動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

マーケター必見!自動タイトル生成ツール5選を紹介します。



このエントリーをはてなブックマークに追加

オウンドメディアやYouTubeチャンネルを運営する際に、コンテンツを配信する上で、「魅力的なタイトルづくり」をどうすれば良いのか頭を悩ました経験はありますか?コンテンツを配信する上でタイトルの役割は非常に重要ですが、定常的にコンテンツを配信している場合、タイトルが似たような訴求になってしまうケースも多くあるかと思います。

今回はこのような悩みを抱える方向けに、自動でタイトルを生成してくれるサービス5つを紹介します。タイトルづくりにお悩みの方は是非参考にしてください。

 

コピーメカ


出典元:コピーメカ

キャッチコピー自動作成マシンである「コピーメカ」はタイトルを作りたいときにも有効です。まずは一般名詞とターゲットとなる消費者の行動となる動詞を選択肢から選択します。その後に、あなたの商品やサービス名などの固有名詞を記載し、「キャッチコピー案を作成する」をクリックすると、いくつかのキャッチコピー案と各案の解説が記載されたページが登場します。

例えば、一般名詞を「ホテル」、動詞を「予約する」、固有名詞を「ABCホテル」と記載したとすると、下記のような案が提案されました。

「作り手の思いがそのまま形になったホテル」
「追伸。そろそろおまえもABCホテルを予約するように。 母より」
「ABCホテルのない人生は、きっとつまらない。」

複数のアイデアと解説が表示されるので、良いイトルが思いつかないときは参考程度に活用し、良いアイデアがあればぜひ活用してみてください。

 

メガトリ


出典元:メガトリ

キャッチコピーの作成やブログのタイトルなどの作成をするときにオススメのツール「メガトリ」は、任意でキーワードを入れるとそのキーワードに関連したキャッチコピーやタイトル候補となる文章が提案されます。

短めのキャッチコピーだけではなく、少し長めで記事タイトルなどでも活用できる文章が生成されます。例えば「ラーメン」というワードで生成した場合、下記のようなタイトルが提案されました。

「ラーメンを簡単に軽くする3つの方法」
「今年はラーメンを作りたいと思っている人にお勧めのエントリーまとめ」
「お金を貯め、運用する「ラーメン」を作る方法 」

提案されるタイトルは一部キーワードに対して、適切な動詞ではないケースなどもあるので、全てそのまま活用することが難しいケースもあります。その場合も良い要素を抽出して一部活用するという方法も有効でしょう。またページ下記には「最近作成されたバカ売れキャッチコピー100」という形で他のユーザーが同様のキーワードで生成したコピーも見ることができます。

 

ブログ作成支援 -ブログタイトルからヒントをつかもう-


出典元:ブログ作成支援 -ブログタイトルからヒントをつかもう-

「ブログ作成支援」は、タイトルだけではなく、文章全体の構成に関しても提案もしてくれます。例えば、「カフェ」というキーワードで自動生成をすると、下記のようなタイトル提案と構成の提案がありました。

タイトル案

「大切な人にありがとうのを伝えるカフェ」
「20代、30代、40代にみるカフェの考え方の違い」

構成案

◆1:書き出し(結論で伝えたいことの反対のこと・原因となることで書き出します
例)私、カフェにいつも悩まされているんです。
例)突然ですが、カフェで困っていませんか?

◆2:説明(具体例やたとえ話で内容をわかりやすくして、読者に伝えます)
例)たとえば、・・・・なことだったり、・・・・なことがありますよね。
例)カフェの・・・・って、簡単に言えば、・・・・ということですよね。

◆3:解決法(上記1、2の解決法を書きます)
例)でも、・・・・をすることで、・・・・が解決するんです。
例)・・・・を・・・・したら、・・・・もうまくいったんです。

◆4:結論(思ったこと、他人に望むこと、自分の決意や覚悟を書きます)
例)というわけで、カフェを・・・・してみたいと思います。
例)これからは、カフェが必要不可欠です。

タイトルだけではなく、文章全体の構成まで提案してもらえるので、文章の構成をどうすれば良いのか悩んでいる方もぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

Blog Title Generator By SEOPressor


出典元:Blog Title Generator By SEOPressor

「Blog Title Generator By SEOPressor」はタイトルを自動生成してくれる海外のサービスです。今まで説明したサービス同様に任意のキーワードを記載して、ボタンをクリックすると、記事タイトルが複数提案されます。

他サービスとの違いは、タイトル生成時に記載したキーワードがどのような内容のもの何かを選択します。用意されているものとしては。Is a generic term(総称)、Is a brand/product(ブランド/製品)、Is an event(イベント)、Is an industry(業界)、Is a location(場所)、Is a person’s name(人の名前)、Is a skill(スキル)があります。

この選択によって、タイトルが大きくずれる事を防いでいるのです。英語向けのタイトルを検討している方にオススメのツールとなります。

 

HubSpot’s Blog Topic Generator


出典元:HubSpot’s Blog Topic Generator

HubSpot社が提供する自動タイトル生成サービス「HubSpot’s Blog Topic Generator」は、3つまでのキーワードを指定し、そのキーワードをもとにタイトル案が提案されます。

こちらも海外サービスになるので、英語向けのタイトルを生成したいときにおすすめとなります。

 

まとめ

今回は自動タイトル生成ツールの紹介をしました。そのまま活用できないケースも多いですが、提案された内容の一部を活用することで、今までとは違う観点でのタイトルづくりを可能にできます。

ぜひタイトルを作る上で良いアイデアが思いつかない方は参考にしてください。また動画の制作を検討している方はプルークスで相談することも可能です。ぜひプルークスにお問い合わせください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ