動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

JKと動画との関わり方は?JKの行動から読み取れる動向を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在JK(女子高校生)が流行の先端と言われるほど、JKの情報キャッチアップ力と拡散力は他の世代と比べても群を抜いています。例えば、JKで流行っている言葉などもあっという間に世の中に広がっていますし、その言葉も気づいたら既に時代遅れで新たな言葉が流行っているケースも多いです。

これは動画サービスにも同様のことが言えます。各企業のプロモーション担当者は広告出稿先を検討する際にどのサービスにすべきか悩まれているかもしれませんが、一つのヒントとしてJKの行動を読み解いて考える方法もあるでしょう。今回はJKが現在どのように動画サービスと関わり、興味関心があるのかを考えていきます。是非最先端のサービスを検討したい方は参考にしてください。

そもそもJKの特徴とは?


出典元:ModuleApps

JKはインターネットがある時代から生まれてきており、スマホを利用するのが当たり前の世代です。上記の図を見ても分かる通り、2016年時点でも9割を超える高校生がスマホを利用しております。

彼女たちにとって、日常でスマホを利用することは当たり前で朝起きたときから移動時間、食事時間、休み時間、帰り道、テレビを見ている時、寝る前などありとあらゆるタイミングでもスマホは欠かせない存在になっています。

JKのスマホで何している?


出典元:ModuleApps

JKはスマホの利用用途は多岐に渡りますが、その中でもメッセージアプリであるLINEやインターネット検索、音楽鑑賞の割合が非常に高くなっています。また、近年は動画の視聴も増えてきており76.5%の高校生が動画を見ていると回答していることから動画への興味関心の強さが伺えるでしょう。

女子高生に流行るサービスの特徴は?

最先端である

JKは流行りに非常に敏感な世代です。現在世の中で流行っている様々なスマホアプリもJKが使い始め、徐々に世の中に広まり一般的なサービスとなったケースも数多くあるでしょう。

要するにJKの間で流行りだしているサービスがある場合は、今後さらに世の中でも広がっていく可能性があります。企業のマーケティング担当者はJKの動向にアンテナを張り、チェックすることは重要なポイントです。

拡散されやすい

現在の若者でSNSを利用していない人間は少ないと言えるくらい、日常的に様々なSNSを利用しています。そして、面白かったり、友人に共有したいと思ったりしたコンテンツは拡散する行動をとる傾向があります。上記のような行動が数珠繋ぎのように広がっていくことで、いわゆる「バズる」というような状況を生み出しているのです。

移り変わりが早い

JKは最先端であると同時に利用しているサービスの移り変わりが早いケースがあります。日々友人と日常的にスマホを使っており、その中で面白いサービスに敏感になっているので、もし新しいサービスを見つけたらそちらの利用をしてみるといった行動を取ることが多いです。

JKが動画サービスとの関わり方は?

自己顕示欲を発散する場


出典元:ModuleApps

上記の図からも分かる通り、自分の写真や動画をSNSで書き込む経験がある高校生は6割近くいます。この行動理由の一つに自己顕示欲の現れと考えることができます。自身が経験したことや様子、自分というコンテンツを友人などと繋がっているSNS上で発信することで、満足感を得ることがあるのです。

また、最近だとSNSで自分の知らない人にまで自分というコンテンツが拡がり、興味を持ってくれるケースもでてきており、そのような目的で発信するJKも増えてきています。

友人と流行りを確認する場

先ほどJKが最先端に敏感であるということを伝えましたが、この理由の一つに友人間での話についていくためということも考えられます。高校といった学校のコミュニティ内で流行りに敏感で詳しいことは学校での立場にも影響するケースがあります。

例えば、みんながLINEを利用する中、一人メールしか使えない状態だと、どうしてもコミュニティ内で遅れてしまい、話についていけないといった可能性があるかもしれません。そういった意味でも最近流行している動画サービスやその動画との関わり方はJK内で重要視されるのです。

暇つぶしをするための場

全てのJKがコンテンツを発信するために利用するのではなく、あくまで暇つぶし目的で空いている時間で友人が発信している情報を視聴したり、自分が気になる著名人の情報を視聴したりのために利用するケースもあります。

今流行りの動画サービスは?

17Live


出典元:17Live

多くのJKユーザーを抱える動画サービスの一つにライブ配信アプリの「17Live」があります。こちらはユーザーがライブ動画を配信し、視聴者側がその動画を視聴しながら、コメントなどの反応をしてコミュニケーションを取れることができるサービスです。

視聴者側は配信側にコメント以外にギフトなども送ることができるサービスとなっており、素人でも有名になっている配信者が増えています。

tiktok


出典元:tiktok

tiktokも多くの若者に使われている動画サービスで、15秒前後の短い音楽に合わせてダンスや口パクなどの動画を撮影し、加工して共有するアプリです。動画の配信がスマホで簡単にできるため学校の休み時間や放課後を使って撮影し、配信するケースも多くあります。

現在は若者以外に多くの著名人も利用するようになってきており、多くの世代でも利用されるようになってきているサービスになります。

まとめ

JKの特徴から動画との関わり方、流行りのサービスを解説してきました。JKの行動をチェックすることは最先端の流行りをキャッチする上では効果的かもしれません。各企業のプロモーション担当者もぜひJKの動向をチェックしつつ、自社のマーケティングに活かしていただければと思います。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ