動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【最新情報】LinkedIn広告が企業に欠かせない3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス特化のSNSであるLinkedIn。日本ではFacebookやTwitterLINEなどのSNSと比べるとまだまだユーザー数が少なく注目を浴びる機会は多くありません。しかしマーケターにとっては、実はとても魅力的なプラットフォームであることをご存知でしょうか。 

 

LinkedInとは 

LinkedInは2003年にアメリカのシリコンバレーで創業しました。2016年にはMicrosoftに買収され、ますますビジネスを拡大させています。現在日本では約300万人のユーザーがいますが、世界ではなんと約5億5千万人ものユーザーが利用しており、グローバルで見ると非常に多くのユーザーが利用していることがわかります。 

特徴として、ビジネス特化のプラットフォームであることがあげられるでしょう。ユーザーはビジネスの最新トレンドを得ることや、新たなビジネスのつながりの獲得、あるいは優秀な人材のリクルーティングなど様々な目的で登録しています。日本ではビジネス目的という意味だとFacebookが近い役割を果たしていますが、Facebookはビジネスのみではなくプライベートのつながりややりとりが目的になることも多い一方で、LinkedInはよりビジネス利用に特化している点で明確な違いがあります。 

広告商品も展開しているLinkedInですが、2016年11月には企業のマーケティングを支援する目的でLinkedInマーケティングソリューションズというWEBサイトをオープンするなど、日本での展開を強化しています。 

 

LinkedInの広告サービス 

LinkedInの広告掲載には主に下記の3種類があります。 

こちらはいわゆるインフィード広告と呼ばれる、ニュースフィードの中に掲載されるフォーマットになります。リンクをクリックされるごとに課金されるクリック課金と、広告1,000回表示されるごとにクリックされるCPM課金があります。 

LinkedInにはユーザー同士がメッセージを送りあえるメール機能があります。 Sponsored InMailはこのメール受信ボックスに企業がメッセージ形式で広告を配信できる仕組みになります。運用型広告でLinkedInが運用をする形になっており、メールの配信通数に応じて課金されます。 

③Text Ad (テキスト広告) 

ニュースフィードの上部にテキストのみで表示される形式になります。また、オプションで画像付きのテキスト広告をタイムラインの右側に表示することも可能です。Sponsored Contentと同様にクリック課金かCPM課金の2パターンがあります。 

これらの主力広告商品に加えて、2018年からは Sponsored Content動画広告の配信が可能になりました。Facebook動画広告のように音声OFFで自動再生される形式で、世界中のビジネスパーソンアプローチすることが可能になります。さらに2019年にはLIVE配信サービスのLinkedIn Liveを提供開始すると発表され、これによりビジネスパーソン向けにカンファレンスイベントリアルタイム中継、さらにはユーザー同士のインタラクティブコミュニケーションが可能になるなど、今後もますますユースケースが増えていくことが予想されます。 

 

LinkedIn広告を活用する3つのメリット 

企業がLinkedInの広告サービスを利用するメリットは何があるのでしょうか。 

①ビジネス人材に対して質の高いターゲティングが可能 

他の大手SNSと比べてビジネス特化な点に加えて、プラットフォームの特性上ユーザーが登録している情報の質が高い点も特徴としてあげられます。中には新たなビジネスチャンスの獲得や、魅力的なオファーがくるのを期待して登録しているユーザーも多く、そのためには自身の情報をできるだけ多く正確に記入する必要がありますので、いわゆる推定ではなく事実に基づいた多くの情報をもとにターゲティングできるのです。 

日本企業にとってはグローバルへのマーケティングが可能になる 

冒頭でもご説明したように、まだまだ日本のユーザー数は他のSNSと比べて多くはありません。一方でグローバルで見ると約5億5千万人ものユーザーがいるため、グローバルにブランディングなどのアプローチを行いたい場合は非常に有効な手段となります。日本でも富士通やPanasonicなどのグローバル企業が実際に活用しています。 

BtoBのみならず、BtoCへのアプローチとしても有効 

ユーザー層は当然ビジネス人材が多いため、BtoB企業のプロモーションなどの利用を想定されがちですが、実はBtoCマーケティングでも有効です。ビジネスにおける情報を活用すれば、業界などからユーザーの興味関心などの推定ができるのはもちろん、役職などの情報からユーザーをターゲティングすることができます。 

ある航空会社は収益性の高い商品であるファーストクラスやビジネスクラスの航空券を販売するためにLinkedInでキャンペーンを行いました。ユーザーの属性情報をもとに、ビジネス出張が多く、また、使用する予算の決裁権を持つ人を特定したのです。このように、ビジネスパーソンをターゲットにしたキャンペーンでも成果をあげることができるでしょう。 

出典:世界で存在感を高めている「LinkedIn広告」、日本企業はどのように使える? 

 

さいごに 

ユーザー側としてみたときに、日本ではまだま認知が薄いように感じるLinkedInですが、マーケティングプラットフォームとしてみたときはこれほどユニークなSNSは珍しいのではないでしょうか。2018年には動画広告のプランを提供開始し、2019年にはLIVE動画も開始するなどますます広告プランも強化していくと思われるので、マーケターにとっても目が離せませんね。 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ