動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画におけるコンテンツマーケティングとは?ユーザー層に適した効果的な活用事例をご紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加

動画マーケティングは、今や大企業のみならず中小企業でも活用されています。その理由は効果が高いことが広く認知されたからにほかなりません。動画はもはや売り上げを伸ばすだけのものとは限らず、マーケティングツールとして欠かせないものとなっています。
この記事では、動画マーケティングを成功させるポイントや活用事例について紹介します。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングの「コンテンツ」とは、「内容」「中身」といった幅広い意味がある言葉です。その中でデジタル化されている映画、動画、漫画やイラスト、記事といったものが「デジタルコンテンツ」と呼ばれています。

さらに、ウェブサイト上で公開され、インターネットを介して閲覧できる動画や記事が「ウェブコンテンツ」、スマホ向けに最適化されたものが「モバイルコンテンツ」です。こういったさまざまな形のコンテンツを利用したマーケティングをコンテンツマーケティングといいます。

 

コンテンツマーケティングにおける動画の役割とは?

コンテンツマーケティングで使われる動画には次のようなものがあり、それぞれ果たす役割が異なっています。

1 ブランディング動画
商品やサービスを直接的に紹介するのではなく、企業やサービス全体のイメージを伝えることで認知と集客を狙う動画です。例として閲覧者の感情に訴えかけるストーリーを重視したものなどがあげられます。

2 紹介・ハウツー動画
商品やサービスの機能・使い方を分かりやすく伝えるための動画です。実際の操作を目で見て確かめられることで成約率や購買率アップにつながると同時に、利用頻度の向上を図ることができます。

3 インフルエンサーを活用した動画
インターネット上で影響力のあるインフルエンサーに実際に商品を使ってもらい、感想をレビューしてもらうことで閲覧者へ向けてプロモーションを行う動画です。認知や集客に役立ちますが、インフルエンサーに報酬を支払う場合はPR動画であることを明記して取り扱う必要があります。

4 導入事例動画
ユーザーが実際に商品やサービスを利用している様子や、利用後のインタビューを導入事例として紹介します。口コミと同じくユーザー目線での説得力を持たせることが可能です。

 

コンテンツマーケティングにおける動画の3つのメリット

コンテンツマーケティングに動画を用いるメリットは次の3つです。

1 情報量が豊富
音声と映像を組み合わせて表現する動画は視覚と聴覚の両方に訴えることが可能で、短い尺でも多くの情報を伝えることができます。

2 閲覧しやすい
テキストや漫画の場合、閲覧者自身の手でスクロールしたりページを切り替えたりする必要がありますが、動画は再生ボタンを押すだけです。再生がスタートすればそれ以降はタップやクリックといった動作が必要なく、閲覧者が情報を獲得するのに手間がかかりません。

3 拡散される
インターネット上で閲覧できる動画は、多くの人が利用するFacebookやInstagramなどのSNSと相性がよく、拡散性があります。ユーザー同士がおすすめしあうことでより多くの人へ伝わり、認知度の向上につながります。

 

動画コンテンツ活用の3つのポイントとは

動画コンテンツ活用の3つのポイントとは

動画は有効性が高いといっても、ただ作って流すだけでは思うような効果を上げることはできません。動画コンテンツをマーケティングに活用するときに押さえておくべき3つのポイントを紹介します。

 

伝えたい内容をコンパクトにまとめる

尺が長いだけの動画は、閲覧者が飽きてしまい途中で再生をやめてしまう、ほかのページに移ってしまうといったことが考えられます。

最後まで見てもらうためには、ボリュームを最低限に抑えつつ、情報は最大限に盛り込むよう心がけることが重要です。そのうえで、出だしから閲覧者の興味を引くような演出を取り入れるなどの工夫も必要になってくるでしょう。最後まで再生してもらうのはもちろんのこと、メッセージを的確に伝えるためにも動画はコンパクトにまとめます。

 

目的別に動画を作成する

1本の動画にあれもこれもと複数の要素を盛り込むと焦点がぼやけてしまい、結局何も伝わらないものになりかねません。動画を制作するときは伝えるべきことを細分化し、目的別に作成しましょう。

たとえばスマホのハウツー動画であれば「電話のかけ方」「写真の撮り方」など、ひとつの操作につき1本の動画を制作します。会社の認知度を向上させたいのであれば、自社のコンセプトや目指すビジョンだけを表現しましょう。

商品の販売促進が目的であれば、商品の説明や導入事例に絞ります。こうすることでアピールしたい内容をピンポイントで伝えることができます。

 

検索エンジンに評価されるようにする

どれだけ完成度が高い動画でも、見てもらわないことには始まりません。

検索エンジンの検索結果で上位に表示されるよう、わかりやすく内容に合致したタイトルをつけ、説明文にも動画に関する情報を盛り込みます。
このとき必要な情報は「どんな人をターゲットにした動画なのか」「どんな情報を得られるのか」といったことです。「スマホ初心者のための写真の撮り方」「新商品を使ってみた旧製品ユーザーの感想とレビュー」など、検索エンジンと閲覧者(検索者)の両方にアピールすることが重要です。

 

動画コンテンツの成功事例

動画コンテンツの成功事例

実際に成果のあった動画コンテンツの例をご紹介します。まずはブランディング動画の成功事例です。
この動画は、実際の人物を登場させて日常生活をテンポよく表現しています。高齢化が進む社会を背景に、最新の技術を搭載したサービスを利用することで、「外出をスムーズに楽しむことができる町」を巻き戻し再生で表現していることが特徴です。
動画を閲覧者することによって、それぞれが自分の人生に沿ってイメージを膨らませることができます。


川崎市ブランディングムービーWAYS

次に、ハウツー動画の成功事例を見てみましょう。この動画の特徴はシンプルかつ軽快に動くアニメーションです。スマホの画面をアニメーションにすることで使い方が分かりやすく伝わり、同時にキャッチーさもあって自然と目を引く動画になっています。

CCCマーケティング様_レシーカ_家計簿アプリ紹介映像

 

ポイントをおさえたマーケティング動画を効果的に活用しよう

ポイントをおさえたマーケティング動画を効果的に活用しよう

動画のメリットをうまく活用すれば、マーケティングで大きな成果を上げることが可能です。そのためにはターゲットや目的に合わせて、閲覧する人の感情や意識へダイレクトに訴えかける動画を作ることが重要になってきます。効果的なマーケティング動画の制作は、プルークスに是非ご相談ください。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ