動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

5Gになるとスマホ動画はどう変わる?5Gの概要から、動画への影響を解説!



このエントリーをはてなブックマークに追加

最近次世代通信規格である「5G」というワードを耳にするケースが増えているかと思います。2020年実用化を目前に話題となっておりますが、そもそも5Gのもたらす変化やそもそも通信規格に関して、よくわからない方も多くいるかと思います。

今回は移動通信システムの概要から、5Gになることで変化することや、動画に関わる影響について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

 

そもそも5Gとは何?


出典元:価格コムマガジン

移動通信システムの変遷

1979年に日本電信電話公社(現NTT)が「自動車電話サービス」を開始したことでアナログ方式である第一世代通信システム(1G)の運用が開始されます。当時は自動車やショルダーホンなどの移動通信用として利用されていました。

それから、1993年にデジタル方式の2Gの運用が開始され、デジタル化によりメールが可能になり、ポケットベルやPHSなどが登場しました。2001年には、高速データ通信可能な3Gの運用が開始されます。この高速データ通信が可能になったタイミングで、携帯電話によるインターネット利用が可能になりました。

そして現在は4Gの運用も開始されており、3G以上の高速化が実現し、スマホでインターネットを見る時もストレスが以前以上に軽減されているかと思います。スマホで様々なサービスが展開され、ユーザーがサービスを利用出来ているのも、4Gといった移動通信システムのようなインフラの進化により可能になっています。

以上のように、今まで皆さんが時代と共に携帯電話の使い方が変わってきているかと思いますが、これらは移動通信システムの進化によって新しいニーズに沿った使われ方が可能になってきています。

5Gになる背景

前述の通り、時代のニーズに合わせて移動通信システムも進化してきているとお伝えしましたが、5Gに変わることで考えられる新しいニーズとは何がありますでしょうか?近年急速なIoT化が進んでおり、身の回りにある様々な物をインターネットと接続し、利用するといった使われ方がニーズとして出てきております。

例えばスマートホームでは、家の中にある家電をインターネットで繋げ、管理することで、今までよりも快適な生活ができるようになってきています。他にもウェアラブルデバイスや自動運転者など従来以上にインターネットを用いた生活に変化していきます。

上記のようなインターネットの使われ方をする上で、今よりも高速で多くのデータ量も耐えうる大容量、他にも多接続性で低遅延などの要素が必要になります。5Gは上記のニーズに応えるためにも運用を2020年目処にスタートする予定となっています。

 

5Gになることでスマホ動画はどう変わる?

現在多くの動画系のサービスが成長しておりますが、当然従来のテキストや画像のサービスと比べると利用するデータ量が多くなります。特にライブ動画配信などは非常に多くのデータ量が必要になります。

動画を長時間見ようと思うと、スマホのバッテリーへの負荷や通信コストが高くなり、ユーザーにとってストレスの種となってしまいます。例えばスマホ動画系サービスのメインターゲットとなるケースが多い中高生のような若い層も通信制限の制約があるため、なかなか好きなように動画を見ることが難しかったりします。結果的に、動画を見る時間を制限するや、Wi-Fi環境の中で視聴を限定するなどの行動に繋がります。

しかし、上記を5Gになり、通信が高速化されることで、バッテリーへの負荷は今までより軽減され、高かった通信コストも低くなるでしょう。特に通信が低コスト化されることは、ユーザーにとってのメリットは計り知れず、今までよりも長く、そしてどんな場所・環境でも好きなように動画を視聴できるようになります。

 

5Gになるとスマホ動画はどう使われる?

ここまで5Gになることによる変化についてお伝えしましたが、そのことによって具体的にどのような視聴ができるようになるのでしょうか?

今のスマホにおけるコミュニケーションに主体は文字や画像によるものが多いですが、5Gとなり通信速度の高速化が実現すると、コミュニケーションの主体は動画に変わるかもしれません。動画の画質や通信コストなどを気にする必要がなくなり、遅延などのストレスも抱えにくくなるので、ビデオ通話や映像の視聴が今よりもっと手軽に、そして快適にできるようになります。

プライベートなコミュニケーションもビデオ動画のような内容になり、オープンのSNSのようなコミュニケーションもTiktokやInstagramのストーリーズのようなものが今以上に発達し、コミュニケーションの中心になるかもしれません。

 

5Gに向けてリリースされるサービスとは?

5Gに向けて各社が様々なサービスをリリースしています。大手の携帯会社も動画配信サービスの強化をしており、多くの企業も5Gの関連ビジネスが続々とリリースされています。今回はそのリリースされているサービスの一部をご紹介します。

ドコモの新サービス「ひかりTV forドコモ」

NTTドコモは新サービスとして「ひかりTV forドコモ」のリリースを発表しました。「ひかりTV forドコモ」ではドコモ光などの光回線を活用し、専門チャンネルと地上・BSデジタル放送、10万を超える映画やドラマ、音楽ライブ映像の視聴が可能です。2019年の2月には米ウォルト・ディズニーとの動画配信に関する連携をしたことも発表し、ディズニーコンテンツの視聴も可能になりました。

USBハードディスクを接続すると、番組録画も可能で、別で用意されているアプリを活用すればスマホやタブレット端末でも録画の予約や視聴をすることが可能です。

動画CM配信フォーマットの『Perfect View™ラインダンス』

出典元:voyagegroup

株式会社CMerTVは動画CMフォーマットとなる「Perfect View™ラインダンス」のサービスをリリースしました。「Perfect View™ラインダンス」は同一広告枠内で多くのCMを格納することが可能で、今回のサービス化においては、最大150秒までの素材を格納が可能です。動画広告自体は、ユーザーが〈送る〉や〈戻る〉などの操作も可能で、コンテンツに接しているユーザーに対して様々な動画広告を配信することが可能です。

本サービスのリリースの背景には5Gに伴う通信速度高速化でユーザーが活用するスマホでの動画視聴が今よりもストレスレスに可能になることが考えられます。また、広告主としても、動画広告による成果は通常のテキストや画像の広告よりも高いことが期待されているため、多くの利用が想定されます。

広告の費用は1つ目の動画広告にだけ発生し、2つ目以降の動画広告からは広告料が発生しないモデルとなっています。

自動動画制作システム「TechVideo」

出典元:日本経済新聞

株式会社プルークスは動画広告で活用する動画を自動で製作する「TechVideo」を2019年の4月にリリーすることを発表しました。「TechVideo」は業種や用途ごとにおよそ100種類のテンプレートを用意しており、サービス上の指示に従えば15秒から1分で動画制作をすることも可能です。利用用途は動画広告以外にも研修用や技能承継といった幅広い内容でも活用が可能です。

こちらのサービスも5Gになるに伴い、企業の動画制作への興味関心が増えることを見越してのサービスリリースとなります。今まで動画製作するにも知識やノウハウがないと外部へ依頼する必要があり、外部に依頼するにしても数十万の費用と多くの時間がかける必要がありました。しかし、「TechVideo」により今までも簡単にハードルが低い状態で動画制作をすることが可能です。プルークスの皆木研二社長は「動画広告に二の足を踏んでいた製造業などの需要を掘り起こしたい」と話しています。

 

まとめ

5Gの運用が始まることで、スマホ動画も様々な可能性があります。今よりもユーザーが快適な利用が実現できるため、サービス提供者も様々な工夫を凝らし、ユーザー側も新しいニーズが出てくることでしょう。ぜひ皆さんも5Gにより、ご自身の生活やビジネスにどのような影響を与えるか考えてみてはいかがでしょうか。

5Gの到来に合わせて動画制作・導入を検討されている方、興味を持たれた方はぜひプルークスにご相談ください。WEB CM・動画広告・イベント映像と豊富な実績から最適なプランをご提案いたします。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ