動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

YouTubeのSEOとは?対策しやすいキーワードやその方法を解説



このエントリーをはてなブックマークに追加

改めてSEOについておさらい

SEOを行う際に最も考えるべきは検索者です。検索者は検索エンジンを通して、物事を調べ、調べることを通じて何かしらの達成を目指しています。したがって、調べて何かしらのコンテンツを読む・見ること自体はあくまで「手段」であり、目的ではありません。

ここではその前提を押さえた上で、話を展開していきたいと思います。少し踏み込んでSEOについて知りたい方はぜひ以下の記事も合わせてご覧ください。

動画SEOとは?大事なものはSEOと同じで検索意図

 

SEOと動画の関係性

SEOを行う際に、コンテンツ提供者が抑えるポオイントとしては改めて以下の通りです。

  • 検索者は検索エンジンを通して、物事を調べる。
  • 調べること自体はあくまで手段であり、その先の目的達成を見据える

ここではSEOと動画の関係性を解説していきたいと思います。

 

「動画」コンテンツはあくまで手段でしか無い

例えば、「Appleという英単語の意味を知りたい」という検索意図があった際に、検索者は「Apple 意味」と検索を行ったとします。その際の検索結果は以下の通りです。

画面の上部を埋め尽くす枠のことを「強調スニペット」と言います。特にKnow系の検索キーワードを検索した際に、表示されることが多く、検索者としてはわざわざページを開かずとも、検索結果画面で意味をすぐに理解することができます。

今回は「Appleという英単語の意味を知りたい」という検索意図であり、検索者はあくまで「意味が知りたいだけ」です。したがって、検索エンジンとしては意味を検索者に回答するために、わざわざ「動画を視聴させる」というコストを強いず、「強調スニペットを出すだけ」という低いコストで検索者の検索意図を満たそうとしていることが分かります。

 

動画と親和性のある検索キーワードとは

ずばり、以下のような検索意図を含有するものです。

  • 「見たい」という言外の意図が混じっている
  • 検索エンジンが「テキスト」よりも「動画」の方が検索意図を満たせると考えている

例えば前者の、「見たい」という言外の意図が混じっている、という検索キーワードであれば「野球 スーパープレー」があります。検索をしてみると以下のような検索結果となります。

「野球 スーパープレー」の検索意図としては「野球のスーパープレーを見たい」というものであり、検索キーワードに現れていないものの「見たい」という意図を明確に含んでいると考えられます。

次に、後者の、検索エンジンが「テキスト」よりも「動画」の方が検索意図を満たせると考えている、という検索キーワードであれば「マフラー 縫い方」があります。検索をしてみると以下のような検索結果となります。

「マフラー 縫い方」の検索意図としては「マフラーの縫い方を知りたい」というものであり、確かにテキスト情報でも画像を交えながら調べることで理解はできます。しかし、テキストや画像だけでは分かりにくい部分があることも事実であり、そう言った意味で「動画」が手段として優れている場合もあります。したがって、この検索結果では、テキストとは別に動画も表示されています。

 

エンゲージメントが得られる動画を製作する

ここまでの内容をまとめると以下の通りです。

  • 検索者は検索エンジンを通して、物事を調べる。
  • 調べること自体はあくまで手段であり、その先の目的達成を見据える
  • 動画は、検索キーワードの検索意図を満たすための手段である
  • したがって、どの検索キーワードでも動画が上位表示されるわけではない

その上で、動画で検索上位を目指す方に向けて、そのヒントをまとめたいと思います。

 

基本的な対策を行う

検索エンジンも完璧ではないので、動画の内容を検索エンジンに理解してもらうために「頼り」が必要です。検索エンジンによりよく動画の内容を理解してもらうために、以下のような設定・工夫を行いましょう

  • タイトル:に対策したい検索キーワードを盛り込む
  • 説明文:この動画が「どういった動画であるのか」を説明する
  • タグ:設定をすることで、動画の属性を明らかにする
  • 字幕:動画の内容を文字情報として検索エンジンに提供することで、内容を理解してもらう

 

「再生時間」を意識する

「検索意図を満たす」ための動画の企画や製作を行う、「本当に満たせているのか」の振り返りが必須です。そのための分析ツールはYouTubeから提供されており、「再生時間」を見ましょう。

「再生時間」の重要性はYouTube公式から発信がされています。

このたび、視聴者に長く見続けられる動画が YouTube の検索結果に表示されやすくなるように、システムに変更を加えました。
この変更は、再生時間を重要視して YouTube 上で動画をとりあげていくために継続的に行われている取り組みの 1 つであり、今年 3 月以降に行われた関連動画やおすすめ動画を表示するシステムの変更や、最近実施された YouTube アナリティクスの機能改善に続くものです。

出典:動画の再生時間に最適化 – YouTube 検索結果表示のシステムが変更されました

 

アカウントの信頼性

最後に、アカウントの信頼性、つまり「誰が発信しているのか」は重要な点です。そして、このアカウントの信頼性を図るための指標としては以下のようなものがあります。

  • アカウントのチャンネル登録者数
  • ソーシャルシェアの数
  • 動画に対する評価

もちろんこれだけでは無いですが、地道に積み上げることでしか信頼を獲得することはできません。

以上、動画とSEOについて解説を行いました。本質的な部分は通常のSEOと同じであり、あくまで「検索キーワードの検索意図を満たすか否か」だけです。その上で、テクニカルな部分も学び、ぜひ素敵な動画を製作してください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ