動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

デジタルサイネージとは?広告での活用事例とともに紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージはディスプレイなどの表示機器を使って、動画や広告といった情報を発信するメディアです。デジタルサイネージを活用すれば、見る、読むだけでなく「体験する」というかたちで情報を届け、人々の興味関心を強く惹きつけることができます。

デジタルサイネージについてあまり知らない人のために、デジタルサイネージの概要や活用方法、種類、導入事例をご紹介します。

 

デジタルサイネージとは

ショッピングモールやデパートなどの複合施設、公共交通機関といった場所で見かけるようになったデジタルサイネージですが、その特徴はなんといってもインターネットに繋げられることです。

これまでの看板、電子看板といった広告は単一の決められた情報しか伝えることができませんでした。しかし、インターネットに接続できるデジタルサイネージは、好きなタイミングで好きな情報を流すことができます。例えば、朝はサラリーマン向けの映像を流し、夜はグルメ系の情報を流すといった具合です。

では、デジタルサイネージにはどのような種類があるのでしょうか。

 

デジタルサイネージの種類

デジタルサイネージには、「スタンドアロン型」「ネットワーク型」「インタラクティブ型」の3つの種類があります。それぞれについてご説明します。

 

スタンドアロン型

冒頭でデジタルサイネージの特徴は「インターネットに繋がることだ」とご紹介しましたが、デジタルサイネージはオフラインで使用することもできます。スタンドアロン型のデジタルサイネージは、USBやSDカードに保存された画像や動画などのコンテンツを読み込んで再生します。

リアルタイムな情報を伝えることはできませんが、コンテンツを頻繁に更新する必要がない場合に適しています。

 

ネットワーク型

複数店舗を持つチェーン店や随時の更新が必要な駅、病院などで選ばれることが多い型です。インターネットを介して表示する内容を変更でき、ひとつの管理用PCで複数のデジタルサイネージの情報を更新、変更することができる利便性が魅力と言えます。さらに外部のコンテンツを受信して配信することもできるので、ニュースや天気といったリアルタイムな情報発信ができるのもネットワーク型の特徴です。

 

インタラクティブ型

ネットワーク型の機能に加え、タッチパネルやモーションセンサーなどを使いユーザーの行動に合わせて表示する内容を変化させる種類です。観光案内や複合施設の店舗検索など、利用者の求める情報を臨機応変に発信するシーンに向いています。

観光客向けの乗換案内や公共施設、販売店などで利用されています。

 

デジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージの主な用途は大きく分けて3つあります。

 

販売促進ツール

販売促進はデジタルサイネージの効果的な使い方です。ポスターやポップ、看板は道を行く人に伝えられる情報に制限がありました。デジタルサイネージでは、静止画もスライドショー動画として流すことが出来るため、多くの情報を伝えられます。デジタルサイネージは、おすすめ商品のPRやお買い得情報を提供する販売促進ツールとして活用されます。

 

情報提供ツール

天気やニュース、会社内の情報共有などの情報提供ツールとしてもデジタルサイネージは活躍します。例えば、地震が発生したときに緊急地震速報に瞬時に切り替わるといったように、緊急性や話題性の高い情報をリアルタイムで伝えるツールとして活用されます。

 

エンターテインメントツール

デジタルサイネージとAR技術を組み合わせることで、デジタル上の情報があたかも現実にそこにあるかのように演出することができます。

例えば、デジタルサイネージのカメラでディスプレイ前の人物を読み取って、ディスプレイ上に映った人物に似合う衣服を提案したり、画面上に表示された水面に触れると波紋が広がったりといったように、体験を伝えるツールとしても利用できます。

 

デジタルサイネージの導入事例

次はデジタルサイネージの導入事例を6つご紹介します。

 

多幸千

岡山県にあるタコ焼き店「多幸千」では、人通りの多い商店街でデジタルサイネージを利用し新規客獲得に役立てています。設置期間中は例年に比べ集客率が約20%アップし、外国人観光客がデジタルサイネージを見て、タコ焼きについて理解し買ってくれたなどの効果もあったようです。

出典:デジタルサイネージ活用事例① 岡山表町

 

株式会社十勝たちばな

十勝たちばなの展開する和菓子ブランド「甘味しゅり春秋」は外国人観光客に向けたブランドアピールにデジタルサイネージを活用しています。情緒ある音楽とともに、和菓子の清楚感と老舗のこだわりをアピールするだけでなく、3ヶ国語を表示して外国人観光客の目を引くことに成功しています。

出典:伝統ある和菓子店でデジタルサイネージを活用 | 株式会社impactTV

 

株式会社アインファーマシーズ

株式会社アインファーマシーズが展開するドラッグストアAINZ&TULPEは、60型ディスプレイ24台を使った大型のデジタルサイネージを設置しました。店舗1階が全面ガラス張りになっており、店内から街頭へ大迫力の映像を流すことで集客を図っています。

ディスプレイに表示される女性にタッチすると、近くに設置された機械から店舗で使えるクーポンとメイク体験チケットが発券される仕組みです。さらに顔認識センサーが搭載されており、画面をタッチした人の出身国を認証し、その国に該当する言語でクーポンが発券されます。

この面白い仕組みは海外のメディアでも取り上げられ、話題になりました。情報発信だけにとどまらない、新しい体験型の広告と言えるのではないでしょうか。

出典:Interactive Shop Window “LOOKS” | AINZ&TULPE on Vimeo

 

株式会社ジュン

レディース、メンズファッションの企画、製造、販売を行う株式会社ジュンは、新ブランドのコンセプトや商品をアピールする手段としてデジタルサイネージを導入し、季節のアイテムを次々と紹介することで、訴求力を高めています。

さらに、ネットワーク型のデジタルサイネージでデータを一斉に入れ替えることで、ポスターを入れ替えるという業務を効率化しています。

 

出展:株式会社ジュンさま | 導入事例

 

株式会社三越伊勢丹

多くの方が来店される銀座三越では、従業員やフロアコンシェルジュに店舗や商品の案内が殺到します。外国人のお客様も多く、対応できるスタッフが近くにいない、時間がかかるなど顧客満足度向上のためのサービスに課題を抱えていました。

その課題の解決のために、地下1階化粧品フロアの入り口正面に百貨店向けタッチパネル式のデジタルサイネージを導入しました。5ヶ国語に対応したデジタルサイネージにはナビゲーションシステムが搭載されており、希望の店舗までのルートを自分で検索できます。このシステムにより、店舗案内の時間を接客に割くことができるようになりました。

 

出展:銀座三越にWill Smartが提供する「百貨店向けデジタルサイネージシステム」導入開始

 

新日鉄住金エンジニアリング株式会社

新日鉄住金エンジニアリング株式会社は、第10回すまい・建築・都市の環境展 エコビルド2011にて、インタラクティブなデジタルサイネージを利用しています。

横に6つ並べたディスプレイの後ろには、ボードにカメラが2つ設置されており、ブースの前を通った人の動きをカメラが捉えて、ディスプレイの映像が変化します。プレゼンテーションの合間にデジタルサイネージを利用することで、ブースの前を歩く人の注目を集めることに成功しています。

 

出典:ITTOCAN+ | 導入事例7

 

デジタルサイネージを活用しよう

デジタルサイネージはポスターや看板よりも視認性が高く、人の注目を集めるのに役立ちます。目的に合わせて適した型のデジタルサイネージを選ぶことで、より効果的にマーケティングを行えるでしょう。

また、表示する情報を簡単に変更できるのもデジタルサイネージの魅力です。効果的かつ効率的な集客方法として導入を検討してはいかがでしょうか。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ