動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

ストリーミングとは?企業の新たなマーケティング戦略を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画配信サイトで映像をみる際に、「ストリーミング」という言葉を耳にしたことがあるという方もいるのではないでしょうか。このストリーミングは、企業のマーケティング戦略としても活用することができます。しかし、このストリーミングがどういう意味を表しているのか、イマイチよくわからないという方が多いのもまた事実です。ストリーミングがあるからこそ、インターネット上で映像をみることができるようになったのですが、いったいどんな仕組みになっているのでしょうか?動画配信による新たなマーケティングに挑戦したいと考えているなら、尚更このストリーミングの意味を理解しておく必要があります。ストリーミングとはそもそもどういうものなのか、ストリーミングを活用したマーケティング戦略や、ストリーミング配信がマーケティングに与えるメリットなど、ストリーミングによるマーケティングについて、詳しい情報をお届けします。

ストリーミングとは?ダウンロードと何が違うの?

ダウンロードとストリーミングの違い

ダウンロードには2つの意味合いがあるということをご存知でしょうか?1つは、インターネット上の画像や映像データをディスクに保存することを指し、もう1つはインターネット上にアップされた映像の「読み込み」のことを指します。例えば「YouTube」や「Instagram」のように、現在は映像をアップしたり視聴したりできるプラットフォームが豊富にあります。これらの映像をみる際は、一度インターネットに接続して読み込みを行う必要があるのですが、この読み込みのことをダウンロードというのです。

ストリーミングとは、上記で紹介したプラットフォーム(インターネット上の映像データ)を読み込みながら同時に再生することができるという方式で、待機時間を設けずに動画をすぐにみられるようにしたものです。従来の動画を再生するには、ダウンロード(読み込み)が完了するまで待機しなくてはいけませんでしたが、ストリーミングが登場したことにより、この待機時間を短縮させることが可能になりました。

時代はテレビからストリーミング配信へ

今までは新商品の紹介やライブ中継、講演会などの映像配信は、テレビを利用して放送するという方法しかありませんでした。しかし、ストリーミングが登場してからは、インターネット上でも映像を配信することができるようになったのです。また、低コストで気軽に配信することが可能なため、多くの企業がストリーミング配信を取り入れるようになりました。テレビで映像を流すとなると、高価な機材を使う必要があるため、コストもハードルも高くなってしまいますが、ストリーミングの場合はスマートフォンがあればすぐに映像を配信することができます。そのため、挑戦しやすく、ストリーミング配信を取り入れる企業が増えてきているのでしょう。長時間の映像やクオリティの高い映像を配信するなら、ビデオカメラやストリーミングサーバ、専用のマイクなどが必要になります。ですが、短時間のコメント映像なら動画配信アプリケーションを利用し、スマートフォン1つで済ませることができるのです。

 

ストリーミング配信は重要なマーケティング戦略

ストリーミング配信によるマーケティング活動

多くの中小企業やベンチャー企業が取り入れているのが、ストリーミング配信によるマーケティング活動です。ストリーミング配信によるマーケティングは、オンラインマーケティングの隙間を狙えるニッチな戦略なので、成功すれば確固たる地位を築けるといわれています。

ライブ配信でさらなる集客率のアップを狙う

マーケティングでライブ配信やオンデマンド配信を活用すれば、さらなる集客率のアップが期待できます。特にライブ配信は期待値が高いといわれています。なぜなら、視聴者参加型の映像配信にあたるからです。映像をみながらコメントすることができるため、リアルタイムで視聴者同士が会話をすることができます。この配信方法なら、初めて訪れた方でもすぐにコミュニティに参加することができるでしょう。例えば、ライブ配信をみている人が質問した場合、他の視聴者がすぐに答えるというように、視聴者同士で会話をすることもできます。このようにコミュニティを作ることができれば、彼らは企業の宣伝役に徹してくれる可能性もあるのです。

ライブ配信やオンデマンド配信はストリーミングが必須!

インターネット上の映像配信では、主に2種類の配信方法が利用されています。それは、「ライブ配信」と「オンデマンド配信」です。ライブ配信とは、テレビでもよくみる生放送のようなものを指します。「YouTube Live」などのプラットフォームでも利用されていますね。オンデマンド配信は、一度撮った映像をインターネット上にアップし、いつでもみられる状態にした映像のことを指します。このオンデマンド配信は、多くの動画配信サイトが取り入れています。これらの配信方法は、ストリーミングなしでは行えません。

動画マーケティングにおけるライブストリーミング配信のメリット

メリット1.情報を的確に伝えられる

ストリーミング配信を行うことで、文字や写真のみでは伝わらない細かな情報も的確に伝えることができます。配信者の表情や声のトーンまでみている側に確認してもらうことができるため、細かいニュアンスや思いなども伝えやすくなるのです。例えば新商品の紹介イベントで利用すれば、映像をみた方に商品の使い方やアピールポイントをしっかりと伝えることができるので、購買意欲を高めることができます。

メリット2.いち早く情報を届けることができる

同じ情報を複数の視聴者に一斉配信することができるため、素早く情報発信ができます。もし、人伝いに情報を伝えるとなると、伝言ゲームのように最終的には情報元と異なる内容が伝わってしまう可能性があります。しかし、動画配信なら1人の配信者が情報を伝えるので、細かい部分まで正確に多くの視聴者に届けることができるのです。わざわざ出張してサービス紹介を行うということも必要でなくなるため、時間や物理的コストも削減することができます。

メリット3.企業の透明性をアピールできる

顧客が企業へ求めるものに、「透明性」というものがあります。「自分が気に入っているブランドはどのような事業を行っているのか」ということに興味があるのです。そのため多くの企業は動画配信サイトを活用し、顧客に自社の舞台裏を見せるという方法を取り入れています。

メリット4.アクセス履歴がとれる

ストリーミング配信を行えば、どのくらいの視聴者が映像をみたのかというアクセス履歴をとることもできます。そのため効果測定が容易にでき、さまざまな分析を行うことができるのです。

 

メリット5.視聴者のリアクションをリアルタイムで知ることが可能

ライブ配信を行えば、リアルタイムで視聴者からのコメントをチェックすることができます。そのコメントに対してすぐに応えることもできますし、そのコメントから視聴者の動向を知ることも可能です。意見箱に寄せられたコメントを1つずつチェックするよりも、はるかに効率的な意見の確認ができるのです。

SNSと連携してストリーミング配信を成功させよう!

映像データをダウンロードしながら再生できるストリーミングという配信方式について説明してきましたが、いかがでしたか?この配信方式は、さまざまな企業がマーケティング戦略として取り入れています。テレビで映像を流すよりも低コストで簡単なので、すぐに新しい戦略として取り入れることができるでしょう。また、ストリーミング配信を行えば、企業にとってさまざまなメリットを得ることができます。新事業や新商品のアピールも正確に行うことができますし、リアルタイムで視聴者の反応も確認することができるのです。インターネットを通して映像を配信することができるので、対面で伝えるのと同じ効果があるだけでなく、より多くの人に情報を届けることができるでしょう。しかし、そのためには、配信をする前にお知らせを行うことも大切です。そうすることで、より多くの人にみてもらうことができます。SNSなどを利用し、視聴者やファンをどんどん増やしていきましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ