告費は26.9%を占めております。それぞれ具体的にどのような違いがあるのか紹介していきます。

マス広告の特徴

マス広告の最大の特徴は幅広い面にアプローチができる点です。マス広告は「テレビCM」、「新聞広告」、「ラジオCM」、「雑誌広告」を指し、一度の出稿で幅広い多くの消費者に広告宣伝することが可能です。大衆向けに広告を出すことが可能なため、認知獲得をする上では非常に高い効果を発揮します。特にテレビCMは広告出稿することで、場所によっては数万から数千万人に露出することができます。

また、副次的な効果として、それらの媒体に掲載されることでサービスとしての信頼性などを消費者に感じさせることも期待できます。以上のことから、一斉に認知獲得を狙いたい場合、マス広告はオススメのチャネルとなります。

一方で、広告費用や制作費用は他の広告チャネルと比べると高くなるケースが多いです。また、認知拡大には繋がりますが、そこから実際に商品やサービスを利用につなげるためには露出するだけでは難しい側面もあります。マス広告のみではなく、その露出してからのマーケティング設計が非常に重要です。

デジタル広告の特徴

デジタル広告は、主に「リスティング広告」、「SNS広告」、「純広告」、「アドネットワーク/DSP広告」、「リターゲティング広告」とさまざまな種類がありますが、特徴としてはインターネット上で広告媒体となります。

それぞれの広告ごとに特徴は変わりますが、マス広告との違いとしてはターゲットとなるセグメントに限定的にアプローチができる点となります。マス広告は大衆に対して面での広告配信となるのに対し、デジタル広告では商品やサービスのターゲットとなる属性に対してダイレクトに広告配信ができるため、より高い費用対効果を期待することができます。

また、デジタル広告の特徴として、広告配信に対して結果がすぐにわかるため、PDCAを早く回すことが可能で、結果的に効果を最大化させることができます。限定的なセグメントに対して、実行と改善を小さく繰り返しながら消費者を刈り取りたい場合はデジタル広告がオススメです。一方で、マス広告と比べるとやはり認知獲得する面では劣る部分があります。目的に合わせて使い分けることが良いかと思います。

 

主なマス広告の媒体

テレビCM

テレビCMは、長期間出稿できる「タイム広告」と短期間出稿できる「スポット広告」に分けられます。大衆への露出をする上では広告媒体の中では一番高い効果があり、費用面も広告媒体の中では高い金額となります。

・短期間で知名度を向上したい
・老若男女に幅広くアピールしたい
・商品やブランドの信頼度を高めたい

上記のような目的の場合はテレビCMがオススメです。

新聞広告

新聞広告は、全国紙から地方紙やスポーツ紙などもあり、掲載される場所も見開き一面の広告から記事下広告や記事バサミ広告とさまざまです。全国紙などであれば、社会的信頼性と公共性が高く信用度が増す特徴があります。

・1日で多くの人に伝えたい
・丁寧に説明できる
・地域ごとに合わせた情報を発信したい

上記のような目的であれば、新聞広告がオススメです。

ラジオCM

テレビCMと同様に「タイムCM」と「スポットCM」があるラジオ広告ですが、他のマス媒体と比べると車を運転しながら視聴する層も一定いることから到達率は低くなっています。一方で費用感は他マス広告と比べるとリーズナブルに行えることが特徴となっています。

・低コストでマス広告を実施したい
・車を運転している層がターゲットである
・ラジオならではの親しみやすさから集客数を期待したい

上記のような目的の場合、ラジオCMがオススメです。

雑誌広告

雑誌広告はファッションやグルメなどのジャンルに特化した雑誌に広告を掲載する形となり、主に「記事型広告」と「編集タイアップ広告」に分けられます。他のマス広告に比べると、雑誌ごとに読者層が分かれているため、セグメンテーションをしやすいのが特徴です。

・セグメントされた大衆に広告配信したい
・情報感度の高い人にリーチしたい
・繰り返し読まれることによる、接触回数が期待したい

上記のような目的であれば、雑誌広告がオススメです。

 

主なデジタル広告の媒体

リスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告とも呼ばれ、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを検索した時に、そのキーワードに合わせて検索結果の上位に広告を出すことができるものです。

・ニーズが明確な顕在層へアプローチしたい
・低予算から広告をスタートしたい

上記のような目的の場合はリスティング広告がオススメです。

SNS広告

SNS広告はTwitterやFacebook、InstagramなどのSNS上に掲載する広告で、最近では動画広告などの掲載も可能と、幅広い表現をすることができます。

・情報収集段階の潜在層に広告をしたい
・広告の拡散を期待したい
・低予算から広告をスタートしたい

上記のような目的の場合はSNS広告がオススメです。

 

マス広告とデジタル広告を融合したプロモーション

ここまでマス広告とデジタル広告の特徴とそれぞれが持つ媒体の紹介をしました。マーケター担当としては、それぞれの良さを活用しながら、総合的にマーケティング戦略を練る必要があります。

マス広告では、前述の通り認知拡大をする上で非常に有効です。まだ世の中に知られていない商品やサービスであっても、短期間で商品やサービスの認知獲得を可能にします。その後、獲得した認知から実際にサービス利用までの刈り取りを行う役割はデジタル広告が担います。

マス広告で商品名やサービス名を知った属性に対して、デジタル広告を出稿することでより深いコミュニケーションをすることが可能になり、結果的に最終コンバージョンである商品購入やサービス利用に促進させることができます。

それぞれ単体施策ではなく、融合させることで効果を最大化させることが可能になります。そのため、広告する上でのコンテンツ内容もマス広告とデジタル広告でバラバラに考えるのではなく、それぞれ関連性を持たせることで、ユーザー広告に接したときに同一なものとして理解させるとより高い効果を期待できます。

 

まとめ

今回はマス広告とデジタル広告の違いに関して開設しました。それぞれ目的によって最適な媒体は変わってきます。まずは今回どのような目的でプロモーションを行うのかを再度検討した上で、媒体を選びましょう。また必要に応じてそれぞれのメリットを融合させて、活用すると良いでしょう。

また、広告を配信する上で動画コンテンツの内容も重要になります。動画コンテンツを用いた戦略から実際の制作までを相談したい場合はぜひプルークスにお問い合わせください。

加えて、プルークスのWebCM・テレビCM制作実績はこちらからご覧いただけますので、ぜひご参照ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ