動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

市場が拡大している今がチャンス!動画マーケティング導入のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんがこれまで動画マーケティングに踏み出せなかった理由はなんでしょうか。おそらく、「動画に対する知識がない」、「外注すると手間もコストもかかる」と思っている人が多いのかもしれません。しかし、マーケティングにおいて動画は絶大な力を持っており、すでにプロのマーケターの間では今よりもっと多く製作したいコンテンツとして動画が選ばれています。消費者と動画の距離は今後ますます縮まり、無視できないものになっていきます。

まだ市場が発展途上である今のうちから、動画マーケティングの重要性をしっかり理解しておくことが重要と言えるでしょう。このページでは、動画市場の動向や動画マーケティングを取り入れることのメリットを詳しくご説明していきます。

破竹の勢いで成長する動画市場

テレビからスマホの時代へ

eMarketerとIABの調査によると、2017年のアメリカのテレビ広告費は約7.6兆円であったのに対しインターネット広告費は約8.2兆円という結果で、ついにインターネット広告費がテレビ広告費を上回りました。いまや、CM=テレビコマーシャルであった時代は、過去になりつつあるのです。さらに日本国内でも、動画広告の約8割はスマートフォンで見られており、スマートフォン動画の広告需要は今後ますます高まると予想されています。

動画視聴は日常習慣として定着化

2018年の現時点で、毎日5億人以上がFacebookで動画を見ており、YouTubeでは1日あたり10億時間分の動画が視聴されているというデータがあります。また、オンライン動画を週1回以上視聴する人が40%を超えているそうです。みなさんも自分の生活を振り返ってみてください。確かに週に1回ぐらいはちょっとした動画を見ている、という人は少なくないと思います。たったそれだけでも世界中の人が見れば何億時間という数字になるのは驚きですね。

このように、現代人にとって動画を視聴することはもはや特別な行為ではなく、当たり前の日常の習慣となっているのです。動画を視聴する目的は様々ですが、息抜きや娯楽以外にも、何か商品を購入する際のイメージを補う目的でも多く視聴されています。

また、消費者の79%は「動画を見て商品を購入したいと思っている」という調査結果もあり、逆に言えば「動画を見ずに購入は決められない」とも取れます。比較できる世の中だけに、消費者も購買プロセスが長期化していると言えます。

動画視聴は日常習慣として定着化

2018年の現時点で、毎日5億人以上がFacebookで動画を見ており、YouTubeでは1日あたり10億時間分の動画が視聴されているというデータがあります。また、オンライン動画を週1回以上視聴する人が40%を超えているそうです。みなさんも自分の生活を振り返ってみてください。確かに週に1回ぐらいはちょっとした動画を見ている、という人は少なくないと思います。たったそれだけでも世界中の人が見れば何億時間という数字になるのは驚きですね。

このように、現代人にとって動画を視聴することはもはや特別な行為ではなく、当たり前の日常の習慣となっているのです。動画を視聴する目的は様々ですが、息抜きや娯楽以外にも、何か商品を購入する際のイメージを補う目的でも多く視聴されています。

また、消費者の79%は「動画を見て商品を購入したいと思っている」という調査結果もあり、逆に言えば「動画を見ずに購入は決められない」とも取れます。比較できる世の中だけに、消費者も購買プロセスが長期化していると言えます。

マーケティングに動画を取り入れるメリット

最も閲覧されるコンテンツ

インターネット上には色々なコンテンツが存在しますが、その中でも消費者が時間をかけて視聴・閲覧するコンテンツとしてあげられたのが動画です。SNSの投稿、ニュース記事などを押さえての1位ですから、そこには人々の視線を集める要素がふんだんに盛り込まれているということです。

段違いの伝わりやすさ

1分間の動画が伝える情報量は180万語と言われており、WEBページに換算すると3,600ページ分にも上ります。例えば、「アジア人の5~6才の女の子が赤い風船をひとつ右手に持っていて、場所はスーパーで、となりにはお母さんが立っている」というような状況を文字で説明しようとすると、読むだけでも10秒はかかりますし、それを脳内で映像化しようとすればさらに時間がかかります。しかし、映像ならば同じ内容をほんの1~2秒で伝えることができます。「少しとか」「かなり」などという、人によって感じ方の違う感覚も、映像であれば誰が見ても共通の認識をもつことができるので、伝わりやすさという面でも動画はマーケティングの大きな味方になります。

リツイート率のアップ

いまだ人気の衰えないSNSと言えばTwitterですが、『バズる』という言葉が流行りだしてから、ますます目を引く画像や動画の投稿が盛んになってきています。なかには、たまたまアップしたものがバズるのではなく、はじめから『バズ』を目的にアップする職人にような人もいるほどです。そんなTwitterでは、静止画より動画の方が6倍リツイートされやすいという調査結果が出ており、動画のもつ伝わりやすさが拡散に繋がっていることがうかがえます。

商品購入の意思決定にダイレクトに影響

動画は伝わりやすさに加え、説得力の高さも長所のひとつです。アンケートによるとSNS上で商品の動画を視聴後、実際に購入した人は46%にも上るそうです。人気の動画で、素朴な顔のすっぴん少女がモデルのように華やかな顔に変身するというメイク動画などがあります。これは、メイクの過程を見せることで嘘ではないことが伝わり、静止画でビフォーアフターを見せるよりも説得力が増すのでしょう。つまり、動画の視聴は商品の購入に直結していることがわかります。

成功事例

ギネスビールの成功事例

参照:https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=ajK9L-hkTW8

こちらはギネスビールの広告動画です。海外では、ギネスビール=聖パトリックデーに飲むビール、として定着していたため、ギネスビールは、特別な日以外にも飲んで欲しいという考えからこの動画を作りました。動画では、車椅子に乗ったバスケットボール選手たちが、練習している風景が映し出されます。本気でぶつかり合い、転倒するシーンなどもあり、思わず息をのむのですが、練習が終わると次々と車椅子から立ち上がる選手たち。

なんと、本当に車椅子に乗っていたのは一人で、仲間は彼の車椅子バスケットボールの練習につき合っていたのです。男同士の友情に、思わず乾杯!と言いたくなるこの動画は890万回再生され、ギネスビールは聖パトリックデーだけのもの、というイメージを見事に払拭しました。このような、言葉が分からなくても通じるストーリーというのは世界中で再生され、マーケティングとして成功しやすいと言えるでしょう。

サントリーの成功事例

参照:https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=qHFr1_md3Ok

こちらはサントリーのC.C.レモンの広告動画です。制服を着た女子高生がまるで忍者のように学校や街中を飛び回る光景は、一度見始めたら目が離せません。広告らしさを徹底的に排除することによって、むしろ視聴者を引き込み、結果的に最後まで見せてしまうという逆転の発想が効いています。近年ではどの業界でもインバウンド需要が高まっており、外国人の日本に対するイメージを忠実に再現したこの動画は848万回も再生され、世界中の人々から注目を集めました。

商品自体は全くおいしそうに映っていませんが、海外の人に商品を知ってもらうという目的では非常に的を射た動画となっています。「制服の女子高生」「忍者」「日本の風景」という外国人が興味を持つコンテンツをぎゅっと詰め込んだ動画は、誰に、何を届けたいのかが明確で、非常に参考になる動画マーケティングの成功例と言えるでしょう。

動画がマーケティングに及ぼす影響力は実証されている

動画マーケティングの市場動向や、導入するメリットなどをお伝えして来ました。まだまだマーケティングの分野では新しいコンテンツということもあって、「予算も手間もかかって難しそう」というマイナスイメージを持っていたマーケターのみなさんは少なくないでしょう。しかし、動画製作は以前よりも敷居が低くなっており、何より動画マーケティングが及ぼす影響力の大きさは、すでにあらゆる企業が実感しています。YouTubeやソーシャルメディアから、誰でも手軽に動画を配信できるようになった今こそが、動画マーケティングを学ぶ絶好のタイミングです。

これからますます動画への予算配分は増やされ、投資意向が高まってくると言われています。始めるなら今しかありません。あなたも是非、動画マーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ