動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画広告の効果が知りたい!動画市場の推移と効果を上げるための一工夫とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画の効果を高める為には

近年、動画広告の市場規模は急速に拡大しており、企業での動画広告の活用が広まりをみせています。その中で効果を上げるための動画広告をどうやって制作し、どのように効果を測定すればいいのかについてお悩みの企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は動画市場の急成長を背景に注目される、動画広告の効果を上げるための工夫や効果の測定方法をご紹介します。

 

 動画広告市場の動向について

サイバーエージェントがデジタルインファクトと共同で2018年12月に実施した調査によると、2018年の国内動画広告の市場規模が前年比34%の大幅増で1,843億円と推計することがわかりました。

10代20代の若年層を中心にスマホ使用での動画視聴が広まりを見せており、同調査でもスマホ向けの動画広告が1,563億円(前年比43%増)で、動画広告全体の85%を占めると言われています。また、今後もスマホでの動画広告視聴が動画広告の成長をけん引するとみられており、2024年には全体で4,957億円に達すると予想されています。このように、動画広告市場は若年層のTV離れを背景に、今後、広告の中でもますます効果を出すことが見込まれるのです。

 

動画広告の効果を上げるための3つのポイント

ここでは、動画広告をはじめる前に、効果を上げる動画をつくるための3つのポイントを紹介します。

ターゲットから求められる動画広告のコンテンツをつくる

「どのようなコンテンツが視聴者に見てもらえるのか」という疑問に対して、Googleは、想定される視聴者の意図を把握した上で、「Hero」「Hub」「Help」の3種類に分けてコンテンツをつくることが重要だと述べています。

あわせて、この3種類のコンテンツの使い方や位置付けを整理したものを「HHH戦略」と呼んでいます。HHH戦略において重要なことは、ターゲットのニーズを的確につかむことです。そこで、まずは自社が提供する動画は誰をターゲットにしているのかを明確にし、そのターゲットが興味を持って見てくれる動画コンテンツは何かを考えることからはじめましょう。

動画の尺は2分以内におさめる

次に、動画の尺は2分以内におさめ、動画をスキップされずに最後まで見てもらえる工夫を施しましょう。アメリカで行われた動画マーケティングの調査では、95%近くのユーザーが動画の長さは「2分未満であるべき」と答えています。

基本的に動画広告は、「広告を見よう!」と思って見るのではなく、他の動画やサイトを見るなどの目的があり、その合間に目にすることが多いのであまり長い動画は好まれないのです。

効果を測定してPDCAを回す

動画を作成した後は、自社の目的に合わせてPDCAを回しましょう。一度で効果の高い動画広告を提供することは難しいですが、計画・実施・分析・改善を繰り返すことで、よりターゲットや目的にあった結果に近づくことができます。

⇒動画広告を成功させるためのポイントをもっと知りたい人は「動画広告の効果とは?市場が拡大する要因と成功のポイント!」の記事もご参考ください。

 

広告効果を測定する指標について

広告評価の指標とは

広告の効果を測定するためにはKPI(Key Performance Indicator)を設定しましょう。KPIとは、「重要業績評価指標」という意味で、最終的な目標を達成するための中間的な数値目標のことです。KPIは、先ほど説明したHHH戦略のターゲットをどれにするかによって変わりますので、それぞれターゲットごとに説明します。

Hero(ヒーロー)のKPI

Hero(ヒーロー)コンテンツは、潜在顧客に自社や自社の商品に興味を持ってもらい、認知度を上げることが目的です。そのため、KPIとして下記の指標が考えられます。

・再生回数:動画広告の再生された回数
・ユニーク再生数:動画広告を再生した人数
・インプレッション:動画広告が表示された回数
・ブランドリフト効果:認知度が上がったかどうか、非ユーザーの認知度をアンケートで比較

Hub(ハブ)のKPI

Hub(ハブ)コンテンツは、見込顧客の商品購入につなげるため、商品への理解を深めてもらうことが目的です。そのため、KPIとして下記の指標が考えられます。

・視聴率:再生数をPV数で割った数字
・再生率:ユーザーによる総再生(視聴)時間を、動画コンテンツの尺で割った数字
・再生完了率:最後まで動画広告を視聴した数を、アクセス数で割った数字

Help(ヘルプ)のKPI

Help(ヘルプ)コンテンツは、商品を購入した顧客の疑問を解決サポートする目的のコンテンツです。同時に、Help(ヘルプ)コンテンツは見込み顧客が商品を購入するよう、背中を押す効果もあります。こちらは、達成レベルの設定によってはHub(ハブ)コンテンツのKPIにもなりえます。

・クリック数:動画広告をクリックした回数
・問い合わせ件数:動画広告配信してからの問い合わせ件数
・売上:動画広告配信後の売上、売上アップ率

 

効果の上がる動画広告を制作しよう

効果の上がる動画制作を!

動画広告は、今後も市場規模拡大が期待される広告のひとつで、ターゲットに求められる動画を制作することができれば、一定の効果が期待されます。また、効果の測定方法をきちんと決めておくことで、PDCAサイクルを回しながらよりよい動画広告へとステップアップすることも重要となります。

一方で、自力で効果的な動画を作成するのは難しいことも多いでしょう。当サイトを運営する「株式会社プルークス」では、広告用動画の作成を受け付けておりますので、ぜひご検討ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ