動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

初心者必見!動画撮影・編集、業者依頼時の注意点を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
業者依頼事の注意点とは?

スマートフォンの高性能化や動画編集ソフトの普及などにより、自社で動画制作に取り組む企業は増えています。撮影時と編集時それぞれの注意点を押さえておくことで、スケジュールどおりに作業を進められるのに加え、限られた予算でクオリティにも配慮した動画に仕上げられます。

今回は、動画撮影・編集の際に注意すべきポイントをご紹介します。プロの動画制作業者に依頼する際の注意点と併せてご覧ください。

 

動画撮影時の注意点

動画撮影は、編集作業を行う際に使用する素材を用意するための大切な工程です。作業をスムーズに進められるよう、以下3つの注意点を押さえておきましょう。

1.機材の空き容量を確認しておく

動画は静止画と比べて多くの情報を発信できる反面、大きな容量が必要となります。容量不足により途中で撮影を中断することがないよう、「どの程度の容量が必要なのか」「機材の空き容量がどの程度残っているか」などを確認しておきましょう。

使用する機材や撮影時間などにより、必要な容量は異なります。なお、編集時に複数のシーンを違和感なくつなぐには、各シーン前後3~5秒の余白を入れる必要があります。撮影時は余白分の容量・時間を計算することを忘れないようにしましょう。

2.音声の聞き取りやすさを重視する

動画のナレーションが聞き取りにくいと、せっかく動画に興味を持ってもらえたとしても途中離脱される可能性があります。人物の音声を録音する際は、カメラやスマートフォンから近い位置で話してもらう、またはマイクを使用するのがおすすめです。

ただし、カメラやスマートフォンに付属するマイクを使用する場合は、周囲の音まで拾ってしまう可能性があるため注意してください。屋外など騒音が多い場所で撮影をするのであれば、別途でマイクを用意しておきましょう。

3.何パターンか撮影しておく

撮影時には特に問題ないように見えても、いざ編集してみると「イメージと違う」「画面に通行人が映ってしまっている」「もうワンシーン必要だった」などの問題が発生するケースも考えられます。撮り直しが必要となることで余計な時間や費用がかかる他、内容によっては天候などが影響してスムーズに撮影が進まない可能性もあります。そのため、あらかじめ何パターンか撮影しておきましょう。

全体のカットと一部のアップを撮っておけば、被写体のサイズ感や質感などが伝わりやすい動画に仕上がります。またカメラを左右に動かしたり、アングルに変化をつけたりとカメラワークにこだわると、プロのような仕上がりとまではいかずとも高いクオリティの動画を期待できます。

 

動画編集時の注意点

動画制作において重要な工程の1つが編集作業です。どのように編集するかにより、仕上がりのクオリティは大きく左右します。編集時には、以下3つの注意点を押さえておきましょう。

1.伝えるべきメッセージを1つに絞る

動画を制作する上で大切なのは、ユーザーにメッセージを届けることです。そのためには内容を盛り込みすぎず、メッセージを1つに絞る必要があります。例えば新商品・サービスの紹介動画であれば、競合の商品・サービスにはないメリットなど、最も注目してもらいたいポイントにフォーカスして紹介するのがおすすめです。

2.動画尺を考える

多くの情報を発信したいからといって内容を盛り込みすぎると動画尺が長くなり、かえってユーザーの途中離脱を招く原因となります。動画を視聴してほしいターゲットにもよりますが、移動中などの空き時間にスマートフォンから動画を視聴するユーザーも多いので、1分程度のコンパクトな動画に仕上げるのがポイントです。15秒や30秒でないと流せない媒体もあるので事前に確認しておくとよいでしょう。また途中離脱される可能性も考慮し、特に伝えたいメッセージは前半に置きましょう。

3.画面の見え方を意識する

上記したとおり、編集により動画のクオリティは大きく左右されます。例えば商品を効率良くアピールする方法としてテキストの追加がありますが、選択するフォントやサイズ、カラーなどによってはバランスが悪くなる可能性があるため注意してください。商品よりもテキストが目立ってしまわないよう意識しながら、ナレーションの補足として取り入れるのがおすすめです。

また、エフェクト機能を活用する際も注意が必要です。エフェクト機能を加えると動画にインパクトが生まれますが、そのままでもユーザーに伝えたいメッセージが伝わるのであれば無理に加える必要はありません。多用することで、かえって動画のクオリティが下がり、企業・ブランドのイメージダウンにつながる可能性もあるので注意しましょう。

 

業者依頼時の注意点

初心者の場合、プロの動画制作業者に依頼すれば高いクオリティの動画を制作・配信できます。業者に依頼する際は、以下3つの注意点を押さえておきましょう。

1.具体的な動画の内容を決めておく

業者に動画制作を依頼する上で大切なのが、動画の具体的な内容を明確にしておくことです。自社と業者の認識にズレが生じていると、内容やクオリティの面で想定していた動画に仕上がらない可能性があります。結果として「納期に間に合わなかった」「予想外の費用がかかってしまった」などのトラブルにつながるため注意しましょう。

まず自社で動画の骨子を決めたら、業者との話し合いにより詳細を詰めていきます。「どんな構成にするか」「どの表現方法を用いるか」「どの程度のクオリティに仕上げるか」などを、納期から逆算しながらスケジュールを立てましょう。

2.業者の得意・不得意を把握しておく

業者により得意ジャンルと不得意ジャンルが異なるので、自社が制作する動画の目的やイメージを明確にしたら必ず業者の実績と照らし合わせて確認しましょう。確実なのは、業者の公式ホームページに掲載されている過去の制作動画を視聴することです。実績を確認すれば業者の得意とするジャンルや雰囲気を把握できるのに加え、映像技術をある程度確認できるため、自社が求めるクオリティの動画に仕上がります。

実績動画 一覧|株式会社プルークス

3.制作費用を確認しておく

業者に動画制作を依頼するとなれば、事前に見積りを依頼するのが基本です。予算により取り入れられる映像の表現方法などが変わります。動画のクオリティに大きく影響しますので、見積りを依頼する際は予算を明確に伝えるようにしましょう。複数の業者に同じ条件で見積りを依頼しておけば、業者が持つ技術力と価格を比較できるため、より少ない費用で高いクオリティの動画を期待できます。

加えて、見積りの内訳を確認しておくことも重要です。業者によっては動画に入れるロゴの作成や修正作業に追加費用がかかるケースもあります。あらかじめ確認していなかったがために予算がオーバーしてしまうといった金銭トラブルを避けるためにも、制作費用の詳細な項目まで確認しておきましょう。

 

注意すべきポイントを押さえ、より効果的な動画を作ろう

動画は静止画と比べて難易度が高く、単に撮影して編集するだけではチープな出来になってしまう可能性があります。たとえ高性能のカメラや動画編集ソフトを使用しても、素材となる映像の画質が悪かったり、編集作業が雑だったりすると高いクオリティの動画を作るのは難しくなります。自社で動画制作を進めるのであれば、各工程の注意点を押さえておきましょう。

「より効果的な動画を作りたい」「そもそも動画を作る時間を確保できない」という場合は、プロの動画制作業者を利用するのがベストです。注意点を確認した上で業者を選べば、自社の目的やイメージを損なうことなく、高クオリティの動画を制作できます。動画制作を考えている、または動画制作について悩んでいるなら、ぜひ本記事を参考にどのように作成するのがベストか検討することをおすすめします。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ