動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

VSEOとは?動画もサイトも人の目に触れなきゃ意味がない!



このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの普及に伴い、誰でも気軽に動画コンテンツを楽しめるようになりました。多様化するユーザーニーズに合わせ、自社サービスや商品の動画コンテンツを製作・配信し、集客やマーケティングに活用している企業も多いのではないでしょうか。

そこで近年注目を集めているのが、Youtubeを利用することでGoogleの検索結果でサイト上位を狙うVSEOです。そこで今回は、VSEOがマーケティングに活用できる理由や重要性、Googleの検索ページに上位表示させるコツについてをご紹介します。

 

VSEOとは

VSEOとは

「VSEO」とは、Video seach Engine optimizationの略で、動画検索エンジン最適化を意味します。SEO業界では、「動画SEO」と呼ばれることが一般的ですが、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

VSEOは、ユーザーニーズに合わせた検索キーワードとそれに関連する動画を配信することでアップした動画が検索結果の上位に表示されやすくするための施策です。VSEOと一口に言っても種類はさまざまで、具体的には下記の4つの方法が挙げられます。

  1. 配信した動画をGoogleのテキスト検索結果でサイトに上位表示させる
  2. YouTubeをはじめとするプラットフォームに製作した動画を投稿し、動画のGooglのテキスト検索結果で上位に表示させる
  3. YouTubeなどに動画のプラットフォームにアップした動画を、Google動画検索結果でサイト上位に表示させる
  4. YouTube上に公開した動画コンテンツを、YouTubeの検索結果において上位に表示させる

「自社サイトへの流入を増やし、コンバージョン率をアップしたい」「商品購買意欲を促進したい」など、VSEO施策を検討する理由は企業によってそれぞれです。

しかし、ただ単に動画をアップしただけでは、ターゲットとするユーザーの目に留まるとは限りません。時間をかけて製作した動画を1人でも多くのユーザーに視聴してもらうためには、YouTube動画あるいはGoogle検索結果(動画検索も含む)に上位表示させる必要があります。

そこで重要となるのが、YouTube動画の説明文やタグ付け、タイトル、サムネイルの設定です。関連キーワードを適切に盛り込んだり、関連する人物やチャンネルにタグ付けを行うなど、工夫することによって、動画の再生回数やチャンネル登録数、視聴維持率のアップになり、集客や自社サービスのプロモーションに多大な効果が期待できます。

なお、Youtube動画の説明文やタグ、タイトルの付け方のポイントについては、下記の記事で詳しく紹介されています。すでにVSEOを運用しているが、再生回数の伸び率が低い、コンバージョン率がなかなか上がらないと悩んでいる方は、ぜひ施策の参考にしてみてください。

自社サービス動画のYouTube再生回数を効率的にアップさせるための3つのポイント

 

VSEOの重要性

VSEOの重要性

昨今の動画市場の盛り上がりを受けて、VSEOの効果も世界的にも広く知られるようになってきています。たとえばアメリカの調査会社であるForrester Researchでは、自社で実施したデータを収集し「動画が埋め込まれたページは、埋め込まれていないページと比べて約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される」と発表しています。

ビデオSEOで53倍の成果、ソーシャルメディア経由ユーザーは検索経由ユーザーに比べ視聴時間が長い

さらに、GEM Partnersが発表した「動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート」によれば、2018年の動画配信市場の規模は1,680億円となっています。2017年が1,427億円だったのに対し19.5%もアップしたことになります。

動画配信(VOD)市場5年間予測(2019-2023年)レポート

以前まではSEO対策といえば文字列での判断が基準になっていたため、コンテンツのキーワード比率や、競合記事との比較などのテキストベースで上位表示を争っていました。

しかし、上記の様に、動画の市場が盛り上がってきた事で、サイト内にある動画コンテンツのクオリティや質が検索結果に影響を与える様になってきています。
1分間の動画が伝える情報は180万語にも匹敵すると言われているため、高品質かつ有益な情報を提供するという検索エンジンの本質を考えると、自然な流れでしょう。

また、この背景にはスマートフォンの普及と回線速度の飛躍的な向上も大きな影響を与えています。スマートフォン利用者が圧倒的に多い今の時代だからこそ、手軽に隙間時間で情報収集をしたいニーズは日々高まっています。

検索者のニーズから検索エンジンについて考える際にも動画コンテンツはVSEO対策の強化において重要な役割を担っていると言えるでしょう。

 

VSEOの指標として大切なのは動画の視聴完了率

動画視聴率はCPCV(Cost Per Completed View)とも呼ばれ、ユーザーが動画を最後まで再生した割合を指します。クオリティの高い動画コンテンツを作成しても、途中で離脱をされてしまうと動画による効果は薄くなってしまいます。動画の視聴完了率をあげるためには、例えば狙いたいターゲット層を明確にしたり、動画の尺を短く設定したりといった離脱防止策が重要です。

 

まとめ

まとめ

テキストコンテンツと違い、VSEOは視覚・聴覚から情報を得られるため対象コンテンツに対するユーザー側の理解度が高くなり、興味関心をより強く引くことができます。加えて、ユーザーに対し一度に大量の情報を伝えられるため、購買意欲の促進や自社サイトへの送客率アップも期待できます。

また、スマートフォンから検索を行なった際の動画の検索ニーズも日々高まっています。今後更に動画コンテンツやVSEO領域の上位表示争いは熾烈になっていくことでしょう。プルークスでは、最新のVSEOに合わせた、動画コンテンツの作成も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ