動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画は会社の優良資産!先を見据えて投資すべき理由とは



このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の広告として、最近は動画の活用が注目を集めています。視覚・聴覚で訴えることのできる動画の短期的な広告としての訴求効果に期待している企業も多いでしょう。もちろん短期的効果も見込めますが、動画のコンテンツ内容によっては、広告として以上の役割を果たし、ひいては長期的な資産ともなり得ます。

そこで今回は、動画を会社の資産として活用すべき理由を中心に、動画の実際の活用事例も含めてご紹介します。

 

動画の活用方法とは

近年、動画は広告としての活用が進んでいますが、実は、社内外での活用にも向いており、広告としてもさまざまな意味を持つ動画があります。例えば、下記の通りです。

・企業PR
・消費者向けサービス
・商品紹介
・社内向け勉強資料 など

動画の活用は、スマホの普及を背景に、動画広告の市場規模が伸びてきていることから企業での活用が進んでいます。動画は文字のみの情報に比べ、視覚や聴覚にも効果的に訴えるという点で、人の目に付きやすく理解もしやすいという利点があります。

このようなメリットを活用して社内の人材育成動画を項目別にシリーズで作成しておけば、研修で基礎的な部分の内容を作成する負担が少なくなり、企業側の工数を削減できます。

 

動画資産への投資をおすすめする理由

動画資産への投資をおすすめする理由は、動画広告の市場規模が伸びていくこと、そして動画が資産形成しやすい媒体であることが挙げられます。以下で詳しくご紹介します。

動画市場は長期的に成長が見込まれる

動画市場は、スマホの普及と若年層のTV離れを背景に、市場規模を毎年拡大しており、今後も長期的に成長すると考えられます。国内ではAbemaTVなどの動画コンテンツ事業に力を入れているサイバーエージェント社など動画への投資が増え続けています。

また、Twitter、Facebook、YouTubeなどの海外に拠点をおく巨大プラットフォーム上での動画コンテンツの勢いも止まりません。さらに最近ではショートムービー動画のTikTok社もTikTokAdsを広告配信プラットフォームとしてリニューアルするなど、動画業界を取り巻く環境は毎日変化し続けています。このような背景から、動画広告は長期的な目線でも市場拡大していくと考えられます。動画を経営資産として蓄積しておくことは投資としても有益だと言えるでしょう。

動画は資産形成しやすい媒体

動画は短期的な活用がメインで、資産としての活用はあまり認知されてきませんでした。しかし、企業での動画活用が進む中で、動画の中にも短期的に商品をPRするものから、シリーズもので勉強になる知識を提供するもの、お役立ち集としてまとめられたものなど、ターゲット別にさまざまな動画広告が登場するようになりました。

例えば、シリーズものや普遍的なお役立ち情報集などは、短期的な活用だけではなく、企業の魅力を伝える重要な資産として長期的に活用することができます。また、動画は繰り返しリリースしていく中で、素材を再利用できたり、PDCAサイクルを回すことで前回の動画を分析、改善し、次の動画へ活かしたりと、他の動画への活用もしやすい媒体なのです。継続的に動画を制作していくなら経営資産として形成していくことを見据えて活用する方が、コスト面でも企業のノウハウ蓄積の面でもメリットがあるのです。

 

動画の活用事例

動画を活用している企業では、どのような動画を制作しているのでしょうか。企業が実際にリリースしている動画事例をご紹介します。

ヘルスケア商材の使用方法を伝える動画

花王様 「動き年齢」測定のためのHow to マニュアル動画

この動画では、花王様のヘルスケア商品を使用するにあたり、測定方法や必要な動きなどことこまかに説明しています。実写なので、見たユーザーがどういう動きをすれば良いのか一目瞭然で分かるような作りになっています。アニメーションを使用して商品を紹介する動画

キヤノンマーケティングジャパン様imagePROGRAF紹介映像

こちらの動画は、キャノンマーケティングジャパン様が外国人向けのポスター作成をしたいお客様に向けて、ポスター簡単作成ソフト「PosterArtist」と大判プリンター「imagePROGRAF」を紹介した動画になります。

アニメーションを用いることによって、実際に作成方法と作成した後のメリットを分かりやすく伝えています。2分の動画ですが、「生産性向上による働き方改革への貢献」といった難しい内容についても伝えることができています。

資産形成を意識した動画制作をしよう

動画広告の市場は今後ますます成長が見込まれるため、動画広告を活用して自社の売上向上につなげようとする企業が増えることが予想されます。動画を継続的に制作していくのであれば、動画にも経営資産として蓄積することによるコスト低減やノウハウの蓄積としてメリットがあることを理解しましょう。

その上で、資産形成を意識して動画作成していくと、企業にとってより有益な動画を制作できるでしょう。当サイトを運営している「株式会社プルークス」では、幅広い種類の動画制作の依頼をお受けしていますので、ぜひ検討していただけたら幸いです。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ